メッセージ,映画,ホームシアター,感想

メッセージ(原題:Arrival)

テッド・チャン(Ted Chiang/姜峯楠)の短編小説「あなたの人生の物語(原題:Story of Your Life)」を基にドゥニ・ヴィルヌーヴ(Denis Villeneuve)が監督を努めた2016年のSF映画。日本では2017年5月に全国公開されている。宇宙船のデザインが斬新で超巨大なスナック菓子の「柿の種」や「ばかうけ」の形で話題に。それはさておき、なんとも不思議な物体のそれは一体地球に何をしに来たのか…そこがこの映画のキモなのだが、哲学的とも言える「メッセージ」というタイトルは映画全体を表している様にも思える。ちなみに原題の「Arrival」は”到着”や”新生児”表す意味。これもこの映画でのテーマとして意味を成している。

Blu-ray仕様:本編時間116分 画面比率2.35:1
英語:5.1ch DTS-HD Master Audio 日本語:5.1ch DTS-HD Master Audio
商品詳細を見る ▶

よくあるSF映画で未確認飛行物体が出現するとかならず戦争になるのだが、この映画は違う。伝えたいことがあるから地球にきた宇宙船だがコミュニケーションの取り方が人間とは当然違うわけで、それを解読するために言語学者のルイーズ・バンクス(エイミー・アダムス / Amy Lou Adams)と物理学者のイアン・ドネリー(ジェレミー・レナー / Jeremy Lee Renner)が軍によって宇宙船が出現している現地に連れてこられる。

「メッセージ」あらすじ

突如地上に降り立った、巨大な球体型宇宙船。謎の知的生命体と意志の疎通をはかるために軍に雇われた言語学者のルイーズ(エイミー・アダムス)は、“彼ら”が人類に<何>を伝えようとしているのかを探っていく。その謎を知ったルイーズを待ち受ける、美しくそして残酷な切なさを秘めた人類へのラストメッセージとは―。

「メッセージ」公式サイトより引用。 © 2017 Sony Pictures Entertainment (Japan) Inc. All rights reserved.

あらすじを読んでも今ひとつピンとこない、そして実際に映画を観てもピンとこない人もいるはず。これは賛否両論を呼ぶ映画だな、と。そして結局「メッセージ」そのものは人類に伝えているものの、映画としては主にルイーズ自身に関してのみに見えて勘違いされる方もいるかと。宇宙人の言語を理解することで時間の概念から変わってしまうという設定は、飲み込めば映画内容がストンと落ちるのだが、この辺りも理解に苦しむ人が続出した。

デカイ宇宙船の地上に一番近い底部。ここから船内に入る。こうして見るとシネラマみたいに見えるな。

難しい映画

決して誰が観ても分かり易く、簡単な映画ではないという事を先に言っておいた方がいいかも知れない。映画はエンターテインメントであるが、同時に制作者からのメッセージでもあり、芸術でもある。私個人としては基本的に映画は楽しい事を第一に考えて選び、また、そういう映画が好きなので映画に関してメッセージ性がどうとか、芸術的でこうだとかはあまり言いたくないがこの映画は邦題が「メッセージ」である。なので避けて終われないこの映画のメッセージをどう読み取るかは観た人に委ねるが、響く人には涙する程の映画のようだ。

私にとっては映画ならではの都合良さなど、くだらないところが気になってしまい映画内容は理解したが響かなかった。人の生死など少し重いテーマも含まれている。説明不足のメッセージが受け取り方によって様々な意味に変化してしまうように、この映画自体が観る人の受け止め方によって様々な捉えられ方をしている様に思える。だから人の意見や感想を聞いてこの映画を観るとまた違って見えてくるかもしれない。

SF映画で言語学者を主人公にした珍しい映画

よくあるSF映画は軍事的で攻撃的。異星人が飛来すると直ぐに攻撃されたり、攻撃したり。だから主役も闘う軍隊やヒーローになりがち。しかしこの映画は違う。飛来した宇宙船に搭乗している2体の宇宙人は、コミュニケーションによって人類に何かを伝えようとしている。それを解読するための人材として、言語学者のルイーズが軍に呼ばれる。そして攻撃も何もしてこない宇宙人が発するメッセージ(文字)を読み解こうとする。解読していく内にそこには様々な要素や、捉え方、考え方が混在する。

