ダンケルク,Dunkirk,ホームシアター,プロジェクター

ダンケルク(原題:Dunkirk)

先日の「インターステラー」に続いて、クリストファー・ノーラン(Christopher Nolan)監督による2017年公開の映画。この映画の背景にあるのは第二次世界大戦。“ダンケルク大撤退”という実話が基になっている。ダンケルク自体はフランス領土の最北端にある港湾都市。正直、“リアル戦争映画”は好きではない。歴史上の出来事として、現在も世界中で起こっている出来事として目を逸らすことはできないが、映画において戦争をリアルに描けば描くほど「悲惨」さを描こうとグロテスクな表現をすることも多い。戦争の恐怖を知らせるにはやむを得ないシーンもあるだろうが、あまりそこに特化されても何を見せられているのか分からない映画になる。

かといって、グロテスクな表現が余りなくても現実に起こった歴史上の戦争を美化するような映画もあまり好きではない。漫画のような架空の世界で悪を倒すための戦争映画は好きなのだが…そんな事も考えて、この映画を観ようか観まいか迷っていたがU-NEXTで登録されていたので…何だかんだ言いつつも、つい観てしまった。結果として過剰に血がドバッとなったり人が焼け焦げたりする映像はない、大丈夫な映画だった。

Blu-ray仕様:本編106分 アスペクト比:2.20:1/1.78:1 混合
英語:5.1ch DTS-HD マスター・オーディオ、日本語:5.1ch ドルビーデジタル
商品詳細を見る ▶

「つい観てしまった」と書いたが、本当の動機は我が家の音響が先日のスピーカーの入れ替えによって格段に上がったので「音」が聴きたかったという、とても不純な動機だったりする。U-NEXTもドルビーオーディオ対応なのでしっかりと5.1chで再生される。映像については本作はIMAX撮影ということもあり、Blu-rayや4K UHDはアスペクト比が2.20:1と1.78:1の混合になっているが、ビデオ・オン・デマンドのU-NEXTではアスペクト比が終始2.20:1のままだった。プロジェクターでアナモフィックレンズを通すと画面上下が僅かだがカットされる。

ビデオ・オン・デマンドのU-NEXTでは終始2.20:1のアスペクト比だった。


「ダンケルク」あらすじ

絶体絶命の地ダンケルク。残り時間わずか。
生き抜け、若者たち。

1940年、海の町ダンケルクに追い詰められた英仏連合軍40万人の兵士。背後は海。陸・空からは敵――そんな逃げ場なしの状況でも、生き抜くことを諦めないトミー(フィオン・ホワイトヘッド)とその仲間(ハリー・スタイルズ)ら、若き兵士たち。一方、母国イギリスでは海を隔てた対岸の仲間を助けようと、民間船までもが動員された救出作戦が動き出そうとしていた。民間の船長(マーク・ライランス)は息子らと共に危険を顧みずダンケルクへと向かう。英空軍のパイロット(トム・ハーディー)も、数において形勢不利ながら、出撃。こうして、命をかけた史上最大の救出作戦が始まった。果たしてトミーと仲間たちは生き抜けるのか。勇気ある人々の作戦の行方は!?

ワーナー公式サイト「ダンケルク」より引用。© 2018 Warner Bros. Japan LLC All rights reserved.

出演は、フィン・ホワイトヘッド(Fionn Whitehead)、トム・グリン=カーニー(Tom Glynn-Carney)、ジャック・ロウデン(Jack Lowden)、ハリー・スタイルズ(Harry Edward Styles)、アナイリン・バーナード(Aneurin Barnard)、ジェームズ・ダーシー(James D’Arcy)、バリー・コーガン(Barry Keoghan)、ケネス・ブラナー(Sir Kenneth Branagh)、キリアン・マーフィー(Cillian Murphy)、マーク・ライランス(David Mark Rylance Waters)、トム・ハーディ(Edward Thomas “Tom” Hardy)など。ハリー・スタイルズはワン・ダイレクションのメンバーで有名な人。だからといってただ人気のある有名人を起用した映画にはなっていない。主張せず上手く映画に馴染んでいるが、わざわざ起用した意図は分からない。

セリフより、むしろ「音」と「目線」で演出した作品

歴史的な物語をダラダラと語らず、空・海・陸(海岸)の3つの視点から「ダンケルク大撤退」を語っている。この映画はセリフが極端に少ない。極端にセリフが少ないので尚更、映像と音に集中してしまい緊張感は“それなり”に感じる。セリフがなくても「戦争」における状況は観るだけで理解出来る。

所々で小さく心音と共に音楽とも言えないような緊張感を煽るようなBGMが背景でずーっと流れていたりするのだが、その音がかき消されるように銃や、機関銃の音、戦闘機のエンジン音、爆弾の炸裂する音が強調される。「ゼロ・グラビティ」も背景に緊張感を煽るBGMが流れているが“ココだ”というときは無音になる。「ダンケルク」は逆に“ここ!”と言うときに戦闘機のエンジン音や炸裂音が鳴り響く。その音は実際に体験したことがないので分からないが結構リアルに感じて、後方から戦闘機が迫るサラウンド感とJBL S3100から鳴る炸裂音や銃器音の乾いた音が凄くて怖い。

 

映画冒頭間もない街の銃撃戦のシーンでも敵は映らない。ただ音と共に銃弾だけ飛んでくるのが反って怖い。

軍人だからなのかパニックになることも無く、意外と黙々と撤退するための船に乗船したりするので、あまり「焦り」を感じなかったのだが、その中でも意外と主人公のトミー2等兵(フィン・ホワイトヘッド)と無口な兵士ギブソン(アナイリン・バーナード)は声を発せずとも焦りを強く感じさせる。ここが演技の上手いところなのだろうか、全く騒がないが“生きたい、死にたくない”がひしひしと伝わってくる。

