BenQ HT2550 注目の4Kプロジェクターが気になる|ホームシアターと映画で「家キネマ。」
BenQ HT2550,ホームシアター,プロジェクター

BenQ HT2550 注目の4Kプロジェクターが気になる

2018年の2月より発売されているBenQの4K HDR対応プロジェクター「HT2550」。発売以来ずっと気になっている。何と言っても4Kプロジェクターにして16〜18万円という市場価格。これはかなり魅力的な価格だ。3Dにも対応している。

2018年4月にJVCより「LX-UH1」という4Kプロジェクターが30万円前後の市場価格で5月下旬に発売予定がある。価格がBenQよりも高いうえ、3Dに対応していない。私としてはホームシアター用途としてプロジェクターを考えるので、3Dに対応していないのは候補から外れてしまう。ただJVCの映像描写はハイエンド機でかなり評価が高いので映りに関してはBenQよりも質は高いだろうと予想する。

表示方式はシングルDLP方式

BenQの4K HDR対応プロジェクター「HT2550」の映像投影方式は0.47インチのシングルDMDチップを使った「DLP方式」。劇場でも使われている方式だが家庭用とは使用するチップの大きさも数も違う。簡単にいうと劇場は1.3インチ(最近では0.67インチ)のDMDチップを3つ使用し、光の3原色(RGB)を各1色づつ担う。対して家庭用は1つのチップで3原色(RGB)を担うことになるのでカラーホイールという色つき(RGBRGB)の円盤を超高速回転させて透過させ色を掛け合わせる。こんな芸当ができるのもDLPの高速なスイッチング反応ならではなのだが、人によってはカラーブレーキングという色の残像が見える場合がある。私は気にならなかった(見ようと思っても見えなかった)が、購入を検討するなら一度は必ずショップで試聴した方がいいだろう。4Kもネイティブではなく描画の高速スイッチングによる、いわゆる「疑似4K」表示だが価格的に考えてもネイティブ4Kを表示できるDMDチップなど搭載できるはずはない。

ちなみに、普及率の高いミドルクラスのモデルに多く採用されているのが3枚の透過型液晶パネルを使った「3LCD方式」。私が現在使用しているEPSONのEH-TW6600もこの3LCD方式だ。もうひとつの方式がハイエンド機に多い、反射型液晶パネルを用いた「LCOS方式」と呼ばれるもの。透過型液晶パネルよりもドットが目立たず、なおかつネイティブコントラストが高い。

価格的に魅力はあるがセッティングにやや難あり

HT2550の輝度は2200ルーメンあるので、リビングで少々の明るさがあっても視聴には十分な明るさがあるものの、コントラスト比は10000:1なので最近のホームシアター用プロジェクターとしては、やや甘い気もするがある程度の暗室であれば問題ないレベルのはず。運転音が標準モードで33dBなので目の前に本機を置いての視聴は音が気になるレベルなので後方に離して置く方がよさそうだ。

1.2倍のズームレンズで投影距離が約3.25mあれば100型で表示が可能だ。台形補正は縦自動±40°あるが、横方向の台形補正はできない。また、レンズシフト機能はないので投影する位置はしっかりとセンターに持ってくる必要がある。このことからセッティングに少々手間取ることになるが、このあたりはこの価格ならではかも知れない。4K HDRプロジェクターの普及価格となるBenQ HT2550はセッティングに問題無ければかなり魅力的に見える。

4K HDRに手が届く範囲にあるプロジェクター

現状のプロジェクター(EH-TW6600)でも映画を観るだけなので概ね満足はしている。ハイエンド機の2Kプロジェクターとスペックを比較すれば当然見劣りしてしまうが映画を観ているときはそんなこと忘れて映画を楽しんでいる。しかし4K HDRと比較となれば話は別。最近4K UHDのパッケージが増えてきた映画ソフト。3D版を入手するために、4K環境もないのにやむを得ず“抱き合わせ”で買わされることも多い。物理的なディスクメディアを持つ以上は無駄にできないし、いずれは4Kプロジェクターで鑑賞したいとも思う。このBenQ HT2550はセッティングの面さえクリアすればホームシアター用の4K HDRプロジェクターとしての合格ラインは問題無くクリアしているだろう。設置場所を固定するなら一度セッティングしてしまえば、次からはデメリットになっているセンター合わせも必要なくなる。

今までは4Kプロジェクターは高価なハイエンド機だったので、それが手に届く範囲にきていることは素直に喜ばしいことだ。3Dにも対応し、現在市販されている普及型4Kテレビと値段的には変わらないが画面サイズがまるで違う。100インチ以上の4Kテレビがあったとしても私が買える値段ではないはず。そしてなによりも邪魔だ。

ここに来てやっと4K HDRプロジェクターにお手頃価格の機種が登場し始めた。BenQのHT2550を機に今後各社が手頃な4Kプロジェクターを発売するかも知れない。ユーザーにとっては嬉しいが、表示能力は4Kを満たしてもハイエンド機ほどの性能を持っていないことは明か。お財布事情と相談して性能面でどこを妥協するか検討する必要がある。

最近は3D版の抱き合わせで買わされた4K UHD版ディスクが数枚手元にあるため、4K HDRの表示ができるプロジェクターやテレビにやたら目がいく…。先にAVアンプのアップグレードをしたいのだが、ホームシアター用の貯金ができたらついうっかりポチりそうで怖い。

〈BenQのホームページ〉 http://www.benq.co.jp/

 



BenQ ホームプロジェクター HT2550
(DLP/4K/2200lm/HDR対応/映画鑑賞/ホームシアター)

商品詳細を見る ▶

 

 

3D Glasses DGD5

商品詳細を見る ▶

 


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ホームシアター

    DENON SC-A17,サラウンドバック・スピーカー,IMAX Enhanced
  2. お知らせ

  3. ホームシアター

    IMAX Enhanced,SR8012,ホームシアター
  4. ホームシアター

    サラウンドスピーカー,ホームシアター,ディフューズサラウンド
  5. お知らせ

    マランツ,AVアンプ,SR8012,IMAX Enhanced

アーカイブ




PAGE TOP

ホームシアター

結局はサラウンド・バック・スピーカーも“プチ”アップグレード

DENON SC-A17,サラウンドバック・スピーカー,IMAX Enhanced

お知らせ

やっと発売か!映画「ターミネーター2」3D エディション

ホームシアター

IMAX Enhancedでマランツ SR8012はイマーシブなサウンドに

IMAX Enhanced,SR8012,ホームシアター

ホームシアター

ダイレクトサラウンドか、デフューズサラウンドか

サラウンドスピーカー,ホームシアター,ディフューズサラウンド

お知らせ

マランツのAVアンプ SR8012にIMAX Enhanced キタ!

マランツ,AVアンプ,SR8012,IMAX Enhanced

映画

ハート・オブ・ウーマン(原題:What women want)

ハート・オブ・ウーマン,ホームシアター,映画

ホームシアター

サラウンドスピーカーをDENON SC-A17に交換

DENON SC-A17,サラウンドスピーカー,ホームシアター

ホームシアター

DENON SC-A17でサラウンドスピーカーを“プチ”アップグレード

DENON SC-A17,サラウンドスピーカー,ホームシアター

TVドラマ

ブラックリスト(原題:THE BLACKLIST)

ブラックリスト,海外ドラマ,ホームシアター

ホームシアター

サブウーファー、DALI SUB E12Fを使った映画鑑賞

DALI,SUB E12F,サブウーファー,ホームシアター
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。