スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃,ホームシアター,プロジェクター

スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃(原題:Star Wars: Episode II Attack of the Clones)

映画「スター・ウォーズ」の公式的なシリーズとして、私の中では無かったことにしたい3部作の第2弾。2002年公開された、ジョージ・ルーカス(George Walton Lucas, Jr.)監督作品。後のダースベイダーとなるアナキン・スカイウォーカーを主人公とした3部作の第2章。この作品から途端に政治的な内容が濃くなり子供向けではなく、より大人に向けた映画として作られている感が強い。「スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス」から約10年後の“はるか彼方の銀河系で…”巻き起こる内容。方や銀河共和国の未来を左右する出来事が起きながらも、方やアナキンの鼻の下がどこまでも伸びる物語。

Blu-ray仕様:本編143分、2.35:1
英語:6.1ch DTS-HD マスター・オーディオ、日本語:5.1ch DTS
商品詳細を見る ▶

この作品からジョージ・ルーカスが全編デジタルカメラを用いた撮影に切り替えている。人物撮影も背景が全てグリーンバックを使った合成映像なのだが今ほどの技術もないので、もの凄い違和感がある。よくみると人物の肌にグリーン色が回り込んでしまい“色被り”しているカットも確認できる。しかし長編映画として全編デジタル撮影された映画は本作「スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃」が初めてで、これ以降に映画界では急速にデジタル撮影が進んだ。「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望」からサラウンドを普及させ、「スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃」でデジタル撮影を普及させたジョージ・ルーカス。やはりただ者ではない。

「スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃」あらすじ

惑星ナブー侵略から10年。20歳になったアナキン・スカイウォーカー(ヘイデン・クリステンセン)はジェダイの騎士オビ=ワン・ケノービ(ユアン・マク レガー)のパダワンになっていた。分離主義勢力と共和国の間で戦争の気運が高まる中、惑星ナブーの元女王であるパドメ・アミダラ議員(ナタリー・ポートマ ン)暗殺未遂事件が起こる。アミダラの護衛の命を受けたアナキンは、その過程で恋に落ちるとともに自らの暗黒面を知る。そして遂にアナキン、アミダラ、オビ=ワン・ケノービは激しさを増す銀河星系間の衝突とクローン大戦に身を投じることになる。

™ and © 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved. © Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

出演は、ユアン・マクレガー(Ewan Gordon McGregor)、ナタリー・ポートマン(Natalie Portman)、ヘイデン・クリステンセン(Hayden Christensen)、イアン・マクダーミド(Ian McDiarmid)、アンソニー・ダニエルズ(Anthony Kingsley Daniels)、ケニー・ベイカー(Kenny George Baker)、サミュエル・L・ジャクソン(Samuel Leroy Jackson)、フランク・オズ(Frank Oz)、クリストファー・リー(Sir Christopher Frank Carandini Lee)、ジミー・スミッツ(Jimmy Smits)、テムエラ・モリソン(Temuera Derek Morrison)、ダニエル・ローガン(Daniel Logan)、アーメド・ベスト(Ahmed Best)、リーアム・ニーソン(William John “Liam” Neeson OBE)[声の出演のみ]、など。

オビ=ワンとフェット親子。ボバ・フェットは旧3部作まで謎めいた人気キャラクターだっただけに顔を晒して欲しくなかった。

やたらとニヤつくアナキンにムカつく

本編が始まると集中して観ようと思ったのだが、青年になったアナキン・スカイウォーカー(ヘイデン・クリステンセン)がパドメ・アミダラ(ナタリー・ポートマン)と再開すると、あの「スター・ウォーズ エピソード1」の時代の純粋なアナキンはどこへやら…ニヤニヤとニヤつく。後半はマシになるがアナキンのニヤつく顔に腹が立ち、もう映画に集中出来ない。この時点で既にアナキンはダークサイドに落ちているのではないかと思ったくらいだ。そんな事にムカつく心の狭い私もダークサイドに落ちている気がする。

そしてジャー・ジャー・ビンクスがパドメの代理人になっている。一体どうなっているのだ今回のストーリーは…その2つが気になってストーリーが全然入ってこない。パドメが自らジャー・ジャーに代理を依頼したことは映画を観た後で分かった。

アナキンのニヤついた顔を載せるわけにはいかないので、これくらいで。

マスター・ヨーダが劇場初のライトセーバー戦

本作の注目の一つはフルCGのヨーダ…ではなく、そのヨーダが映画では初めてライトセーバーを使い闘うシーンだろう。これが想像していた戦い方と全然違い、意外な戦い方をする。本作を劇場で初めて観たときは「マジか…ヨーダ」と心の中でつぶやいた。いや…あの戦い方が好きな人はいるだろうが私のイメージと大きく違っただけ。

ヨーダがライトセーバーを抜くまでは戦いぶりを楽しんでいたが、いざライトセーバーの戦いになると…アレ?

