アイアンマン2,ホームシアター,プロジェクター

アイアンマン2(原題:Iron Man 2)

2010年公開、ジョン・ファヴロー(Jon Favreau)監督による前作「アイアンマン」(2008年公開)の続編。主演のロバート・ダウニー・Jr.は、ここのところ立て続けにマーベル系映画にアイアンマンとして登場するので、もう何に主演してもアイアンマンのトニースタークにしか見えなくなった。私が心配することでは無いが、このまま高齢になってもまさかアイアンマンのままとはいかないだろう。この作品には敵役としてミッキー・ロークが出演している。私が好んで鑑賞する映画にはなかなか登場しないのでこの映画で久々に目にした気がする。なお、この「アイアンマン2」からガッツリとマーベル・シネマティック・ユニバースに組み込まれている。

Blu-ray仕様:本編125分 アスペクト比:2.35:1
英語:5.1ch DTS-HD Master Audio、日本語:5.1ch サラウンド
商品詳細を見る ▶

私が所有しているのはブルーのトールケースだった頃の2枚組パッケージ。特にBlu-rayの内容は変わらないと思うのだが、こちらの乳白色のトールケース版の方が安い。

「アイアンマン2」あらすじ

ヒーローになった男、トニー・スターク。次なる試練。自らアイアンマンであることを告白した大企業スターク・インダストリーのCEO、トニー・スターク。そんな彼に新たな危機が迫っていた。まず、米国政府がパワードスーツの没収を命令。そして、彼に恨みを抱く謎の男“ウィップラッシュ”が一撃で車を真っ二つにする電流ムチを携えて現れ、ライバルの武器商人ハマーも独自のパワードスーツを開発する。そんな中、胸に埋め込んだエネルギー源“リアクター”の影響でトニーの体は蝕まれていき…。

© Disney

出演はロバート・ダウニー・Jr(Robert Downey Jr.)、グウィネス・パルトロー(Gwyneth Kate Paltrow)、ドン・チードル(Donald “Don” Frank Cheadle Jr.)、スカーレット・ヨハンソン(Scarlett Ingrid Johansson)、ミッキー・ローク(Mickey Rourk)、サム・ロックウェル(Sam Rockwell)、サミュエル・L・ジャクソン(Samuel L. Jackson)、ジョン・ファヴロー(Jon Favreau)、クラーク・グレッグ(Clark Gregg)など。

本作ではマーベル・シネマティック・ユニバースとしてブラック・ウィドウ(スカーレット・ヨハンソン)が初登場する。同じマーベル・シネマティック・ユニバースとしてニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン)は前作の「アイアンマン」で登場している。

「アイアンマン2」ではマーベル・シネマティック・ユニバース作品としてブラック・ウィドウ登場。

アベンジャーズをプンプン匂わせる一品。

「アイアンマン2」ではド派手な登場

前作「アイアンマン」ではトニー・スタークがアイアンマンになるまでと、なってからの戦いがメイン。今回はアイアンマン(トニー・スターク)は既に世に知られた存在になっているので、劇中最初の登場の仕方もトニー・スタークらしくプレゼンのようにド派手な演出になっている。これがなかなかバカっぽくて面白い。この辺のトニー・スタークのセレブ感というか“ひけらかし”感が「アイアンマン」の面白さにつながっている。同じ大富豪であるDCコミックスの「バットマン」ことブルース・ウェインとは性格が全く違う。

どんな登場の仕方…。バックダンサーがアイアンマンコスプレ。胸にはアークリアクター。ちゃんと足の裏も光る。

序盤からいきなり敵役ミッキー・ロークが暴れる

トニー・スタークが参戦するモナコのレースに整備士に扮してコース上に現れたと思うと、いきなり向かってくるF1マシンをムチのような兵器で破壊するウィップラッシュ。序盤から早々に登場するのはなかなか大胆。ミッキー・ロークだから敵役としても序盤から登場させて出演時間を長くしたかったのか、本人が希望したのか…。他の役者がするとそれほど思わないのに、なんかミッキー・ロークがそうなると「いやしさ」がにじみ出ているように感じるのは極めて個人的な感想。

ウィップラッシュという役だが、ミッキー・ロークほぼそのままで登場してきたイメージ。アクが強すぎる。

モナコ グランプリなのか…な?

