M:I-2,ミッション:インポッシブル2,プロジェクター,ホームシアター,映画,感想

ミッション:インポッシブル2(原題:Mission: Impossible II, M:I-2)

映画「ミッション:インポッシブル」シリーズ2作目。基となるのがアメリカのテレビドラマ「スパイ大作戦(原題:Mission: Impossible)」だ。トム・クルーズ(Tom Cruise)が主演を努めた、ジョン・ウー(呉 宇森:John Woo)監督の2000年のスパイアクション映画。私はこの映画を切っ掛けにジョン・ウーという名前の映画監督を初めて認識した監督。それほどアクションが他の映画と違い、「全く不必要と思える回転蹴り」等 ”良い悪いは別として ”なんか斬新に見えたのを覚えている。

Blu-ray仕様:本編124分、2.35:1
英語:5.1ch ドルビーデジタル 日本語:5.1ch ドルビーデジタル
商品詳細を見る ▶

「ミッション:インポッシブル2」あらすじ

バイオサイト製薬会社の研究員であるネコルヴィッチ博士は、自身が開発した感染すれば20時間で治癒不可能となり死亡するウイルスキメラと、その治療薬であるベレロフォンをイーサン・ハント護衛のもとシドニーからアトランタへ旅客機で輸送するはずであったが、イーサンの替え玉であったIMFメンバーのショーン・アンブローズに殺害され、キメラとベレロフォンを強奪されてしまう。これに対しIMF本部は、イーサン・ハントを中心にチームを組み、元恋人であるナイア・ホールをアンブローズの元に潜入させ、目的を探ることになる。

Wikipedia「ミッション:インポッシブル2」より引用  © 2016 Paramount Pictures.

今回、あらすじが公式サイトになかったのでWikipediaからの引用になったが…あらすじ最後の文「元恋人であるナイア・ホールをアンブローズの元に潜入させ」とある。これは誤解を招きそうな文面なので補足すると、元恋人(タンディ・ニュートン / Thandie Newton)というのはショーン・アンブローズ(ダグレイ・スコット / Dougray Scott)の元恋人であり、イーサン・ハント(トム・クルーズ)の元恋人ではない。

アクション映画かアクションのようなダンス映画か

おもいっきり誤解を招くように書いてしまったが、一応基となるのがテレビドラマの「スパイ大作戦」なので、サスペンス映画となるはずが、映画化にあたり1作目からトム・クルーズが初めて映画プロデューサーとしてアクション要素を多大に含んだ映画に仕上げた。そこまではまだ良かったのだが、2作目となる本作でジョン・ウー監督を起用し、アクション要素を重要視したあまりに無駄なアクションが増えた。

無駄なアクションというのはアクションシーンが無駄と言うわけでは無くて、アクションをするにあたり無駄な動きが多いと言うべきか。回転する必要のないところで回転したり、飛ばなくても良いところで飛んだり…わざわざ感がある。ドラマチックにしたいが為の演出が多いといったら良いのか、まるでダンスをしているようだ。

ツッコミを入れると面白い映画

2台の車でカーチェイスの挙げ句、最終メリーゴーラウンド状態になったり、お互いバイクで向き合い同時にアクセルを吹かせて同時にアクセル全開、チキンレースになるかと思うと、お互い衝突する直前に同時にバイクからジャンプして、空中で取っ組み合う様は「打ち合わせしてたんかい!」等、ツッコミどころ満載のアクション映画に仕上がっている。ドラマチックな演出のためなら不必要なことだって何だってする。その開き直り(?)が笑える。面白い映画だ。

他にも、取引のさなか扉が爆発し炎が上がっている向こう側の通路を白い鳩と共にトム・クルーズが現れたかと思うと…そのまま通り過ぎていく…。つい、「行ってまうんかいっ!」と映画を観ながらツッコミを入れてしまった。そんな一部シーンを「勝手にアテレコ」でご紹介。

扉が爆発!
!!!
爆発で燃え上がる扉
白いハトが幻想的に飛び立ってゆく…焼き鳥になりそうだ
「・・・。」
炎の向こうにイーサン・ハント登場!
「・・・。」
「イーサン・ハント!」
「・・・。」
「・・・。」
「…行ってまうんかい」
「行っちゃいましたね」
「行きましたな」

いや…申し訳ない、遊び過ぎた。音を消して頭で勝手にアテレコしたらこうなった。実際にこのシーンはこの流れ。別のシーン&カットから勝手に組み合わせたわけではない。これをスローモーションで見せられるもんだからツッコんで笑った。ん〜ん、ドラマチック!

