バックドラフト,ホームシアター,プロジェクター

バックドラフト(原題:Backdraft)

ロン・ハワード(Ron Howard)監督による1991年公開の映画。先日、「ミニオンズ」を紹介したらユニバーサル・スタジオ・ジャパンが頭をよぎり、その流れのまま映画「バックドラフト」を思い出してAmazonプライムビデオで探したら無料視聴できたので改めて鑑賞。火災現場のことなのでなかなかの恐怖を感じさせる映画。炎も熱そうだが、消防士の熱き魂を映そうとしている映画なので少々「アツ苦しく男臭い」。好きな人は大好きな映画で今でもこの映画のファンは多い。今から27年前の少し古い映画だが今見ても確かに熱くて面白い映画なのだがR18指定なので子供は見ちゃダメだ。

Blu-ray仕様:本編137分 アスペクト比:2.35:1
英語:5.1ch DTS-HD Master Audio、日本語:5.1ch DTS Digital
商品詳細を見る ▶

「バックドラフト」あらすじ

【運命に導かれた男たちの思惑が交差するとき、生き物と化した炎が襲いかかるー。】殉職した父の後を継いで、消防士になる決意をしてシカゴに戻ってきたブライアン(ウィリアム・ボールドウィン)。父の同僚と、今や消防中尉の兄スティーブン(カート・ラッセル)と大火災を戦う日々を送っていた。ある日、ブライアンは元恋人のジェニファー(ジェニファー・ジェイソン・リー)と再会し、彼女の上司に放火犯罪調査の仕事を勧められる。

Amazonプライムビデオより紹介文引用
(C) 1991 UNIVERSAL CITY STUDIOS, INC. AND IMAGINE FILMS ENTERTAINMENT, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

主演は、カート・ラッセル(Kurt Vogel Russell)、ウィリアム・ボールドウィン(William Joseph Baldwin)、ロバート・デ・ニーロ(Robert De Niro)、スコット・グレン(Scott Glenn)、ジェニファー・ジェイソン・リー(Jennifer Jason Leigh)、レベッカ・デモーネイ(Rebecca De Mornay)、ドナルド・サザーランド(Donald Sutherland)など。

映像表現も凄いがスリルたっぷりのドラマが面白い

消防士の仕事として燃えさかる建物の中に踏み込み消火活動をする。その生き物の様に動く炎の映像にリアリティがあり、映像を見ていても充分面白い。しかしの命がけの消火活動する映画の中に消防士(兄弟)のドラマがある。ただ凄い火事の消火活動をするだけでは映像は凄くても今でも面白いと思える映画にはならなかっただろう。迫力の映像とスリルの中にドラマがあり、サスペンスがある。それがこの映画を面白くしている。

弟ブライアンは兄であるスティーブンとの力の差を思い知らされる。

せっかく面白い映画なのにR18指定なので家族では見られない

どの理由でR18指定なのか詳細は分からないが、考えてみると、焼死体の映像描写と放火という犯罪映画であること、それと何故か消化した後の処理で消防士たちがこぞってやたらと現場でタバコを吸うこと。あとは、蛇足的なベッドシーン。この辺りが重なってR18指定になったのかもしれない。

消防士たちの消化活動後に現場でタバコを吸うシーンは縁起担ぎなのかと思うほど。当時のシカゴの消防士たちの流行だったのだろうか、特に説明的なセリフもない。火災現場でわざわざタバコとはバカみたいな行為だが当時の「男」は大体こんな感じで、現代からすれば間違った方向で「かっこよさ」を追求している部分があった。それを観て当時は「かっこいい」と思っていた自分もいた。

咥えタバコで現場検証をするリムゲイル捜査官(ロバート・デ・ニーロ…若い)。渋めの役どころでカッコイイ。


めっちゃタバコ吸うてるやん! シカゴ流の「縁起担ぎ」なのだろうか…。

特にベッドシーンはこの映画において無くても良かったかも知れないが、やはり命を懸ける男としては本能的に子孫を残そうとすると言うのを聞いたことがあるので、映画にもそういったリアリティのある要素を組み入れたかったのだろうか。それなら戦争映画では全てベッドシーンが必要になってくるから、それほど過激な描写では無いにしろやっぱりこの映画でのベッドシーンは蛇足に感じる。

テレビ放送時は放送時間の都合上カットされて放送されるからR18な部分をカットしている。それを知らずに子供と一緒に家族で見ようとDVDやBlu-rayなどを購入したり、レンタルしてくるとテレビではカットされているところが全て流れることになるので注意が必要。

