OPPO UDP-203,ユニバーサルプレーヤー,ホームシアター

OPPO UDP-203及び205のファームウェアアップデートでドルビー・ビジョン関連の改善

本日2018年7月18日にOPPO UDP-203/205のファームウェアがにアップデートされた。最新バージョンは「20XJP-60-0625」。ファームウェアの更新にはOPPO本機の入力ソースが「HDMI IN」など他の入力モードになっているとメニュー自体がグレーアウトされて選択ができないので、必ずホーム画面が表示される「BLU-RAY PLAYER」モードの状態になっている事を確認しよう。また、アップデート後は一度工場出荷状態にリセットしないと動作が不安定になる場合があるので一度、工場出荷状態にリセットする事をお勧めする。

今回のアップデート内容は以下の通り。(OPPO Digital Japan株式会社より内容抜粋)

  1. Dolby Vision信号を出力する際にSONY製の一部のディスプレイ機器との互換性を図るための「プレーヤー主動」モードを追加しました。
  2. 「ドルビー・ビジョン」強制出力機能を追加しました。本機能は「HDR」下のメニューで設定することができます。この設定項目は、HDMI出力から出力される信号をDolby Vision形式の信号に強制的に変換することが可能である環境下で有効になります。
  3. 「ドルビー・ビジョン・プロセッシング」設定機能を追加しました。本機能は「HDR設定」下のメニューで設定することができます。この設定項目は、Dolby Visionの信号処理をディスプレイ側で行うか、UDP-20xシリーズで行うかを設定することができます。
  4. 【UDP-205のみ】USB DAC入力経由でのMQAデータのコアデコード再生機能を追加しました。
  5. 【UDP-205のみ】USB DAC入力時に、入力されたデータをアップサンプリング(44.1k→88.2k/48k→96kのみ)する機能を追加しました。本機能は「オーディオ出力設定」下のメニューで設定することができます。
  6. 全般的なUHD BDディスクその他のディスクの再生互換性を向上させました。

過去のファームウェアで追加された全ての機能と改善点は本バージョンに搭載済みです。

上記詳しくは、OPPO公式サイトのUDP-20xシリーズ、ソフトウェア・アップデート(https://www.oppodigital.jp/support/software-update/download-bdp-20x/)をご確認いただきたい。

また、UDP-205(UDP-203は対象外)をUSBDACとしてMQA形式の再生をする際、上記本体ファームウェア・アップデート後に別でUSBDACのファームウェア・アップデートが必要になる。詳しくは、OPPO公式サイトの「USBDACファームウェアについて」(https://www.oppodigital.jp/faq/udp-205-usbdac-mqa/)をご確認いただきたい。

OPPO UDP-203ファームウェア・アップデートの方法

自宅にインターネット回線(有線 or Wi-Fi)があり、自動更新に設定している人は起動時に自動的に更新されるので画面指示に従うだけで終了するので特に難しくはない。手動でアップデートする方法は以下の通り。上記でも述べた様に入力モードは「BLU-RAY PLAYER」になっている事を確認。プレーヤーのホーム画面が表示されていればOK。その画面からメニューの「設定」を選択する。もしくはリモコンの「スパナ」ボタンを押す。

 

1. 設定メニューの「機器設定」を選択。

 

2. 「ファームウェア更新」を選択。

 

3. 「ネットワークから」を選択。ファームウェアの更新プログラムがUSBやCD経由の場合はメディア媒体を選択。

 

4. 画面で確認表示されるので更新するファームウェアのバージョンを確認し、「はい」を選択。

 

5. ファームウェアがダウンロードされる。

 

6. ファームウェアを更新する際の注意事項が表示されるので「確認」を選択するが、放って置いても数秒後に実行される。

 

7. 再起動後はファームウェアが正しく更新されているか確認。赤丸に囲んだ部分の表示にバージョンが表示されている。(赤丸は表示されません)

 

ファームウェアのアップデート後はそのまま使用すると動作が不安定にあることもあるため、念のために一度工場出荷状態(ユーザー情報は保持したままでOK)に戻す事をお勧めする。