宇宙人の言語で描かれた文字がこれ。タコみたいなのがスミみたいなモノで描く。意外とベタな発想は置いといて・・・良く解読できたな。

この映画を簡単に言ってしまえば宇宙人の言語を読み解き意味や概念を理解するまでの映画と言える。そしてそれら全てを理解した時この映画はエンディングを迎える。この映画は確かに言語学者が主体で無いと成り立たない映画だ。

「メッセージ」のサウンドデザイン

この映画の5.1chサラウンドのサウンドはよく出来ている。宇宙人の声(奇声?)や軍のヘリの音、音楽など5.1chサラウンドが活かされている。個人的にはヘリの音や機内でのヘッドホンを通しての声が何故か特に印象に残っている。後方から前方へ、前方から後方へ、軍の輸送ヘリが現地で飛び交うのを映像に映っていなくても音で感じることができる。

 






「メッセージ」は現在U-NEXTで絶賛上映中!私もU-NEXTで鑑賞したが、黒い宇宙船は見ての通り曲面で構成されているので光のグラデーションができる。アップになるとその質感と共に光のグラデーションが出来る。降り立った場所も何も無い広い草原のような場所なので空が広がっている。U-NEXTの映像ではビットレートが低いのか、こういう画面上の広い面積を同色系で映す映像はトーンジャンプを起こすので、滑らかでキレイなグラデーションにならない。この映画は映像もキレイなのでお金に余裕があればBlu-rayや4K UHDで観るほうが良いのだろうな。U-NEXTはビスタサイズでの上映。IMAX上映時の様に上下がBlu-ray等に収録されているシネスコサイズより広い範囲で映っている。ただし画面左右が少し切られている。

「メッセージ」をU-NEXTで観てみる ▶


あなたの人生の物語 (ハヤカワ文庫SF)
商品詳細を見る ▶

 


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. その他

    ホームシアター,Vストレッチ,アナモフィックレンズ,シネスコ,シネマスコープ
  2. ホームシアター

    BenQ HT3550,プロジェクター,比較,ホームシアター
  3. ホームシアター

    BenQ HT3550,プロジェクター,ホームシアター
  4. ホームシアター

    ANSIコントラスト,ホームシアター,プロジェクター
  5. ホームシアター

    BenQ HT3550,ホームシアター,プロジェクター

アーカイブ




PAGE TOP

その他

あれ?OPPO UDP-203のVストレッチが4K UHDで効いた!?

ホームシアター,Vストレッチ,アナモフィックレンズ,シネスコ,シネマスコープ

ホームシアター

BenQ HT3550とEPSON EH-TW6600との映像比較

BenQ HT3550,プロジェクター,比較,ホームシアター

ホームシアター

BenQ HT3550で3D映画鑑賞

BenQ HT3550,プロジェクター,ホームシアター

ホームシアター

プロジェクターのコントラスト比、FOFOとANSIによるの数字トリック

ANSIコントラスト,ホームシアター,プロジェクター

ホームシアター

BenQ HT3550 4Kプロジェクターのセットアップと映像投影

BenQ HT3550,ホームシアター,プロジェクター

ホームシアター

「家キネマ。」の機器全てを4K60Hz対応に

プロジェクター,4K UHD,BenQ HT3550

ホームシアター

4Kプロジェクター「BenQ HT3550」設置とファース・トインプレッション

BenQ HT3550,ホームシアター,プロジェクター

お知らせ

BenQからオファー!

BenQ HT3550,ホームシアター,プロジェクター

映画

IMAXレーザー/GTテクノロジー 3D鑑賞「アベンジャーズ/エンドゲーム(原題…

IMAX Expocity Osaka,映画

ホームシアター

アナモフィックレンズを使ったシネスコ映画はこう見える

プロジェクター,アナモフィックレンズ,映画,ホームシアター
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。