リーサル・ウェポン,ホームシアター,プロジェクター

リーサル・ウェポン(原題:Lethal Weapon)

1987年公開のリチャード・ドナー(Richard Donner)監督による映画。マーチン演じるメル・ギブソン(Mel Gibson)とロジャー演じるダニー・グローヴァー(Danny Glover)の刑事モノ、いわゆるバディ映画。コメディとまでは言わないが2人の掛け合いが面白い。シリアスな場面もありながらコミカルなやり取りがあり、結構ムチャをするというバディ映画としての鉄板ネタは網羅している。と、いうか「ビバリーヒルズ・コップ」(1984年)や本作あたりが刑事モノのバディ映画の先駆けと言ってもいいのではなかろうか。少なくとも私はバディ映画といえば本作「リーサル・ウェポン」をまず一番に挙げる。

Blu-ray仕様:本編109分 アスペクト比:1.78:1
英語:5.1 ドルビーデジタル 日本語:なし(字幕は有り)
商品詳細を見る ▶

本作は日本語吹替え収録はない。テレビ放送用に吹替えはあったが販売用のDVDやBlu-rayには日本語吹替えは収録されていない。日本語吹替えは「2」からなのだが、メル・ギブソンの吹替えを“世良公則”が担当…しかも「2」だけ。意味不明。絶対に違和感があると個人的には思ってしまうが、本作を日本語吹替えで鑑賞することは絶対にないのでセーフ。

シリーズとして「リーサル・ウェポン4」(1998年)まで公開されている。ずっと以前に「リーサル・ウェポン5」が製作されるとうわさ(?)があったが途中で立ち消えになり、2017年にはやっぱり製作するという話に……どないやねん…期待すると本当に中止になった時にガッカリするので、もう期待せずに「5」を待つことにする。海外では2016年にFOX系でテレビドラマ化されている。今回はU-NEXTでの視聴。

「リーサル・ウェポン」あらすじ

過激な捜査ぶりを買われ、麻薬課から殺人課へと戦いの最前線へ踊り出た男、マーチン・リッグス。人は彼をリーサル・ウェポン(人間兵器)と呼ぶ。一方、50の坂にかかろうとする温和なベテラン黒人刑事、ロジャー・マータフ。およそ接点のないはずの2人が、ひょんな事からコンビを組まされ、今、LAを震撼させる麻薬組織に飛び込んでいく!

© 2018 Warner Bros. Japan LLC All rights reserved.

出演はメル・ギブソン(Mel Gibson)、ダニー・グローヴァー(Danny Glover)、ゲイリー・ビジー(Gary Busey)、ミッチェル・ライアン(Mitchell Ryan)など。メル・ギブソンと言えば「マッドマックス」が有名だが、私は本作「リーサル・ウェポン」シリーズの方が印象に残っている。…ヘアスタイルなのかな。

メチャクチャなマーチンと慎重なロジャーのコントラスト

マーチンには過去辛いことがあり、自暴自棄になっているのでやることなすことメチャクチャ。刑事としてあるまじき行動ばかり。対してロジャーは家族想いの慎重派ベテラン刑事。肌の色から何もかも正反対の二人が織りなす劇中のコントラストが際立ちこの映画を面白くしている。ただ内容は薄い。この二人がやり取りしながら信頼関係を築いていくのがこの映画のキモであって事件などはそれを際立たせるための演出に過ぎないように見えてくる。このシリーズ映画にあまりリアリティやメッセージ性を求めてはいけない。ハチャメチャなバカっぷりを見て楽しむ映画。

アットホームなロジャーの家族とのシーンが殺伐とした劇中でいいクッションの役割を果たしている。また、そんな幸せそうな家族団らんのシーンを挿入することでマーチン・リッグスの孤独感や悲壮感を引き立てる。そんな緩急もこの映画の魅力の1つでもある。

飛び降り自殺しようとしている男とマーチンも一緒に飛び降りたり…

ワーナー系の古い映画をVODで鑑賞するとたまにワーナーフィルムのウォーターマーク(右下の透かし)が入っている映画がある。最近の映画には入っていない。鬱陶しいうえに結構でかい。これ何とかならないの?

マッドマックスのクールさのかけらもないメル・ギブソン

主演のメル・ギブソンはマッドマックスのイメージを持って本作を観ると、映画が違うので当然だがイメージがかなり違う。あのクールなイメージからは想像も付かないほどコミカルな演技を見せてくれる。「マッドマックス」で脚光を浴びてからの本作「リーサル・ウェポン」。このキャラクターの大きな振り幅がメル・ギブソンをスターに定着させたように思う。

ロジャーと一緒にプールに飛び込んだり…。マーチンのせいで“無駄に派手になってしまう”アクションが面白い。

 



今回は「リーサル・ウェポン」1〜4全シリーズが現在(2018年4月10日)無料視聴できるU-NEXTで鑑賞。Amazonビデオでは有料レンタルで視聴可能。Netflixにはラインアップされていなかった。コメディ&シリアスのバディ映画は何となくボーッと観られる映画。刑事ものアクション映画が好きで他に観るモノがないな〜という時こそ、この「リーサル・ウェポン」シリーズはオススメ。マーチン・リッグスのメチャクチャ感を敢えて(ムリヤリ)表現するために「そういうムチャをしなくても…」というツッコミどころ満載。そこは“そういう映画”として笑って見過ごしてもらいたい。Blu-rayもAmazonビデオなどのVODでも字幕のみ。日本語吹替えはない。

Amazonビデオで観る(字幕版のみ) ▶




U-NEXTで観る(字幕版のみ) ▶

 


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ホームシアター

    BenQ HT3550,ホームシアター,プロジェクター
  2. お知らせ

    BenQ HT3550,ホームシアター,プロジェクター
  3. 映画

    IMAX Expocity Osaka,映画
  4. ホームシアター

    プロジェクター,アナモフィックレンズ,映画,ホームシアター
  5. お知らせ

    star wars ep9

アーカイブ




PAGE TOP

ホームシアター

4Kプロジェクター「BenQ HT3550」設置とファース・トインプレッション

BenQ HT3550,ホームシアター,プロジェクター

お知らせ

BenQからオファー!

BenQ HT3550,ホームシアター,プロジェクター

映画

IMAXレーザー/GTテクノロジー 3D鑑賞「アベンジャーズ/エンドゲーム(原題…

IMAX Expocity Osaka,映画

ホームシアター

アナモフィックレンズを使ったシネスコ映画はこう見える

プロジェクター,アナモフィックレンズ,映画,ホームシアター

お知らせ

予告:スターウォーズ/ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー(原題:Star War…

star wars ep9

ホームシアター

SLR MAGIC Anamorphot 1.33x 50 設置からのピント調整…

SLR MAGIC Anamorphot 1.33x 50,ホームシアター,プロジェクター,シネスコ

ホームシアター

アナモフィックレンズ SLR MAGIC Anamorphot 1.33x 50…

SLR MAGIC Anamorphot 1.33x 50,アナモフィックレンズ,ホームシアター,プロジェクター

ホームシアター

SLR MAGIC Anamorphot 1.33x 50 アナモフィックレンズ…

アナモフィックレンズ,固定器具,ホームシアター

映画

ターミネーター2(原題:Terminator 2: Judgment Day)

ターミネーター2,ホームシアター,映画

お知らせ

「ターミネーター2 」3D版が到着

ターミネータ2 3D Blu-ray,映画,ホームシアター
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。