ストーリーは面白い

簡単に言うと、IMFメンバーの一人、ショーン・アンブローズが開発された「殺人ウィルス」と、その「ワクチン」両方を奪い一儲けしようと。それを阻止すべくイーサン・ハントを含む他のIMFメンバーが活躍する…アンブローズの元恋人まで巻き込んで。ストーリーの展開などは前作に続き面白い。都合良く作り過ぎ感もあるが、この展開こそがこの映画シリーズの面白いところなのでここを否定するとこのシリーズごと否定することになるので敢えてスルー。

本作はそれに「ダンスのようなアクション」が追加されたので、この映画を否定する人も多い。私は「無駄」も含めてこの映画は好きだ。本来の「不可能な任務=ミッション・インポッシブル」だからムチャクチャな展開でいいのだ。エンターテイメント映画だからこそ無駄な演出やアクションも含め、この映画のヒットに繋がったのだと思う。そこに「あり得そう」なストーリーを感じれば映画は面白いと思える。多分、余り「リアル」を追求してはいけない。映画が日常的で面白くも何ともなくなる。

 




何か先日の「ミッション:8ミニッツ」に続き「ミッション:〜」のタイトル繋がり。U-NEXTで家キネマ上映。現在はNetflixでもAmazonプライムビデオでも観ることが出来る。U-NEXTの「M:I-2」は色の彩度が上がり過ぎている感じがある。シリーズ1作目から全て観ているが今回敢えて2作目の本作を紹介した。やはり1番、話が分かり易くて「+笑えた」から。アクションは本来二の次なはずの「スパイ大作戦」が映画になった途端にアクション映画になった為、スパイにしてはド派手に動き回るので全くリアルなスパイ映画ではない。スパイ映画としてなら「007」の方が面白いのだが、あちらの映画は「ミッション:インポッシブル」と比べれば地味で大人なイメージ。派手なスパイ映画と割り切って、エンターテイメントを求めるなら、本作を含む「ミッション:インポッシブル」シリーズをオススメする。

 


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ホームシアター

    BenQ HT3550,ホームシアター,プロジェクター
  2. お知らせ

    BenQ HT3550,ホームシアター,プロジェクター
  3. 映画

    IMAX Expocity Osaka,映画
  4. ホームシアター

    プロジェクター,アナモフィックレンズ,映画,ホームシアター
  5. お知らせ

    star wars ep9

アーカイブ




PAGE TOP

ホームシアター

4Kプロジェクター「BenQ HT3550」設置とファース・トインプレッション

BenQ HT3550,ホームシアター,プロジェクター

お知らせ

BenQからオファー!

BenQ HT3550,ホームシアター,プロジェクター

映画

IMAXレーザー/GTテクノロジー 3D鑑賞「アベンジャーズ/エンドゲーム(原題…

IMAX Expocity Osaka,映画

ホームシアター

アナモフィックレンズを使ったシネスコ映画はこう見える

プロジェクター,アナモフィックレンズ,映画,ホームシアター

お知らせ

予告:スターウォーズ/ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー(原題:Star War…

star wars ep9

ホームシアター

SLR MAGIC Anamorphot 1.33x 50 設置からのピント調整…

SLR MAGIC Anamorphot 1.33x 50,ホームシアター,プロジェクター,シネスコ

ホームシアター

アナモフィックレンズ SLR MAGIC Anamorphot 1.33x 50…

SLR MAGIC Anamorphot 1.33x 50,アナモフィックレンズ,ホームシアター,プロジェクター

ホームシアター

SLR MAGIC Anamorphot 1.33x 50 アナモフィックレンズ…

アナモフィックレンズ,固定器具,ホームシアター

映画

ターミネーター2(原題:Terminator 2: Judgment Day)

ターミネーター2,ホームシアター,映画

お知らせ

「ターミネーター2 」3D版が到着

ターミネータ2 3D Blu-ray,映画,ホームシアター
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。