映画ET,プロジェクター,感想,評価

E.T.(原題:E.T. The Extra-Terrestrial)

スティーヴン・スピルバーグ(Steven Allan Spielberg)監督による1982年公開のSF映画。宇宙人と地球の子供の心が通じ合うファンタジーなお話し。この映画ではE.T.と子供達が主役なのだが、主人公の男の子「エリオット」役のヘンリー・トーマス(Henry Thomas)とその妹「ガーティ」役のドリュー・ブライス・バリモア(Drew Blythe Barrymore)がこの映画を機に一躍有名になった。これ、映画館で見たのいつだっけ…。公開の年を見ると「ああ、あの頃か〜」と思い出せるが、思っていたより凄い昔に思えてしまう。

Blu-ray仕様:本編115分、1.85:1(アメリカン・ビスタ)
英語:7.1ch DTS-HD Master Audio、日本語:5.1ch DTS
商品詳細を見る ▶

現在はBlu-ray版とDVD版だが、今年12月には4Kリマスターされた、4K UHD版が出る予定だ。改めて買うか…どうするか。

そう言えば、今はドリュー・ブライス・バリモアしか見かけないなぁ。ヘンリー・トーマスは何処行った?数居る役者で子役から一躍有名になると、ずーっと役者で居続けるのは難しいのか途中で見なくなる役者が多い気がする。やはり続けるのが難しいのか、浮き世離れした芸能生活の毒牙にやられるのか。ヘンリー・トーマスは海外テレビドラマで2014年までメインキャストとして出演していたようだが、それ以降の活動が見られない。本作はゴールデングローブ賞 ドラマ部門作品賞受賞作品。アカデミー賞では音響効果賞、視覚効果賞、音響賞、作曲賞を受賞している。

「E.T.」あらすじ

満天に星の輝くある夜、森に囲まれた人気のない草原の空き地に不思議な飛行物体が着陸した。ハッチが開き、冷たい夜の空気の中に姿を現したのは宇宙からの訪問者たち。そして…。孤独な10才の少年エリオットと、地球にたったひとり置き去りにされた宇宙人“E.T.”との物語が始まる・・・。

ユニバーサル・スタジオ公式サイト Blu-ray「E.T.」より引用。(C) 2014 Universal Studios. All Rights Reserved.

現代の若者は分からないが、もう超有名な映画なので今更ストーリーに補足する必要も無いだろうが、今改めて見ると新たな発見と勘違いの多い作品でもある。音楽はあの「スター・ウォーズ」シリーズを手がけている「ジョン・ウィリアムズ(ジョン・タウナー・ウィリアムズ / John Towner Williams)」が担当している。

「E.T.」ってこんな泣ける話だっけ

E.T.を初めて見たときは全然泣く事はなかったのだが、今改めて見るとメッチャ泣ける映画だったことに自分でビックリした。予算1,000万ドルという低予算で3億ドルを売り上げた映画というのも今さら納得できた。大人になって涙腺が緩んだせいもあるだろうが、こんなしわしわの老婆のような宇宙人と子供に泣かされるとは…。「えっ?今頃気づいたの?」と思われそうだが、若い頃は如何に何も感得ずに映画を見ていたのか自分でよく分かる。余程スレていたのか、よっぽどアホだったのか。

指と指を合わせて「トモダチ…」って

ジャケットにもある指と指を合わせるシーンが、あれ?劇中で登場しない。確かあったと思っていたのだが…。ジャケットや映画ポスターの影響ですり込まれたのか「E.T.」と言えばこのシーンと思い込んでいた。今改めて見るとそんなシーンはない。この映画が上映されてヒットしていた頃は友達同士で指と指を合わせて「トモダチ…」ってそこら中の人がケラケラ笑いながらやっていたのを思い出すのだが、あれは幻覚だったのか?皆も見たからそうしていたのでは無いのか?そんな人達にも、もう一度本作を改めて見て欲しい。私も含めて、どこでそうなったのだ。

指と指を合わせるシーンは主人公のエリオットが物置に置いてあった電動ノコギリ(丸型)の歯で指先を少し切ってしまい血が出てしまう。それを「アウチ…」と復唱ながらE.T.が指先を光らせ、その指に触れると一瞬でケガがすっかり治ってしまうというシーン。その時「トモダチ…」なんて言わないし、そもそも血を流した相手を見て指を合わせて「トモダチ…」ってセリフは「この状況で?このタイミングで?」っておかしくなる。確かに「トモダチ…」ってセリフは出てくるがここではない。
ouch!
「アウチ−」が「トモダチ−」になったのか?

