マイティ・ソー/ダーク・ワールド,ホームシアター,プロジェクター

マイティ・ソー/ダーク・ワールド(原題:Thor: The Dark World)

アラン・テイラー(Alan Taylor)監督による2013年公開(日本は2014年)の「マイティ・ソー」の続編。また、マーベル・コミックの世界観を同一世界とする「マーベル・シネマティック・ユニバース」シリーズでもある。

最近のマーベル系映画はほとんどがマーベル・シネマティック・ユニバースなのでもう、こんな長たらしい名前で呼ぶのは止めれば良いのにと思ってしまう。略して「MCU」とも言うがそもそも、そう言う必要があるのかと思う程ここ最近全てのマーベル系の映画は全て同一世界だ。

Blu-ray仕様:本編112分 アスペクト比:2.4:1
英語:7.1ch DTS-HD Master Audio、日本語:7.1ch DTS-HD Master Audio
商品詳細を見る ▶

前作同様、貯まっているU-NEXTのポイントで視聴。アスペクト比がBlu-rayは2.4:1に対してU-NEXTでは1.78:1(16:9)のテレビ画面比率で両側をカットしている。前作を観た感じではBlu-rayを購入するに至らなかったので今回もVODで。アスペクト比を勝手に変えられるのは気に入らないが、つくづく便利になったなぁと実感した。Blu-rayには3D版もあるがポストプロダクション(撮影後編集)による3D化。

「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」あらすじ

『アベンジャーズ』の戦いから1年 ― 全宇宙をも征服する“闇の力”から地球を救うため、アベンジャーズ最強の男ソーは、宿敵ロキとともに立ち上がる。はたしてロキは敵か味方か?

©Disney

出演は、クリス・ヘムズワース(Chris Hemsworth)、ナタリー・ポートマン(Natalie Portman)、トム・ヒドルストン(Thomas William Hiddleston)、アンソニー・ホプキンズ(Anthony Hopkins)、ステラン・スカルスガルド(Stellan Skarsgård)、イドリス・エルバ(Idris Elba)、クリストファー・エクルストン(Christopher Eccleston)、アドウェール・アキノエ=アグバエ(Adewale Akinnuoye-Agbaje)、カット・デニングス(Kat Dennings)など。

前作に続き、浅野忠信やジェイミー・アレクサンダー(Jaimie Alexander)らも出演しているが、今回はかなり控えめの出演。なお、ジョシュア・ダラス(Joshua Dallas)は降板して、代わりにザッカリー・リーヴァイ(Zachary Levi Pugh)がウォリアーズ・スリーのファンドラルを演じている。

ロキが活躍する映画で敵の存在感がとにかく薄い

本作は、ソーとロキの関係や絡みが主体となっているので敵の存在感がとにかく薄い。映像は流石に現代風で凝っているが見た目も地味で、今回の敵であるマレキスの下っ端の軍団はまるで昔の仮面ライダーの“ショッカー”かと思うレベル。…なんだコレ、オモシロ・ヒド過ぎる。やっつけ仕事感が酷い。

ズル賢く裏切り者のロキだが、意外とファンも多く支持されていてるようなので、本作はロキのファンにとっては良かったのではないだろうか。意外なセリフや意外な一面も見せるのだが、ロキの場合はどこまでが本気(本音)なのか観ている方は分からない。今後どのようにストーリーが転んでも「ロキだから」で済ませられる脚本家にとっては都合の良いキャラクター。

裏切り者のロキだが意外に支持されている。

本作ではロキの意外な一面を見ることができる。

最後のバトルはちょっとコントじみている

詳細は実際に観て頂くとして、ソーとマキレスの最終バトルは空間移動(ワープ)しながらのバトルになる。この時、ソーのハンマー「ムジョルニア」が投げられるが空間移動しながら二人が絡み合っているのでハンマーがソーの手元に戻るまでに、まるで生きているかの様に右往左往する。なんか必死にソーを追いかけて戻ろうとするハンマーが健気に見えてくる。

