ミニオンズ,ホームシアター,プロジェクター

ミニオンズ(原題:Minions)

ピエール・コフィン(Pierre Coffin)監督による2015年公開のCGアニメーション映画。「怪盗グルーの月泥棒」(2010年)、「怪盗グルーのミニオン危機一発」(2013年)に登場するミニオンを主役にした「怪盗グルー」シリーズのスピンオフ作品。ミニオン誕生から怪盗グルーとの出会いまでを描いているので鑑賞する順番としては「怪盗グルーの月泥棒」を観てからの方がいい。ミニオンというキャラクターの存在はUSJなどで知っていたが、映画内容を全く知らなかったので以前Amazonプライムビデオで「怪盗グルーの月泥棒」を観たら、怪盗グルーが主役でミニオンが主役では無かった事実を知った。

Blu-ray仕様:本編91分 アスペクト比:1.78:1(ビスタサイズ)
英語:Dolby Atomos/ドルビーTrueHD、日本語:5.1ch ドルビーデジタル
商品詳細を見る ▶

これだけ人気のミニオンだ。「怪盗グルーの月泥棒」を見終わった後にミニオンが主役の映画はないのかと探したら、スピンオフ作品である「ミニオンズ」を見つけたがAmazonビデオで有料レンタル版のみ。以前探した時点ではNETFLIX、U-NEXT共に登録なしだったが、先日U-NEXTにポイント制でも登録されてないか探していたらU-NEXTにはなく、NETFLIXに登録されていたのを発見。NETFLIXなので全て視聴は無料だ。ラッキー!

「ミニオンズ」あらすじ

黄色い謎の生物ミニオンは、人類が誕生する遥か昔から存在した!? 彼らの生きがいは、その時代の最強で最悪なボスの仲間になること。
しかし、そのボスたちの命はなぜか長続きしない。
いつしかそんなボスはいなくなり、ミニオンたちは生きる目的を失いつつあった。
ミニオンたちの滅亡の危機が迫る1968年(怪盗グルーに出会うまであと42年!)、3人のミニオン、ケビン、スチュアート、ボブが仲間たちを救うべく立ち上がった。

© 2015 Universal Studios. All Rights Reserved.

出演[声]、ピエール・コフィン(Pierre Coffin)、サンドラ・ブロック(Sandra Annette Bullock)、ジョン・ハム(Jon Hamm)、アリソン・ジャニー(Allison Janney)、マイケル・キートン(Michael Keaton)など。

ミニオンの声、「ケビン」「スチュアート」「ボブ」は全て監督であるピエール・コフィンが担当している。劇場やBlu-rayでは日本語吹替えを各キャラクターごとに別の人が担当してる。日本の俳優や声優が担当しているようだが、NETFLIXではどう聞いてもミニオンズはそのままピエール・コフィンが担当した「ミニオン語」を話している。

日本語吹替えはどうなっているのか知らないが、字幕でも「ミニオン語」は字幕表示されない。あくまでも声だけ。それでも何がしたいのかは、表情や仕草を見ていれば分かるようになっている。パントマイムなどを見ているのと同じ。

可愛くないのに可愛い

ディズニーのキャラクターような、誰にでも愛されそうな分かり易いキャラクター(動物や人)ではないのにここまで人気なのは、このゴーグルを装着し、オーバーオールを着た、黄色く何かよく分からない生物であるミニオン達の奔放な感じなのだろうか。ミニオンの生態(本能?)として「常に仕えるボスを求める」のだがボスの言うことを聞いて実行するが同時に興味を持ったモノにも理性無く飛びつく。ちょっと無邪気でおバカなのだ。

人間は誕生する遥か昔からミニオンはいたのだ。恐竜をボスとして仕えていた時代。


その頃はミニオンも裸で一部は葉っぱで隠す。トレードマークのゴーグルも葉っぱで出来ている。

ミニオンは飼い主(ボス)に従うが興味のあるモノや食べ物には衝動を抑えられないペットのようで観ていて可愛い。行動は動物的なのに喜怒哀楽の感情がある不思議な生き物。しかも人間が誕生するよりもずっと以前、恐竜が誕生する前から生息していたようだ。その頃からボスを求めている。

ボスが存在しないと、このやる気の無さ。

動きが意外と細かい。そしてCGの質感やテクスチャーがいちいち細かい

ミニオン自体は小さく特に凝った造形ではないが、その動きは細かく何気ない動きなのだが注目すると面白い。パッと見た目はカラフルな絵柄のCGで特に何も思わないだろうが、良く観ると非常に細かいテクスチャーが施されている。「どこにチカラ入れてんねん」とツッコミたくなるほど質感表現細かく、画面の細かい所をよく観ると質感や動きが細かく面白い。