カメラワークが人物の“目線”見せる顔を映してその先に“敵がいる”や“何かがある”ことを音と共に知らせる。このやり方が上手く観る方の緊張感を与える。答えは直後に映像で分かるのだが観ている私もその目線の先にあるものが気になる。この映画「ダンケルク」では敵国にあたるドイツ軍の兵士が殆ど映らない。顔がハッキリ見えるシーンは一度も無い。戦闘機などは映るが敵となる人物が映らない。この映像ではそんな“見えない敵”がより緊張感を生む。

桟橋上の目線が一斉に上空を捉える。その先にあるモノは敵機か援軍か。このすし詰め状態で遭遇したら私ならパニックになって海に落ちるな。

こんなに黙々・淡々と戦争をする映画は初めて見た

撤退するために陸軍が列を成して船に乗り込む。そこに時折ドイツ軍の戦闘機、数機が撤退を阻止しようと上空を飛び、爆弾や機関銃を浴びせてくるのだが、それでも騒いだりしない。黙ってしゃがむ・伏せる。実際ってこんな感じだったのだろうか。私ならパニックになって、いの一番に逃げ出しそうだ。イギリスの戦闘機も撤退を援護するためにドイツ軍の戦闘機と空中戦をおこなって撃墜するのだが、それも割と黙々とこなす。エンターテインメントな映画ではよく撃墜したら「ホォー!!」とか「ヒャッホー!」とか奇声を上げたりもするが、そんな下品なこと言わない。軽いノリは一切なく、無線で最低限のコミュニケーションを取るだけ。

敵戦闘機に爆撃され全員が伏せたかと思うと、去った後は黙って一斉に立ち上がる。このシーンさりげなく凄い。

これは映画館で観るべきだったかも

そんな「音」に関して結構なエネルギーを割いている映画はやはり音響設備抜群な映画館で観るべき映画だったかもしれない。我が家でもそこそこの環境は整ってきたが、それでも完璧とはほど遠い。小さな音から、大きな音までのレンジが広い映画でもあるので小さな音を聴こうとしてボリュームを上げると爆撃の炸裂音でとんでもないことになる。かといってボリュームを下げると緊張感を促す僅かな音が拾いにくくなる。日中ご近所迷惑にならないギリギリのボリューム、-22dB(各住まいの環境によるので注意)での鑑賞で一応満足出来る音量ではあるができるなら-18dBで鑑賞したかった。

 




「ダンケルク」は現在U-NEXTで絶賛上映中!有料(もしくはポイント)レンタル版だが、月々もらえるポイントを使って実質無料視聴できた。オリジナルはアスペクト比が2.20:1と1.78:1の混合だがU-NEXTでは終始2.20:1のシネスコサイズのみになっている。2.20:1はアナモフィックレンズを通すと上下の映像が僅かだが切れる。字幕は映像ないに表示されるので問題なかった。有料レンタルのAmazonビデオ(プライムではない)には登録されているが、Netflixにはまだリストアップされていない。(2018年2月5日現在)

「ダンケルク」をU-NEXTで観てみる ▶

 


Amazonビデオで観てみる(字幕版) ▶

Amazon会員ならU-NEXTに加入していなくてもAmazonレンタルビデオで399円で借りて観ることもできる。月にレンタル料2,000円以上映画を観る人は視聴用ポイントが毎月もらえるU-NEXTでも良いかもしれない。月3本程度までなら別途年会費が3,900円[税込])(月払いなら400円[税込])かかるが他の無料映画も観つつ、無料にリストアップされていない映画はAmazonビデオで都度レンタルした方が安い。ただし“字幕版”と“吹替版”の途中切替えができないので有料レンタルする際は注意が必要。
 


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ホームシアター

    BenQ HT3550,ホームシアター,プロジェクター
  2. お知らせ

    BenQ HT3550,ホームシアター,プロジェクター
  3. 映画

    IMAX Expocity Osaka,映画
  4. ホームシアター

    プロジェクター,アナモフィックレンズ,映画,ホームシアター
  5. お知らせ

    star wars ep9

アーカイブ




PAGE TOP

ホームシアター

4Kプロジェクター「BenQ HT3550」設置とファース・トインプレッション

BenQ HT3550,ホームシアター,プロジェクター

お知らせ

BenQからオファー!

BenQ HT3550,ホームシアター,プロジェクター

映画

IMAXレーザー/GTテクノロジー 3D鑑賞「アベンジャーズ/エンドゲーム(原題…

IMAX Expocity Osaka,映画

ホームシアター

アナモフィックレンズを使ったシネスコ映画はこう見える

プロジェクター,アナモフィックレンズ,映画,ホームシアター

お知らせ

予告:スターウォーズ/ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー(原題:Star War…

star wars ep9

ホームシアター

SLR MAGIC Anamorphot 1.33x 50 設置からのピント調整…

SLR MAGIC Anamorphot 1.33x 50,ホームシアター,プロジェクター,シネスコ

ホームシアター

アナモフィックレンズ SLR MAGIC Anamorphot 1.33x 50…

SLR MAGIC Anamorphot 1.33x 50,アナモフィックレンズ,ホームシアター,プロジェクター

ホームシアター

SLR MAGIC Anamorphot 1.33x 50 アナモフィックレンズ…

アナモフィックレンズ,固定器具,ホームシアター

映画

ターミネーター2(原題:Terminator 2: Judgment Day)

ターミネーター2,ホームシアター,映画

お知らせ

「ターミネーター2 」3D版が到着

ターミネータ2 3D Blu-ray,映画,ホームシアター
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。