スーパーガール,海外テレビドラマ

SUPERGIRL/スーパーガール(原題:Supergirl)

2015年よりCBSで放送が始まったTVドラマ。DCコミックスのスーパーガールの実写版。アマゾン・プライムビデオでシーズン1全話が無料視聴できたのでイッキ鑑賞(※キャッチ画像はシーズン4より)。TVドラマなので映画ほど壮大な世界観やお金をかけたアクションシーンではない分、スーパーガール(カーラ・ゾー=エル、地球上ではカーラ・ダンバース)の苦悩や悩みなど地球人として過ごす日常も割合として多く描かれている。スーパーマンのいとこに当たり、クリプトン星ではスーパーマンよりお姉ちゃんだったが、クリプトン星が崩壊して爆発する寸前に先に地球に向かった赤ちゃんカル=エル(スーパーマン)を守るためにカーラも飛び立った直後、時間が止まった空間「ファントムゾーン」に迷い込み時間と共に成長も止まってしまったので今ではスーパーマンより年下。

「スーパーガール」というキャラクターはかつて(調べたら1984年だった)映画になっていたこともあるので見覚えがあるが、その数年前から日本のテレビ放送で「ワンダー・ウーマン」が放送されていたのを覚えている。ワンダー・ウーマンはスーパーマンの女性版だと、なんとなく感じていたので、スーパーガールの映画公開で「こっちが本物や!」となり、心の中では自動的に「ワンダー・ウーマン」がニセ者に成り下がった覚えがある。我ながら酷いヤツだな。

「スーパーガール」あらすじ(第1話より)

カーラ・ゾー=エル。12歳の時、後のスーパーマンとなるいとこのカル・エルとともにクリプトン星を脱出し、地球で育てられた彼女は、12年後、真の姿を隠し、ナショナル・シティのメディア女王キャット・グラントの元で働いている。だが、秘密機関DEOで働く姉のアレックスに協力を求められたことがきっかけで、ついにスーパーガールとしての活動を開始する。

© 2016 Warner Bros. Entertainment Inc. SUPERGIRL and all related pre-existing characters and elements TM and © DC Comics based on characters created by Jerry Siegel & Joel Shuster. SUPERGIRL series and all related new characters and elements TM and © Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

あらすじではカル=エルとともに脱出となっているが、“ともに”ではなく時間差で直ぐ後を追うように1人単身。そしてクリプトン星が爆発した衝撃波で航路が逸れ、ファントムゾーンへという流れ。そのエピソードを語る冒頭のシーンではカル=エル(スーパーマン)の赤ちゃん時代が登場。ちゃんと前髪が当時のスーパーマンのようにクリンとなっているのがかわいい。

出演は、メリッサ・ベノイスト(Melissa Marie Benoist)、カイラー・リー(Chyler Leigh)、メカード・ブルックス(Mehcad Brooks)、ジェレミー・ジョーダン(Jeremy Jordan)、デイヴィッド・ヘアウッド(David Harewood)、キャリスタ・フロックハート(Calista Flockhart)など。

メリッサ・ベノイストは映画「セッション」で主役のアンドリュー・ニーマン(マイルズ・テラー)のニコルという恋人になる女優。「セッション」は恋愛映画ではないので、いわゆる“チョイ役”止まり。

キャリスタ・フロックハート(キャット・グラント役)はあのハン・ソロやインディー・ジョーンズで有名なハリソン・フォードの妻。ドラマでは良いスパイスになっている。カーラ・ダンバース(スーパーガール)が地球人として働く巨大メディアグループ「キャットコー・メディア」のCEOを務め、カーラにとって直属の上司にあたる。カーラは日本で言うところの秘書みたいな役割を務めているのだがハッキリと「秘書」とは語られていないので実際どうなのだろう…アシスタント? スケジュールを管理し、朝にはコーヒーを渡し、高圧的に接せられる。あ…「プラダを着た悪魔」のアンドレア(アン・ハサウェイ)と同じ立ち位置か。

「秘密機関DEOで働く姉」とは地球に来てからのダンバース家で義姉となるアレックス・ダンバース(カイラー・リー)のこと。秘密機関、超常対策局(通称「DEO」)は政府の機関で地球外生命体いわゆる宇宙人などを管理している。スーパーマン(カル=エル)が先にいる世の中なので、宇宙人はごく当たり前に存在すると認識している設定。