バックドラフト! と、同時に天使がお迎えに…かと思った。シーンとしては一瞬だが「えっ!?」と思って止めて確認してしまった。

「バックドラフト 」の音楽

バックドラフトのサウンドトラックはハンス・ジマーが担当している。そして本作のテーマ曲は昔のテレビ番組「料理の鉄人」のテーマ曲としても使われていた。調理場の炎のイメージだけであてがわれた様な安易な選曲。

 


商品詳細を見る ▶

消防士として炎に対しての男の熱き戦いだけに焦点を置かず、そこにドラマがある「バックドラフト」。5.1chサラウンドで横や後方から炎や倒壊する壁、柱を表現してるのはまるで視聴者が炎に包まれている感覚になる。是非サラウンドで楽しんで頂きたい。炎が酸素を取り込む「ヒューー…」という音が恐怖を煽る。昔の映画独特のフィルムによるこってりした画作りは、やはり映画らしく見える。

AmazonプライムビデオやU-NEXTなどのVODは画質はそこそこ良いのだが、サラウンドに関してはやはりBlu-rayの方が圧倒的にクオリティが高い。これはBlu-rayで見るべきではないだろうかと思いつつも一度過去に観てしまった映画は、つい他の新作Blu-rayソフトに手が伸びてしまう…。


「バックドラフト」は現在(2018年6月26日時点)、Amazonプライムビデオ、U-NEXTで無料視聴できる。NETFLIXは登録されていない。

Amazonビデオで観る(字幕版) ▶

Amazonビデオで観る(吹替版) ▶




U-NEXTで観みる ▶


 


AmazonビデオやNETFLIX、U-NEXTを観るならスマホよりも、やはりFire TV(またはFire TV Stick)が使いやすい。自宅にネット(Wi-Fi)環境さえあればテレビに繋ぎ、後は画面指示に従うだけで簡単にセットアップは完了する。音声認識でも検索できて、NEWモデルのFire TVは4K HDRやドルビーアトモスにも対応している(Stickは未対応)。NETFLIXやhulu、DAZNをインストールすればこのデバイスで観ることができる。

※Wi-Fi環境がない、もしくは、通信速度を安定して上げたいなどの理由で有線で接続するには別途アダプタが必要なので注意。


Fire TV (New モデル)
4K・HDR 対応、音声認識リモコン付属

商品詳細を見る ▶


Fire TV Stick
音声認識リモコン付属

商品詳細を見る ▶



Amazon イーサネットアダプタ
[Fire TV Stick (New モデル)、Fire TV (New モデル) 対応]

商品詳細を見る ▶

 


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. お知らせ

    ホームシアター,プロジェクター,映画
  2. ホームシアター

    ホームシアター,オリンピック,プロジェクター
  3. ホームシアター

    東京オリンピック,プロジェクター,テレビ放送
  4. ホームシアター

    HDMIスプリッター,分配器,ホームシアター,プロジェクター
  5. 映画

    アリータ:バトル・エンジェル,ホームシアター,プロジェクター,映画

アーカイブ




PAGE TOP

お知らせ

師走です。「家キネマ。」更新一時停滞のお知らせ。

ホームシアター,プロジェクター,映画

ホームシアター

10万円以内で大画面ホームシアターを構築して東京オリンピックを楽しもう! ─ V…

ホームシアター,オリンピック,プロジェクター

ホームシアター

10万円以内で大画面ホームシアターを構築して東京オリンピックを楽しもう! ─ V…

東京オリンピック,プロジェクター,テレビ放送

ホームシアター

4K UHDとFull HDを同時出力表示

HDMIスプリッター,分配器,ホームシアター,プロジェクター

映画

アリータ:バトル・エンジェル(原題:Alita: Battle Angel)

アリータ:バトル・エンジェル,ホームシアター,プロジェクター,映画

その他

壁際に設置できる超短焦点プロジェクターはリビングシアターに最適なのか

ホームシアター ,リビングシアター,超短焦点プロジェクター,壁紙

映画

アベンジャーズ/エンドゲーム(原題:Avengers: Endgame)

アベンジャーズ/エンドゲーム,ホームシアター ,映画,プロジェクター

映画

キャプテン・マーベル(原題:Captain Marvel)

キャプテン・マーベル,映画,ホームシアター ,プロジェクター

映画

スパイダーマン:スパイダーバース(原題:Spider-Man:Into the …

スパイダーマン:スパイダーバース,映画,プロジェクター,ホームシアター

映画

バンブルビー(原題:Bumblebee)

バンブルビー,ホームシアター,映画
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。