パシフィック・リム,ホームシアター,映画,感想

パシフィック・リム(原題:Pacific Rim)

2013年公開のギレルモ・デル・トロ(Guillermo del Toro)監督によるSF映画。搭乗型の人型巨大兵器と怪獣(劇中も ”KAIJU” と呼ばれる)が闘うという、なかなか大人の ”男の子心” をくすぐる映画になっている。当時は日本の特撮、怪獣モノやアニメロボットを露骨にオマージュ…いや、パクってアメリカナイズした映画だと思い、見る気が無かった。監督本人は違うと言っているが、散々日本の怪獣好きをアピールしたり、崇拝する永井豪氏にまでハグしてしまうくらいだ。パクってないと言っても無理がある。

素直に「日本の特撮やアニメが好きなので、私なりにパクった映画を作りたかったんだ」と言えば、まだカワイイのに。

Blu-ray仕様:本編131分、1.85:1(アメリカン・ビスタ) 
英語:5.1ch DTS-HD Master Audio、日本語:5.1ch ドルビーデジタル
商品詳細を見る ▶

私が購入したBlu-rayは2D+3D版。2Dも3Dも画面サイズは同じ1.85:1のアメリカン・ビスタサイズなので上下に若干だが黒い帯が表示される。3D映像は楽しいのだが、このソフトに関して言えば映像が暗すぎて少し見えづらい。

「パシフィック・リム」あらすじ

深海から突然、出現した巨大で凶暴なエイリアン“KAIJU”。それは何年にもわたって何百万もの人命を奪い、人類の資源を消耗していく戦いの始まりだった。巨大なKAIJUと戦うため、人類は特殊な兵器を開発。“イェーガー”と名づけられたその人型巨大兵器は2人のパイロットが同時に操縦する。彼らは操縦前に、神経ブリッジを通して互いの脳を同調させる“ドリフト”というプロセスを経て戦闘態勢に入るのだ。最初は優勢だったイェーガーだが、KAIJUは出現のたびにパワーを増していき、その容赦ない襲撃の前に、人類は対抗できなくなっていく。
いよいよ滅亡の危機に瀕し、人類を必死に守っている者たちに残された選択肢はただ1つ。疲れきって一度はパイロットをやめた男(チャーリー・ハナム)と、実戦経験のない新人(菊地凛子)という、ふつうなら考えられない2人がコンビを組み、旧式のイェーガーで戦うことになった。彼らは、迫りくる滅亡を食い止める人類最後の希望としてKAIJUに立ち向かう。

ワーナー公式サイト Blu-ray「パシフィック・リム」より引用。© 2017 Warner Bros. Japan LLC All rights reserved.

子供の頃から親しんだ「怪獣と搭乗型の人型巨大ロボットが闘う」という鉄板ネタが好きな人にはたまらない映画だ。エンターテインメント性が高くモティーフが良いだけに映画の作りとして残念に見えるところが多々目立つが、それを含めても好きな人にとっては、どうでもいいくらい好きな映画だろう。

「パシフィック・リム」は3Dに向いている映画なのだが、余りお薦めはしない

決してプロジェクターや3Dメガネのせいで暗いのではなく、映像そのものが夜や雨など暗いシーンが多いうえに、カットが多くて視点がコロコロ変わる。2Dでも迫力のある戦闘シーンなどが3Dになると更に迫力は増すが、暗いシーンが多いうえ、更にカット切り替わるので、バトルシーンなんて何がどうなってるのか分かりにくくなってしまっているのが少し残念な気がする。

また、戦闘中のコクピット内のカットは衝撃表現で映像をガタガタ揺らし、地上からの視点でも地響きを表現するので戦闘シーンは画面が結構揺れる。そのおかげで巨大物同士のバトルの雰囲気は伝わるのだが視点が自分の意図に反して揺れ動いてしまい視差による3Dには向いていない。その割にはしっかり3D化されているので私は大丈夫だったが、人によっては3D酔いを起こしてしまうかも知れない。

しかしこの巨大KAIJUと人型巨大兵器イェーガーをプロジェクター投影の120インチ程で、更に3Dで見るのはかなり楽しく、素材も3D向きと言えるので余計に勿体ない気がした。監督本人は巨大感がなくなるので3Dにしたくなかったとインタビューで答えているが、私は別の意味で3Dには向いていないと思った。

ギレルモ・デル・トロ監督の特撮愛を感じる映画

本当にこの監督は日本の特撮、アニメロボットが好きなんだなと感じさせる映画だった。公開当時はパクリ映画と勝手に決めつけて見ることを敬遠していたが、監督の話などを見たり聞いたりしているうちに監督の怪獣・特撮・アニメに対する愛情と映画PRのプレゼンテーションにすっかりやられてしまい、Blu-rayが発売されたので購入して鑑賞してしまった。ただ冒頭でも述べたが、監督は…

I felt there was a chance to do something fresh, something new that at the same time was conscious of the heritage, but not a pastiche or an homage or a greatest hits of everything. One of the first things I did is make it a point to not check any old movies or any other references. Like start from scratch.

「Screen Rant」記事より引用 © 2017 Screen Rant. All rights reserved.