はじめは微妙な感じが観進めると結構ハマる

TVドラマということもあるかも知れないが、はじめの頃は役者の演技もカメラワークも演出も微妙な感じがした。私だけかも知れないが、どうもDC系の実写版は映画も含め、場合によってはどこか日本で言う「特撮ヒーロー」的な演出で、言ってしまえば稚拙というか安っぽい印象があるものも多く、逆に言えばマジメで、汚いや下品、エロスなど一切感じさせない昔のNHKのような健全さがある(それらを取り込めば安っぽくならないという意味ではない)。そういう意味ではこの「スーパーガール」は正しい子供向けのTVドラマなのだろう。それが私の様なオッサンがDC系でもダークナイトや、マーベル系のヒーロードラマなど少し大人向け(少し影があったり、少し暗いトーンや計算されたカメラワーク)なヒーロー映画やTVドラマを期待して観てしまうと「アレ?」と思うことがある。

本作のスーパーガールもはじめの頃はDC系実写版らしく少し「アレ?」と思うところはあったが、「もう少し観てみよう」「次からカッコよくなるかも」と食い下がって観ていくと、そのまま本当にハマってしまった。ヒーローとして成長していき強靭な敵を倒してカッコよくなるというよりも人間関係の方が結構面白い。地球人のカーラ・ダンバースとして生きてゆく中で、お年頃の女の子としての悩みもあり、一方、スーパーガールとして活躍するなかで、ヒーローとしても悩む。それも自身の存在意義や人間関係で。もちろん、はじめはヒーローとして空回りするシーンも多く、回を重ねるごとにヒーローとして少しずつ成長していく過程も見られる。

「どうせ子供向けやろう」と、たかをくくっていたが、意外な良作かも知れない。ひと先ずシーズン1を全て見終わって続きが観たいと思ってシーズン2を選択すると、なんとAmazonプライムビデオではシーズン1のみが無料視聴できる状態。後はhuluに加入するか、もしくは有料で観ろとの表示が…。シーズン2以降はレンタル、もしくは購入(シーズン4まで)で、シーズン5は購入のみとなっている。レンタルでは1話200円より! 全シーズン、全話を観ようと思うと一体いくらかかるのか…DC系なのでNetflixに期待したいところだが、今はシーズン1すら登録されていない。続きは観たいがしばらく忘れよう。そうしよう。

 


「スーパーガール(ファースト・シーズン)」はAmazonビデオで無料で視聴できる。U-NEXTは現在(2020年3月29日時点)「見放題」に登録されているので無料視聴可能。NETFLIXは登録なし。

Amazonビデオで観る(字幕版) ▶

Amazonビデオで観る(吹替版) ▶



U-NEXTで観みる ▶

 


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 映画

  2. 映画

    トランスフォーマー/最後の騎士王,3D,ホームシアター
  3. 映画

    ゴジラ キング・オブ・モンスターズ,映画,ホームシアター
  4. その他

    ハンス・ジマー・ライブ・イン・プラハ, Hans Zimmer Live in Prague,Blu-ray,ホームシアター
  5. ホームシアター

    スプリッター,EDID保持,ホームシアター

アーカイブ




PAGE TOP

映画

ドルビーアトモスを楽しむなら押さえておきたい映画ソフト5選

映画

3D映画が好きなら押さえておきたい映画ソフト5選

トランスフォーマー/最後の騎士王,3D,ホームシアター

映画

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(原題:Godzilla: King of t…

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ,映画,ホームシアター

その他

輸入盤Blu-ray「ハンス・ジマー-ライブ・イン・プラハ」を入手

ハンス・ジマー・ライブ・イン・プラハ, Hans Zimmer Live in Prague,Blu-ray,ホームシアター

ホームシアター

Apple TV 4K の音声を最高音質のままOPPO UDP-203に送る

スプリッター,EDID保持,ホームシアター

映画

ジョーカー(原題:Joker)

ジョーカー,Joker,映画,ホームシアター

TVドラマ

トランスフォーマー: ウォー・フォー・サイバトロン・トリロジー(原題:Trans…

トランスフォーマー: ウォー・フォー・サイバトロン・トリロジー,Netflix

映画

スーサイド・スクワッド(原題:Suicide Squad)

スーサイド・スクワッド, ホームシアター, 映画,プロジェクター

TVドラマ

Netflixオリジナルアニメ「トランスフォーマー: ウォー・フォー・サイバトロ…

Netflix, トランスフォーマー ウォーフォーサイバトロン トリロジー:シージ

お知らせ

マランツ 8K UHD対応のA/Vアンプ、「SR 」シリーズで発表

marantz,sr8015,マランツ,A/Vアンプ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。