マイティ・ソー/ダーク・ワールド,ホームシアター,プロジェクター

ハンマー「ムジョルニア」が健気なのだ。単なる武器ではなく個性を持ったキャラクターに見えてくる。

コント的な内容と地味な映像で気持ちがついて行けない

強大な敵と戦うわりには絵面が地味で存在感が薄く、パキッとした映像ではなく全体的に薄暗い色味の割にはコントの様なことをするので、真面目なのかギャグなのか全てが中途半端に見えてくる。ソーとジェーンとの恋愛劇も中途半端。しっかり内容を追いかければ面白い映画なのだが、気持ちが付いていかず大音量の中でもつい途中でウトウトとしてしまった。個人的にはやはり「アベンジャーズ」として絡む方が面白い。

このシーン、ソーの力で円形状に雨が降らない部分が…。傘要らずで便利だろうな。

 


商品詳細を見る ▶

マーベルがディズニー傘下になってからの初期の頃のBlu-rayであり、残念ながら3D版購入には本製品に付いているマジックコードを使いディズニー公式サイトにアクセスする必要がある。中古で購入してマジックコードが使用されていたら3D版は購入できないということになるし、今から新品を購入してもマジックコードを使って3D版が購入できるのかどうかは分からない。

この頃のマーベル系の3Dは期待できないので個人的にはリスクを冒してまで購入する必要はないと思うが、3D版を入手したい人は公式サイトで事前に問合せしておいた方が良さそうだ。3D版の単品をAmazonで見つけることもできたが価格が無駄に高い。


「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」は現在(2018年7月11日時点)、Amazonビデオでは有料レンタル、U-NEXTでポイントを使って視聴できる。NETFLIXは登録されていない。U-NEXTは毎月自動的に1200ポイントが付与されるので、それを使えば新着映画を実質無料で視聴できる。ポイントは期限が過ぎると失効されるので使わないと損。

Amazonビデオで観る(字幕版) ▶

Amazonビデオで観る(吹替版) ▶



U-NEXTで観てみる ▶

 


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. お知らせ

    star wars ep9
  2. ホームシアター

    SLR MAGIC Anamorphot 1.33x 50,ホームシアター,プロジェクター,シネスコ
  3. ホームシアター

    SLR MAGIC Anamorphot 1.33x 50,アナモフィックレンズ,ホームシアター,プロジェクター
  4. ホームシアター

    アナモフィックレンズ,固定器具,ホームシアター
  5. 映画

    ターミネーター2,ホームシアター,映画

アーカイブ




PAGE TOP

お知らせ

予告:スターウォーズ/ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー(原題:Star War…

star wars ep9

ホームシアター

SLR MAGIC Anamorphot 1.33x 50 設置からのピント調整…

SLR MAGIC Anamorphot 1.33x 50,ホームシアター,プロジェクター,シネスコ

ホームシアター

アナモフィックレンズ SLR MAGIC Anamorphot 1.33x 50…

SLR MAGIC Anamorphot 1.33x 50,アナモフィックレンズ,ホームシアター,プロジェクター

ホームシアター

SLR MAGIC Anamorphot 1.33x 50 アナモフィックレンズ…

アナモフィックレンズ,固定器具,ホームシアター

映画

ターミネーター2(原題:Terminator 2: Judgment Day)

ターミネーター2,ホームシアター,映画

お知らせ

「ターミネーター2 」3D版が到着

ターミネータ2 3D Blu-ray,映画,ホームシアター

ホームシアター

SLR MAGIC Anamorphot 1.33x 50 アナモフィックレンズ…

アナモフィックレンズ,プロジェクター,ホームシアター

映画

IMAXレーザー/GTテクノロジー 3D鑑賞「キャプテン・マーベル(原題:Cap…

IMAX,キャプテン・マーベル,映画

その他

プロジェクターの打ち込み角って何?

ホームシアター,プロジェクター,打ち込み角,オフセット

お知らせ

予告:キャプテン・マーベル(原題:Captain Marvel)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。