意訳すると「日本の文化的財産と言える特撮や怪獣・アニメロボットなどは意識したが、私は何か新しいことにチャレンジしたかったら、日本で凄くヒットしたものは意識せず、過去の資料や昔の映画なども見ないようにした。」と言っているようだが、イヤイヤ…いくらスタッフ含めて ”過去の資料を見ないようにした” とか言っても、やはり過去に好きで見ていた日本の怪獣達がそのままイメージとなって形に出てきてしまっている。

来日時の様子をテレビで見たが、オモチャ屋でさんざん怪獣のソフビを買いあさって、1つ1つ名前まで叫びながら説明し、興奮していたのを見ると、やはり過去の怪獣を覚えているし制作時も無意識に似通ってしまうだろう。それは仕方のないことなのだから、詳細は置いておいたとしても好きで既に見てしまっているであろう過去の資料を「見ていない」って言うのは不正をした政治家の言い訳なみに受け取る側が腑に落ちない。素直に「見て似せた」でも別にいいのに。

自身で影響を受けたとまで言っている「鉄人28号」を見ているから巨大兵器イェーガーの「ジプシー・デンジャー」もあの様になってしまったのではないか。どちらかを凄く好きな人からすれば「全く違う」と言うだろうが、神戸の新長田に立つ「鉄人28号」像をある日突然、同じポーズで「ジプシー・デンジャー」に代えると、ゲーム機を全て「ファミコン」と呼ぶような方々は入れ替わったことに何人気が付くだろうか。

パクったと言われないための言い回しは少々腑に落ちないが、結果これだけの映像クオリティと世界観を作り上げ、日本の特撮・怪獣・アニメにこれだけ詳しく好きな監督は他にいないだろう。この映画を通してリスペクトと愛情はもの凄く感じる。

監督の日本好きは良いが…

日本の特撮映画に対する敬意を払った配役なのだろうが、だからといってわざわざ日本人役者を使わなくても良かった。特に主役の一人「森マコ」(菊地凛子)の幼少期を演じた芦田愛菜が酷い。ほぼ泣くだけの出番なのだが、それでも私にはどう贔屓目に見ても ”頑張って泣いている” 感がありすぎて醒めてしまった。あの年で泣く演技が出来るというのはスゴイ事なのだが…。あの頃は散々バラエティ番組やトーク番組で「泣き」演技を周りの皆が盛りたてて芦田愛菜にやらせるから、芦田愛菜が「泣きの演技をするとこうなる」というのがすり込まれてしまった。そういうことにもなるから日本の役者はバラエティ番組等には出て欲しくない。

出演は映画PRでやむを得ないとするなら番組制作側も面白がって芸人のような扱いでネタ振りをし、役者の技を安売りさせるようなことをやめてもらいたい。PRのはずが結果、出演映画の品位を下げられる事になりかねない。

次作に期待と不安

米国公開日を2018年2月23日に予定している続編映画、「パシフィック・リム:アップライジング(原題:Pacific Rim : Uprising)」。現在は最新映像も公開されているがWEB企画(gojaeger.com)に則ったものなので本編映像ではないものの、新型イェーガーも映像として搭乗する。

© 2017 UNIVERSAL STUDIOS. © 2017 LEGENDARY. ALL RIGHTS RESERVED

映像を観る限りではオープニングの新型イェーガーを舐めるようなカメラワークが ”車のCM”や ”スマートフォンのCM” を彷彿させる映像作りになっている。「パシフィック・リム」のイェーガーは無骨でスチームパンク的な格好良さがあったが、「パシフィック・リム:アップライジング」ではツルツルピカピカになっているから余計にCMのそれに見える。次作ではギレルモ・デル・トロは監督ではなく共同プロデューサーの立場になり、監督は海外テレビドラマ版「デアデビル」の制作指揮を執るスティーヴン・S・デナイト(Steven S. DeKnight)が務める。ギレルモ・デル・トロほどには日本の特撮に引っ張られることなく、オリジナル性が更に高まることが期待できるが、それは同時に「パシフィック・リム」の世界観を薄れさせてしまう事にもなる気がする。
 



パシフィック・リム(字幕版)
残念ながら現在(2017年9月)Amazonプライムビデオでの「パシフィック・リム」は有料レンタルになっている。現在はU-NEXT、hulu、dTVも含め無料視聴できるのはNetflixだけ。勿論いずれにしても3D視聴はできないので3D視聴するなら素直にBlu-rayを購入するしか手はない。私は「パシフィック・リム」に関して言えば3D版を無理してみる必要はないと思うが、例え3Dで見たいと思う映画でもこういった動画配信サービスは現在のところ3D視聴できる映画は配信されていない。需要の問題だろうか、4Kに対応していってることを考えると送信データ量の問題ではないように思うだけに残念だ。
 


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 映画

    ターミネーター2,ホームシアター,映画
  2. お知らせ

    ターミネータ2 3D Blu-ray,映画,ホームシアター
  3. ホームシアター

    アナモフィックレンズ,プロジェクター,ホームシアター
  4. 映画

    IMAX,キャプテン・マーベル,映画
  5. その他

    ホームシアター,プロジェクター,打ち込み角,オフセット

アーカイブ




PAGE TOP

映画

ターミネーター2(原題:Terminator 2: Judgment Day)

ターミネーター2,ホームシアター,映画

お知らせ

「ターミネーター2 」3D版が到着

ターミネータ2 3D Blu-ray,映画,ホームシアター

ホームシアター

SLR MAGIC Anamorphot 1.33x 50 アナモフィックレンズ…

アナモフィックレンズ,プロジェクター,ホームシアター

映画

IMAXレーザー/GTテクノロジー 3D鑑賞「キャプテン・マーベル(原題:Cap…

IMAX,キャプテン・マーベル,映画

その他

プロジェクターの打ち込み角って何?

ホームシアター,プロジェクター,打ち込み角,オフセット

お知らせ

予告:キャプテン・マーベル(原題:Captain Marvel)

その他

古いスピーカーやアンプ等をドナドナ

ホームシアター,プロジェクター,映画

その他

音を言葉で表現。これ、わかる?

JBL S3100,スピーカー,オーディオ,ホームシアター

TVドラマ

ロスト(原題:LOST)

映画

MEG ザ・モンスター(原題:The Meg)

MEG ザ・モンスター,ホームシアター,映画
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。