表情や動きは意外と細かい。アメリカ映画で皮肉なほどブリティッシュな感じが伝わる。

爆笑するほどではないが終始笑顔で観られる

この映画はまるでペットを観ている様で可愛く、終始笑顔で観られる。ミニオンズが大好きでジョークも通じる人は大爆笑するのかもしれないが、それは、お笑い芸人のファンが、冷静に観ていると特に面白くもないその芸人に対してファンは大爆笑して“あげる”のと同じ気持ちなのだろうか。

私もミニオンを動物的で可愛いと思ったし、面白いと思ったが声を出して笑うほどでは無かった。ミニオンが登場する映画に対して「大爆笑」とネットでも散々目にしていたので期待しすぎたか。天邪鬼の性格なのか「大爆笑する」と言われると返って笑えない。私のピュアな心はどこへ行ったのやら。

ケビンが巨大化。ミニでは無くなる。巨大化した時に手のグローブを見ると革製っぽいのが分かる。

 


商品詳細を見る ▶

「ミニオンズ」Blu-rayには3D版もある。残念ながらNETFLIXでの視聴だったので3D版は観ていない。以前、「カーズ/クロスロード」の良い例もあったのでCGアニメーションは3Dが期待できるが、「ミニオンズ」を2Dで見る限り映像はパンフォーカスではなく前ボケ(手前にあるモノのピントがボケる)や背景ボケ等も表現している。それが返って3Dではアダとなり奥行き表現はあるものの視聴者が奥にピントを合わせられないので立体的な奥行き感は薄くなる。結局のところカメラのピントが合ったモノだけが立体に見えるだけなので少々の奥行き感と、ミニオンが立体化になるだけのイメージな気がするが…。観ていないので断定はできないが特別に編集し直し、CG映像を全て3D用にパンフォーカスに変えている可能性は低い。また、映画なのでアトラクション的な飛び出しは期待できない。


「ミニオンズ」は現在(2018年6月15日時点)、NETFLIXで視聴できる。Amazonビデオは有料レンタル版のみ。U-NEXTは登録されていない。

Amazonビデオで観る(字幕版) ▶

Amazonビデオで観る(吹替版) ▶

 


AmazonビデオやNETFLIX、U-NEXTを観るならスマホよりも、やはりFire TV(またはFire TV Stick)が使いやすい。自宅にネット(Wi-Fi)環境さえあればテレビに繋ぎ、後は画面指示に従うだけで簡単にセットアップは完了する。音声認識でも検索できて、NEWモデルのFire TVは4K HDRやドルビーアトモスにも対応している(Stickは未対応)。NETFLIXやhulu、DAZNをインストールすればこのデバイスで観ることができる。

※Wi-Fi環境がない、もしくは、通信速度を安定して上げたいなどの理由で有線で接続するには別途アダプタが必要なので注意。


Fire TV (New モデル)
4K・HDR 対応、音声認識リモコン付属

商品詳細を見る ▶


Fire TV Stick
音声認識リモコン付属

商品詳細を見る ▶



Amazon イーサネットアダプタ
[Fire TV Stick (New モデル)、Fire TV (New モデル) 対応]

商品詳細を見る ▶

 


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ホームシアター

    BenQ HT3550,ホームシアター,プロジェクター
  2. お知らせ

    BenQ HT3550,ホームシアター,プロジェクター
  3. 映画

    IMAX Expocity Osaka,映画
  4. ホームシアター

    プロジェクター,アナモフィックレンズ,映画,ホームシアター
  5. お知らせ

    star wars ep9

アーカイブ




PAGE TOP

ホームシアター

4Kプロジェクター「BenQ HT3550」設置とファース・トインプレッション

BenQ HT3550,ホームシアター,プロジェクター

お知らせ

BenQからオファー!

BenQ HT3550,ホームシアター,プロジェクター

映画

IMAXレーザー/GTテクノロジー 3D鑑賞「アベンジャーズ/エンドゲーム(原題…

IMAX Expocity Osaka,映画

ホームシアター

アナモフィックレンズを使ったシネスコ映画はこう見える

プロジェクター,アナモフィックレンズ,映画,ホームシアター

お知らせ

予告:スターウォーズ/ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー(原題:Star War…

star wars ep9

ホームシアター

SLR MAGIC Anamorphot 1.33x 50 設置からのピント調整…

SLR MAGIC Anamorphot 1.33x 50,ホームシアター,プロジェクター,シネスコ

ホームシアター

アナモフィックレンズ SLR MAGIC Anamorphot 1.33x 50…

SLR MAGIC Anamorphot 1.33x 50,アナモフィックレンズ,ホームシアター,プロジェクター

ホームシアター

SLR MAGIC Anamorphot 1.33x 50 アナモフィックレンズ…

アナモフィックレンズ,固定器具,ホームシアター

映画

ターミネーター2(原題:Terminator 2: Judgment Day)

ターミネーター2,ホームシアター,映画

お知らせ

「ターミネーター2 」3D版が到着

ターミネータ2 3D Blu-ray,映画,ホームシアター
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。