ワンダーウーマン,Wonder Woman,ホームシアター,プロジェクター,アナモフィックレンズ

ワンダーウーマン(原題:Wonder Woman)

アメリカ「DCコミックス」からの「ワンダーウーマン」を2017年、パティ・ジェンキンス(Patty Jenkins)監督により実写映画化したもの。以前にこのブログでも紹介した映画「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生(原題:Batman v Superman: Dawn of Justice)」で実写版としては既に登場しているが、こちらは「ワンダーウーマン」としての単品映画。「抱き合わせ商法」のようにゴチャゴチャと色々なヒーローは出てこない。主人公のワンダーウーマンはガル・ガドット(Gal Gadot)が演じている。私が所有しているのは3D版。比較的暗めな映像が多いDCコミックの映画なので3D版はあまり期待できないが・・・。
ワンダーウーマン,Wonder Woman,映画,ホームシアター,アナモフィックレンズ,プロジェクター,ホームシアター

Blu-ray仕様:本編141分、2.4:1
英語:2D版 ドルビーTrueHD ドルビーアトモス、3D版 5.1ch DTS-HD Master Audio、日本語:5.1ch ドルビーデジタル
商品詳細を見る ▶

「ワンダーウーマン」と言えば、かつては(調べたら1977年だった)日本でもTV放送をしていたのを覚えている。もっとも今ほどかっこいいコスチュームではなく、とってもアメリカンな青いブルマのようなモノを履いていた気がする。余りにもカッコ悪すぎて当時はちゃんと見ていないが、勝手に“スーパーマンの女性版”と思っていたら、後の(1984年)に「スーパーガール(原題:Supergirl)」が映画化され登場したので「あ、違うんだ」と知ったキャラクター。

「ワンダーウーマン」あらすじ

ワンダーウーマンが生まれたのは、女性だけが暮らすパラダイス島。ダイアナ(ワンダーウーマン)はその島のプリンセスだった。
ある日、不時着したアメリカ人パイロットを助けたことから、外の世界で戦争が起きていることを知る。彼女は自身の力で「世界を救いたい」と強く願い、二度と戻れないと知りながら故郷をあとにする……。
そんな彼女は、初めての世界で何を見て、何のために戦い、そして、なぜ美女戦士へとなったのか!?

「ワンダーウーマン」公式サイトより引用。 ©2017 Warner Bros. All Rights Reserved.

最後の一文、「美女戦士」と言うのが「美少女戦士」になって無くて良かった…。この公式サイトの「パラダイス島」と書かれているが現在の呼び名は違う。コミック初期の頃は確かに「パラダイス・アイランド」や「パラダイス島」と呼ばれていたらしいが、現在の正式名称は「セミッシラ(セミスキラ)」島。「パラダイス」を直訳した“楽園”ならそもそも戦士など育成する必要もないが、島ではバリバリに闘う訓練をしている。確かに女性だけが暮らす島といえば「パラダイス島」と言いたい気持ちも分からないではないが、完全に男性目線のネーミングだ。

多くのアマゾネスが訓練をしているセミッシラ(セミスキラ)島。劇中はパラダイス島とは呼ばない。間違っても“ハーレム島”ではない。

出演はガル・ガドット他、クリス・パイン(Chris Pine)、ロビン・ライト(Robin Wright)、ダニー・ヒューストン(Danny Huston)、デヴィッド・シューリス(David Thewlis)、コニー・ニールセン(Connie Nielsen)、エレナ・アナヤ(Elena Anaya Gutiérrez)、サイード・タグマウイ(Saïd Taghmaoui)、ユエン・ブレムナー(Ewen Bremner)など。

アマゾネスに捕らえられるスティーブ・トレバー(クリス・パイン)。今この人が他の部族に捕まると「スター・トレック」に見えてくる…。

基本の背景は第一次世界大戦

映画内容は勧善懲悪のスーパーヒーロー映画なのかと思ったが、以外とそれだけには終わっていない。大きなテーマが架空では無い第一次世界大戦が背景になっているので、少し考えさせられる映画だ。同じくスタートが戦争を背景にしたマーベル・コミックの「キャプテン・アメリカ」とはちょっと思想が違う。新兵器による大量殺戮を阻止し、悪の根源を断つという目的はあるものの、結局の所ワンダーウーマンという超人が戦争の“片棒を担ぐ”事になる。

原作では第二次世界大戦になっているが、本作では第一次世界大戦に変更された。また、そんな背景の映画に何の因果かワンダーウーマンを演じるガル・ガドットがイスラエル出身であることも、このテーマに輪をかけてデリケートなものにしている。実際に本作に関連して騒動が起こったようだ。

「美女と野獣」ではなく、ダイアナ(ワンダーウーマン)とドイツ軍のエーリヒ・ルーデンドルフ総監(ダニー・ヒューストン)。

関係ない話だが、上の映像シーンではダイアナ(ワンダーウーマン)が剣を背中に隠し持っているのだがコレを見ると子供の頃、姿勢が悪いと1メートル定規を背中に入れられて強制的に背筋を伸ばす姿勢を取らされたのを思い出した。

DC系実写映画はやっぱり大人向け?