何だこの映画は…スター・ウォーズなのか

今回は前作「エピソード1」とは違うだろうと、意気揚々と劇場に観に行ったが終始「何か違う」感が頭の中に漂った。私の中では一番「無かったことにして欲しいスター・ウォーズ」かも知れない。各部分的に観ると面白いところや「ああ、スター・ウォーズだな」な所も見受けられる。だが、それは「スター・ウォーズっぽい」だけであって自分の中では嫌いな食べ物を鼻を摘まんで飲み込むような随分と妥協した考え方だ。大きな流れとストーリーだけ把握して、安っぽく見える細かいやり取りやディテールにはこだわらない、ファンにとってはそれを余儀なくされる「スター・ウォーズ」映画。

ジェットコースターを楽しんでいる2人ではない。終始「何かが違う」と感じるエピソード2。CGを使った合成が全体的に安っぽい。

 



スター・ウォーズ コンプリート・サーガ
ブルーレイコレクション(9枚組) (初回生産限定) [Blu-ray]

商品詳細を見る ▶
スチールブックなんて要らないし、シリーズ1枚1枚買うよりエピソード1〜6までを一気に観たい方はこちらの「コンプリート・サーガ」がオススメ。特典Blu-rayが3枚付いている。私も各エピソードのDVD版を持っていたが、こちらのBlu-ray版セットを買い足した。値段だけ見ると少々高いのがネックだが、シリーズ6作+特典で、本編シリーズだけでもBlu-ray版1作あたり約2,200円の計算。「スター・ウォーズ」ファンにとってはコレクションとして。

「スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃」はプライムビデオには登録されていないが、Amazonビデオとしては登録されているので有料レンタルなら視聴することができる。U-NEXTは有料orポイントで観ることができる(月々もらえるポイントで実質無料視聴は可能)。NETFLIXにはラインアップされていない。ディズニーも独自のVODに着手するようなので今後も無料視聴できることは無いと思われる。最悪な場合、ディズニーコンテンツは他社のVODラインアップから消え、有料視聴すらできなくなる可能性がなきにしもあらず。

Amazonビデオで観る(字幕版) ▶

Amazonビデオで観る(吹替版) ▶




U-NEXTで観みる ▶

 


Amazonプライムビデオを観るならスマホよりも、やはりFire TVが使いやすい。自宅にWi-Fi環境さえあればテレビに繋ぎ、後は画面指示に従うだけで簡単にセットアップは完了する。音声認識でも検索できて、NEWモデルのFire TVは4K HDRやドルビーアトモスにも対応している(Stickは未対応)。U-NEXTやNETFLIX、huluやDAZNをインストールすればこのデバイスで観ることができる。


Fire TV (New モデル)
4K・HDR 対応、音声認識リモコン付属

商品詳細を見る ▶


Fire TV Stick
音声認識リモコン付属

商品詳細を見る ▶

 


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 映画

    ターミネーター2,ホームシアター,映画
  2. お知らせ

    ターミネータ2 3D Blu-ray,映画,ホームシアター
  3. ホームシアター

    アナモフィックレンズ,プロジェクター,ホームシアター
  4. 映画

    IMAX,キャプテン・マーベル,映画
  5. その他

    ホームシアター,プロジェクター,打ち込み角,オフセット

アーカイブ




PAGE TOP

映画

ターミネーター2(原題:Terminator 2: Judgment Day)

ターミネーター2,ホームシアター,映画

お知らせ

「ターミネーター2 」3D版が到着

ターミネータ2 3D Blu-ray,映画,ホームシアター

ホームシアター

SLR MAGIC Anamorphot 1.33x 50 アナモフィックレンズ…

アナモフィックレンズ,プロジェクター,ホームシアター

映画

IMAXレーザー/GTテクノロジー 3D鑑賞「キャプテン・マーベル(原題:Cap…

IMAX,キャプテン・マーベル,映画

その他

プロジェクターの打ち込み角って何?

ホームシアター,プロジェクター,打ち込み角,オフセット

お知らせ

予告:キャプテン・マーベル(原題:Captain Marvel)

その他

古いスピーカーやアンプ等をドナドナ

ホームシアター,プロジェクター,映画

その他

音を言葉で表現。これ、わかる?

JBL S3100,スピーカー,オーディオ,ホームシアター

TVドラマ

ロスト(原題:LOST)

映画

MEG ザ・モンスター(原題:The Meg)

MEG ザ・モンスター,ホームシアター,映画
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。