ターミナル,ホームシアター,映画,感想

ターミナル(原題:The Terminal)

私の好きな俳優の一人。トム・ハンクス(Thomas Jeffrey “Tom” Hanks)が主演するスティーヴン・スピルバーグ監督の映画「ターミナル(原題:The Terminal)」。私が初めてトム・ハンクスを映画で見たのはコメディ映画「ビッグ(原題:Big)」で、面白い俳優さんがいると思ったのが最初。元々は若手コメディアンだったこともあり納得。この「ターミナル」でも劇中の軽快なやり取りを大真面目な顔で演技するあたりはさすがだと思います。

DVD、Blu-ray販売があり、私はDVDで持っているのですが、2017年8月現在はAmazonプライムビデオで視聴できます。DVDで本編129分。5.1ch DTS & ドルビーサラウンド、16:9スクイーズ仕様。オリジナルは1.85:1のアメリカンビスタ。

大まかなあらすじ(イントロ部分)

アメリカのジョン・F・ケネディ(JFK)国際空港の国際線ロビーで入国手続きゲートで手続きをしようとしたら、ビクター・ナボルスキー(=トム・ハンクス)の母国クラコウジア共和国(=映画上の架空の国)が、彼が乗った飛行機の離陸直後にクーデターにより事実上クラコウジア政府が消滅。そのためビクターのパスポートは無効となり、入国ビザが取り消される。入国も出来ず、母国に引き返すこともできず行き場を失ったビクターは、JFK空港の国際線乗り継ぎロビーの中から出られなくなってしまった…。

これだけで「ぉう!どうなるの?」ってなります。

ジャズ奏者のベニー・ゴルソンが!

この映画でビクターがナッツ缶を大切に持っているのですが、その缶の中身がこの映画においてビクターのアメリカに来た目的とする大事な用事なのです。ここでは中身の具体的なモノには触れませんが、なにせジャズ・サックス奏者「ベニー・ゴルソン(Benny Golson)」に関するものなのです。ベニー・ゴルソンは映画の中だけでなく実在するハード・バップ最盛期における代表的なジャズ編曲者の一人で現在も現役で活躍するジャズ奏者です。本人もこの映画でカメオ出演し、少しですが演奏もしているので、これは見る価値あります。

ロケーションが限られた分かり易い映画

この映画「ターミナル」は国際空港ロビー内だけでストーリーが展開される映画なので以前、TVドラマ「SUITS/スーツ」の時にお話ししたように、映画としては限られた空間で物語が進みます。そのためロケーションよりも人物にしっかりとフォーカスした映画作りになり結果、話が分かりやすく面白い映画になっています。

映画の舞台となる国際ロビーはセットだった

映画に登場するJFK国際空港の国際線ロビーは本物ではなくセットなのってご存じでした? 2001年9月11日に起こったアメリカ同時多発テロの影響で警戒態勢が厳しいので映画ロケはできませんでした。なのでセットで作っちゃえと。だから本物のJFK国際空港の国際ロビーとは違い、色々な空港のミックスでそれらしく作り、それを映画ではJFK国際空港の国際ロビーとして撮影しているそうです。…にしても凄いですね。JFK国際空港の中なんてマジマジと見たことなかったから完全にロケだと思ってました。

2時間程の映画があっという間

冒頭でも述べたように、コメディタッチに描かれた軽快なやり取りと心地良いテンポが、ロビー内でのストーリー展開を最後まで中だるみせず見られる映画です。限られたロケーションで様々なことが起きるのではなく、淡々とビクターの行動とロビー内で働く人たちとの会話で映画は進むのですが、行動や会話1つ1つに無意味なものがなく、2時間程なんてあっという間です。主役のビクターはロビーに数ヶ月(少なくとも9ヵ月以上)滞在する事になるのですがそんな中、空港内で働く人たちと友情が芽生え、そしてキャビンアテンダントのキャサリン・ゼタ=ジョーンズ(Catherine Zeta-Jones)扮するアメリア・ウォーレンに恋をする。ロビー内での生活といっても数ヶ月間もですし、全てが無料ではありません。お腹も空くのですが、何か食べるためにはお金も要ります。それをロビー内でどうやって稼ぐのか、そこも見もの。劇中のあのクラッカーはどこから持って来たのか、そしてそのお味は…。なにせギュッと詰まった2時間です。

コメディタッチ映画で良かった

このストーリーは監督の意図する描き方によっては、シリアスで悲哀に満ちた描き方も出来たと思うのですが、スティーヴン・スピルバーグ監督はコメディで描いたのが良かった。コメディといってもMr. ビーン(Mr. Bean)の様な映画ではありません。ドタバタ劇ではなく、アメリカンジョークやブラックユーモア的なものでもなく、所々シリアスではあるのですが小さなお子様でもクスっとできるシーンが沢山ちりばめられた映画です。終始シリアスな映画だったら確実に退屈な映画になったでしょうね…いや、「クソつまらん」映画になるかも。そもそも誰もシリアスにしようとは思わないか。

超絶学習能力!

空港到着始め頃のビクターはまともに会話が出来ない程カタコトの英語だったのが、終盤はペラペラに…ガイドブックを頼りに英語を勉強するシーンもあるのですが、それにしても随分と優秀な語学習得力。

…そのチカラ、オラにもわけてくれ!

 

ターミナル [Blu-ray]

 


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. お知らせ

    star wars ep9
  2. ホームシアター

    SLR MAGIC Anamorphot 1.33x 50,ホームシアター,プロジェクター,シネスコ
  3. ホームシアター

    SLR MAGIC Anamorphot 1.33x 50,アナモフィックレンズ,ホームシアター,プロジェクター
  4. ホームシアター

    アナモフィックレンズ,固定器具,ホームシアター
  5. 映画

    ターミネーター2,ホームシアター,映画

アーカイブ




PAGE TOP

お知らせ

予告:スターウォーズ/ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー(原題:Star War…

star wars ep9

ホームシアター

SLR MAGIC Anamorphot 1.33x 50 設置からのピント調整…

SLR MAGIC Anamorphot 1.33x 50,ホームシアター,プロジェクター,シネスコ

ホームシアター

アナモフィックレンズ SLR MAGIC Anamorphot 1.33x 50…

SLR MAGIC Anamorphot 1.33x 50,アナモフィックレンズ,ホームシアター,プロジェクター

ホームシアター

SLR MAGIC Anamorphot 1.33x 50 アナモフィックレンズ…

アナモフィックレンズ,固定器具,ホームシアター

映画

ターミネーター2(原題:Terminator 2: Judgment Day)

ターミネーター2,ホームシアター,映画

お知らせ

「ターミネーター2 」3D版が到着

ターミネータ2 3D Blu-ray,映画,ホームシアター

ホームシアター

SLR MAGIC Anamorphot 1.33x 50 アナモフィックレンズ…

アナモフィックレンズ,プロジェクター,ホームシアター

映画

IMAXレーザー/GTテクノロジー 3D鑑賞「キャプテン・マーベル(原題:Cap…

IMAX,キャプテン・マーベル,映画

その他

プロジェクターの打ち込み角って何?

ホームシアター,プロジェクター,打ち込み角,オフセット

お知らせ

予告:キャプテン・マーベル(原題:Captain Marvel)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。