アメリカン・コミックスの実写版といえば主にはスパイダーマンやアイアンマンなどが登場する「マーベル・コミック」か、スーパーマンやバットマンが登場する「DCコミックス」が代表的。本作「ワンダーウーマン」はそのDCコミックスに登場するキャラクターだ。単純には言い切れないがマーベル・コミックのほうが比較的コミカルに描かれているので映画化されても明るく単純に楽しく見えるが、DCコミックスは同じスーパーヒーローながらも結構シリアスな展開や背景が多い分、暗く見えることが多い。実写化されてもそこは変わらず、DC独特の空気感がある。良い言い方をすれば大人なイメージ。やっていることは殆ど変わらないのに作りが違うと空気感がこうも違うのかと感心する。

戦闘シーンは、ほぼこんな感じのブルー寄りの色彩か夜のダークトーンな世界観。

DCコミックス実写版映画は設定も世界観もマーベル系と比較すれば、スーパーヒーロー映画といえどなんだか大人向けな空気感なのだが本作「ワンダーウーマン」に関しては、個人的に少し演出が幼稚な感じがする。クライマックスに近づくほどその傾向があり、カメラワークやカット割りなどが何か格好良く見えず、何故だろう上手く説明が出来ないのだが見ているこちらが少し恥ずかしくなった。これは観ていただかないと伝わらない。カット割りが昔の戦隊モノの様で安っぽいのかな?

ワンダーウーマンの3D版は良好

冒頭でも述べた通り、ワンダーウーマンはDCコミックスからの実写化なので比較的映像が暗いと思ったが、オープニングから意外と明るかった。「お!?DCにしては、なかなか…」と思ったのもつかの間、やっぱり暗いシーンが多い。しかし、この映画は暗いといっても映像を単純に黒く沈ませるのではなく、どちらかと言うとブルー色に傾けた映像。屋外ではずっとぶ厚い雲に覆われているようなイメージの映像で、室内シーンになるとオレンジ色に傾けた映像になる。

ワンダーウーマンが比較的派手な衣裳なのもあり人物がハッキリしているので3D映像でもしっかり立体感がある。実写版3Dにしてはフォーカス感も良好。肝心の戦闘シーンでは所々スローモーションを挟み込み、激しいアクションでも3D感を失うこと無く楽しめる。

ワンダーウーマン,Wonder Woman,ホームシアター,プロジェクター,アナモフィックレンズ

アクションシーンは要所要所でスローモーションが挟まれるので3Dでも十分にアクションが楽しめる。

 



商品詳細を見る ▶
私が所有しているのはこちらの3D&2D版。映像が暗くなりがちなDCコミックス映画でも本作は比較的良好に見える。勇ましく、美しいガル・ガドットも3Dで立体視(何か言い方がヤラシいな)。映像が暗い映画にしては、夜のシーンでも若干リアリティには欠けるがしっかりライティングされ3D版としてなかなか良好な珍しい映画だった。初回仕様なのでオマケのブックレットが付いている。フルカラー全72Pの豪華仕様。内容は映像スチールや衣裳のイメージスケッチや写真、映像コンセプトのイメージスケッチなどが掲載されている。オマケにしては結構内容が充実している。

 




「ワンダーウーマン」は現在U-NEXTでも有料配信されている。Blu-rayまでは要らないという方は一度、30日間のトライアル期間(無料)に申込み付与されるポイントで無料視聴するのもアリ。
「ワンダーウーマン」をU-NEXTで観てみる ▶
 


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 映画

    キャプテン・マーベル,映画,ホームシアター ,プロジェクター
  2. 映画

    スパイダーマン:スパイダーバース,映画,プロジェクター,ホームシアター
  3. 映画

    バンブルビー,ホームシアター,映画
  4. 映画

    シャザム!,ホームシアター,映画
  5. その他

    ディズニーシアター,Disney theatre,お試し

アーカイブ




PAGE TOP

映画

キャプテン・マーベル(原題:Captain Marvel)

キャプテン・マーベル,映画,ホームシアター ,プロジェクター

映画

スパイダーマン:スパイダーバース(原題:Spider-Man:Into the …

スパイダーマン:スパイダーバース,映画,プロジェクター,ホームシアター

映画

バンブルビー(原題:Bumblebee)

バンブルビー,ホームシアター,映画

映画

シャザム!(原題:Shazam!)

シャザム!,ホームシアター,映画

その他

ディズニー・デラックスにお試し加入

ディズニーシアター,Disney theatre,お試し

ホームシアター

7.1.4ch ドルビーアトモス in 家キネマ。 ─ Vol.3 ─(映画ソフ…

ドルビーアトモス,Neural:X,映画ソフト

その他

Dolby Cinema(ドルビーシネマ)体験、梅田ブルク7

ホームシアター

7.1.4ch構成、ドルビーアトモス in 家キネマ。─ Vol.2 ─(インス…

Dolby Atmos,ドルビーアトモス,ホームシアター

ホームシアター

7.1.4ch構成、ドルビーアトモス in 家キネマ。─ Vol.1 ─(インス…

ドルビーアトモス ,ホームシアター

映画

アクアマン(原題:Aquaman)

アクアマン,映画,ホームシアター,プロジェクター
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。