今回のアップデートでDolby Visionの信号処理に関するアップデートが行われている。以前から気になっていた4K UHDディスク(Dolby Vision)を再生すると(4K視聴環境がないので1080pにダウンコンバート)、強制的に画面アスペクト比が「フルモード」に固定されアナモフィックレンズを使用するためのVストレッチが掛からなくなるのが改善されていたら嬉しいのだが…。4K環境がないので個人的には対応を急いではいないが、気になる性分な者で…。

実は今朝アップーデートを実行しただけで、4K UHDディスクメディアを挿入して確認するまでには至らなかった。

2018年7月19日追記)確認したところ残念ながらDolby Visionに対する本機側のVストレッチは効かなかった。相変わらず「ビデオ設定」の項目自体がグレーアウトされ何もできないので、4K UHDディクスはアナモフィックレンズを使用した映像を正しく投影することができない。これは私のダウンコンバートされる2K環境ならではなのかもしれない。Dolby Visionで再生されるディスクは「ビデオ設定」で何もできない。Dolby Vision再生でもVストレッチくらいしても良いと思うのだが…ダメなのか。

 

OPPO UDP-203、及び205は優れたユニバーサルプレーヤーだと思う。DACとしても優秀で、UDP-205はいまだに評価が高い。UDP-203はサウンド周りに関しては205に及ばないものの充分な性能を持っておりコストパフォーマンスに優れている。しかし、残念ながらOPPO Digital社が企画・開発を終了してしまったため、現在は販売とファームウェア・アップデートを含む各種サービスのみ対応となっている。現行品の販売は継続するとのことなのでUDP-203、205共にいずれは入手可能なはずなのだが、現在生産が追いついていないのか在庫切れとなっている。プレミア価格で販売するショップもある様だが、焦らず適正価格で購入することをオススメする。

 



オッポ ユニバーサル/UHD BD プレーヤー
OPPO UDP-203

商品詳細を見る ▶

オッポ ユニバーサル/UHD BD プレーヤー
OPPO UDP-205

商品詳細を見る ▶
 


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ホームシアター

    BenQ HT3550,ホームシアター,プロジェクター
  2. お知らせ

    BenQ HT3550,ホームシアター,プロジェクター
  3. 映画

    IMAX Expocity Osaka,映画
  4. ホームシアター

    プロジェクター,アナモフィックレンズ,映画,ホームシアター
  5. お知らせ

    star wars ep9

アーカイブ




PAGE TOP

ホームシアター

4Kプロジェクター「BenQ HT3550」設置とファース・トインプレッション

BenQ HT3550,ホームシアター,プロジェクター

お知らせ

BenQからオファー!

BenQ HT3550,ホームシアター,プロジェクター

映画

IMAXレーザー/GTテクノロジー 3D鑑賞「アベンジャーズ/エンドゲーム(原題…

IMAX Expocity Osaka,映画

ホームシアター

アナモフィックレンズを使ったシネスコ映画はこう見える

プロジェクター,アナモフィックレンズ,映画,ホームシアター

お知らせ

予告:スターウォーズ/ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー(原題:Star War…

star wars ep9

ホームシアター

SLR MAGIC Anamorphot 1.33x 50 設置からのピント調整…

SLR MAGIC Anamorphot 1.33x 50,ホームシアター,プロジェクター,シネスコ

ホームシアター

アナモフィックレンズ SLR MAGIC Anamorphot 1.33x 50…

SLR MAGIC Anamorphot 1.33x 50,アナモフィックレンズ,ホームシアター,プロジェクター

ホームシアター

SLR MAGIC Anamorphot 1.33x 50 アナモフィックレンズ…

アナモフィックレンズ,固定器具,ホームシアター

映画

ターミネーター2(原題:Terminator 2: Judgment Day)

ターミネーター2,ホームシアター,映画

お知らせ

「ターミネーター2 」3D版が到着

ターミネータ2 3D Blu-ray,映画,ホームシアター
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。