画像はそのシーン。ご覧の通りエリオットは指を立てており、E.T.の光った指先がその指先に一瞬触れてケガが治る。ジャケットのように指と指を付き合わせるようなシーンは無い。特別版とかで映像が追加されているのなら話は別だが…残念ながら、持っていないので見たことがない。

映画制作会社のロゴ

映画を見るときに配給会社や制作会社のロゴを目にしたことがあると思うが、その中で今回のアイキャッチに使われている画像のシーンをイメージさせる映像制作会社「AMBLIN Entertainment」のロゴがあるのをご存じだろうか。あれはアンブリン・エンターテインメントという映画制作会社のロゴでスティーヴン・スピルバーグが1982年に設立した映画・テレビ番組製作会社のロゴ。まさに「E.T.」公開年に設立した会社で、ロゴはそのワンシーンをイメージして作られている。ロゴは自転車を漕いでいるエリオットも(ハロウィンで仮装した時の)マントがなびいているが、本編ではアイキャッチでご覧の通りでハロウィンで仮装したときのマントこそ付けているものの、カットが切り替わったこのシーンではマントらしきものすら見えないくらいなびかない。撮影の際に扇風機で風くらい起こせただろうに。

改めて見て欲しい映画の数々

たまには映画館に足を運ぶことも大切なのは勿論なのだが、一度映画館で見た映画って改めてDVDやBlu-rayで見ることは少ないと思う。ましてや「イマイチだったな」と思った映画は尚のこと。しかし、こうして安く入手しやすくなったDVDやBlu-ray等の豊富なソフトと動画配信サービスなどで手軽に映画を自宅で見ることが出来るようになった現代、改めて映画を見返すことのできる喜びと感動を味わってもらいたい。意外な発見をする場合もある。私も子供の頃見た映画を少しずつ見返しては新たな発見をし、改めて「こんな映画だったんだ」と感動したりして楽しんでいる。そうやって少しでも映画を盛り上げることに繋がれば、それが私たちの娯楽として楽しめる映画業界への恩返しと活気に少しでもなるのではないだろうか。

 



E.T. (字幕版)
AmazonプライムビデオではE.T.が放映されておらずレンタル or 購入のみ。現在はU-NEXTとNetflixでは無料視聴できる。こういった古いけど名作と呼ばれる映画はどんどん無料視聴させてもらいたいと思うのはワガママだろうか。これらを切っ掛けにどんどん映画を見る機会と興味を持って貰えればいいと思うのだが…。

映画「E.T.」は現在U-NEXTで絶賛無料放映中!あの懐かしの感動をもう一度体験できる!トモダチ…


 


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ホームシアター

    BenQ HT3550,ホームシアター,プロジェクター
  2. お知らせ

    BenQ HT3550,ホームシアター,プロジェクター
  3. 映画

    IMAX Expocity Osaka,映画
  4. ホームシアター

    プロジェクター,アナモフィックレンズ,映画,ホームシアター
  5. お知らせ

    star wars ep9

アーカイブ




PAGE TOP

ホームシアター

4Kプロジェクター「BenQ HT3550」設置とファース・トインプレッション

BenQ HT3550,ホームシアター,プロジェクター

お知らせ

BenQからオファー!

BenQ HT3550,ホームシアター,プロジェクター

映画

IMAXレーザー/GTテクノロジー 3D鑑賞「アベンジャーズ/エンドゲーム(原題…

IMAX Expocity Osaka,映画

ホームシアター

アナモフィックレンズを使ったシネスコ映画はこう見える

プロジェクター,アナモフィックレンズ,映画,ホームシアター

お知らせ

予告:スターウォーズ/ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー(原題:Star War…

star wars ep9

ホームシアター

SLR MAGIC Anamorphot 1.33x 50 設置からのピント調整…

SLR MAGIC Anamorphot 1.33x 50,ホームシアター,プロジェクター,シネスコ

ホームシアター

アナモフィックレンズ SLR MAGIC Anamorphot 1.33x 50…

SLR MAGIC Anamorphot 1.33x 50,アナモフィックレンズ,ホームシアター,プロジェクター

ホームシアター

SLR MAGIC Anamorphot 1.33x 50 アナモフィックレンズ…

アナモフィックレンズ,固定器具,ホームシアター

映画

ターミネーター2(原題:Terminator 2: Judgment Day)

ターミネーター2,ホームシアター,映画

お知らせ

「ターミネーター2 」3D版が到着

ターミネータ2 3D Blu-ray,映画,ホームシアター
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。