序盤にトニー・スタークがモナコのレースに参戦するコースは本物のF1レース、モナコグランプリが行われるモンテカルロ市街地コースっぽいが…。F1レースは好きなので良く観るコースなのだが、映画ではちょっと違和感を覚えたので改めて調べたら一部は本物を撮影し、あとはスタジオの駐車場に作った再現コースらしい…凄い。F1マシン自体は古い車種だが一部が本物。あとは再現で数を増やしている。

レースを逆走するロールスロイス。何故か1台もクラッシュしない奇跡。

 

 


商品詳細を見る ▶

アイアンマンは、やられた時やぶつかった時に「カンッ!」や「ガンッ!」など“鉄”がぶつかる音が心地良い。ちゃんと重そうなイメージを映像と音で表現している。トニー・スタークのいい加減に見える性格が一見チャラく見えるが実は秘書のペッパー(後のCEO)を大好きなのが、見てて微笑ましく可愛らしい。今回はアイアンマンと同じくパワードスーツを着て活躍する“ローディ”ことジェームズ・ローズ中佐は前作のテレンス・ハワード(Terrence Howard)からドン・チードルに役者が変わっている。立て続けに見ると黒人という共通点はあるが違和感がありすぎる。テレンス・ハワードは前作の「アイアンマン」では劇中で「次の機会だな」って言ってたのに…結局本人は着られずじまい。

「アイアンマン2」は現在(2018年6月7日時点)、Amazonプライムビデオ、U-NEXT共に有料レンタル版のみ。NETFLIXは登録されていない。唯一「アイアンマン2」を無料で視聴できるのは加入者に毎月1200ポイントが自動で加算されるU-NEXT。そのポイントを使って観るしかない(アイアンマン2で324ポイント)。月額利用料は他のVODと比べて少々高いが、毎月1200ポイントが加算されるので観たい映画は登録されてさえいれば「実質無料」で観ることができる。自動付加ポイントには期限があるので使わないと損。

Amazonビデオで観る(字幕版) ▶

Amazonビデオで観る(吹替版) ▶




U-NEXTで観みる ▶

 


AmazonビデオやU-NEXTを観るならスマホよりも、やはりFire TV(またはFire TV Stick)が使いやすい。自宅にネット(Wi-Fi)環境さえあればテレビに繋ぎ、後は画面指示に従うだけで簡単にセットアップは完了する。音声認識でも検索できて、NEWモデルのFire TVは4K HDRやドルビーアトモスにも対応している(Stickは未対応)。NETFLIXやhulu、DAZNをインストールすればこのデバイスで観ることができる。Wi-Fi環境がない、もしくは、通信速度を安定して上げたいなどの理由で有線で接続するには別途アダプタが必要なので注意。


Fire TV (New モデル)
4K・HDR 対応、音声認識リモコン付属

商品詳細を見る ▶


Fire TV Stick
音声認識リモコン付属

商品詳細を見る ▶



Amazon イーサネットアダプタ
[Fire TV Stick (New モデル)、Fire TV (New モデル) 対応]

商品詳細を見る ▶

 


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. その他

    ホームシアター,Vストレッチ,アナモフィックレンズ,シネスコ,シネマスコープ
  2. ホームシアター

    BenQ HT3550,プロジェクター,比較,ホームシアター
  3. ホームシアター

    BenQ HT3550,プロジェクター,ホームシアター
  4. ホームシアター

    ANSIコントラスト,ホームシアター,プロジェクター
  5. ホームシアター

    BenQ HT3550,ホームシアター,プロジェクター

アーカイブ




PAGE TOP

その他

あれ?OPPO UDP-203のVストレッチが4K UHDで効いた!?

ホームシアター,Vストレッチ,アナモフィックレンズ,シネスコ,シネマスコープ

ホームシアター

BenQ HT3550とEPSON EH-TW6600との映像比較

BenQ HT3550,プロジェクター,比較,ホームシアター

ホームシアター

BenQ HT3550で3D映画鑑賞

BenQ HT3550,プロジェクター,ホームシアター

ホームシアター

プロジェクターのコントラスト比、FOFOとANSIによるの数字トリック

ANSIコントラスト,ホームシアター,プロジェクター

ホームシアター

BenQ HT3550 4Kプロジェクターのセットアップと映像投影

BenQ HT3550,ホームシアター,プロジェクター

ホームシアター

「家キネマ。」の機器全てを4K60Hz対応に

プロジェクター,4K UHD,BenQ HT3550

ホームシアター

4Kプロジェクター「BenQ HT3550」設置とファース・トインプレッション

BenQ HT3550,ホームシアター,プロジェクター

お知らせ

BenQからオファー!

BenQ HT3550,ホームシアター,プロジェクター

映画

IMAXレーザー/GTテクノロジー 3D鑑賞「アベンジャーズ/エンドゲーム(原題…

IMAX Expocity Osaka,映画

ホームシアター

アナモフィックレンズを使ったシネスコ映画はこう見える

プロジェクター,アナモフィックレンズ,映画,ホームシアター
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。