ランペイジ,映画,ホームシアター

ランペイジ 巨獣大乱闘(原題:Rampage)

ブラッド・ペイトン(Brad Peyton)監督、2018年制作パニック・アクション映画。主演であるドウェイン・ジョンソン(Dwayne Douglas Johnson)が製作総指揮も担っている。元が単純なゲームからの映画化なので人間関係など難しい部分がなく、ストーリーなんて半分はどうでもよくて、理屈なんてもっとどうでもいい。そもそも理屈なんて考えちゃダメな映画なのだ。久々に頭をカラッポにしてボケーと観られる完全娯楽映画。品性のかけらもない。ただ巨獣が暴れまくり破壊しまくるだけ。何だこの映画。おもしろい。
グロテスクではないが、人間が喰われる等の表現があるので小さな子供には注意が必要。

Blu-ray仕様:本編107分 アスペクト比:2.4:1
英語:ドルビーアトモス(3D版はDTS-HDマスターオーディオ) 日本語:5.1ch ドルビーデジタル
商品詳細を見る ▶

小さな子には注意が必要と書いたが、映画自体は元がゲームなだけにマンガのような内容。ストーリーや理屈や矛盾をツッコむなど、少々“面倒くさい”オトナが観ると評価が低くなりそうな映画。「細かいコトはええねん。あまたのネジ1本飛ばして観て」と言いたい。

「ランペイジ 巨獣大乱闘」あらすじ

こいつら、いったいどこまでデカくなるのか!?
地上最強の巨獣たちが、すべてを破壊しながら北米大陸を横断!!

それは人類の誰も気づかぬうちに始まった。
最新を誇る遺伝子実験の失敗によって、なんと普通の動物たちが突如進化し始める!
ゴリラ、オオカミ、ワニなどが猛烈に巨大化し、凶暴化してしまう。
ヤツらの成長はとどまることを知らず、もはやクソデカい巨獣と化し、陸・海・空おかまいなしに街で破壊の限りを尽くす大乱闘をおっぱじめる!
シカゴを舞台に、巨獣たちの暴れる理由は一体なんなのか?
生物ピラミッドが一夜にしてひっくり返った人間たちに、巨獣たちの大乱闘を止めることができるのか?

ハイブリッドな成長をうながす巨獣の遺伝子は、発狂しそうなほど滋養満点。
サメの成長が止まらない遺伝子だけでなく、シロナガスクジラの成長率、カブトムシの強靭さ、チーターのスピード、トゲマウスの細胞修復能力など、ありとあらゆる異なる遺伝子を混ぜ合わせた予測不能の特殊生物たちだ。
ワニの黒いウロコはチタンより硬く、足の指は車の大きさを超え、尻尾の先がスパイクボールのように変異し、ドラゴンと恐竜が合体したような姿に。
ヤツらは時にタッグを組み、戦闘機や戦車に真っ向から向かってくるから、こりゃたまらん!!

© 2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

本作のティーザー動画のナレーションもそうだったし、公式サイトのSTORYの書き方からしておバカ映画っぽいが、それは否定しない。

出演は、ドウェイン・ジョンソン(Dwayne Douglas Johnson)、ナオミ・ハリス(Naomie Harris)、ジェフリー・ディーン・モーガン(Jeffrey Dean Morgan)、マリン・アッカーマン(Malin Maria Akerman)、ジョー・マンガニエロ(Joseph Michael Manganiello)、ジェイク・レイシー(Jake Lacy)など。

ケイト・コールドウェル博士役のナオミ・ハリスは『007』シリーズの「スカイフォール」や「スペクター」でイヴ役の女優

ベタで王道で痛快

先にも書いたとおり、ストーリーなんて半分はどうでもいいが、突然巨獣達が現れて暴れまくるという人類にとって理不尽極まりない展開ではない。そこには一応悪い人間が絡んでいて、一応悪巧みをして…というベタな展開がある。良いやつはとことん良いやつで、そして良いやつの言う事を全く聞き入れようとしない頑固な軍隊がいて…と。もうこういう映画の王道を突っ走る娯楽映画。お約束ごとを踏襲するかのような展開なので先の展開は見える。見えるがそれが面白いのだ。

こういう映画では軍隊が全く聴く耳を持たないのはお約束。

この映画の面白さを例えるなら…

まるで同じ場面展開とギャグを飽きるほど繰り返すのに、それが反って王道として面白いと思ってしまう吉本新喜劇と似たようなモノ。ランペイジと吉本新喜劇を一緒にするなと怒られそうだが…王道という安心感と安定感の面白さという意味で。あ、プロレスで例えた方が良かったか…ああ、プロレスに近いかも!ドウェイン・ジョンソンだけに。…プロレスを観ないのですぐに浮かばなかった。だから面白くないと思う人は、どの角度から観ても面白くない映画かもしれない。

わざわざお笑い要素を入れようとしている部分もあるが、普通に映画が面白いから特別笑えない。

あらすじに書いてあるような「ヤツらの成長はとどまることを知らず」を期待したが、その期待に反してある程度で巨大化が止まるのにはガッカリ。ここまでするのなら、とことん止めどなくデカくなったらもっと笑えたのに。

キングコングへのオマージュか、なんらか理由をつけてでも巨獣をビルに登らせる制作サイド。

 


商品詳細を見る ▶

しまった、これ映画館で観てもよかったかも。なんか白い巨大なゴリラが登場しているので「キングコング」のパクリみたいな映画かと勝手に思ってしまっていた。なので映画館でも観ず、Blu-rayも購入せずで結局NETFLIXに登録されたので期待せずに観たら理屈を無視した“ベタで王道”というおバカ映画的な意外な面白さがあった。時間も1時間30分程度なので飽きずに観ることができる。私としては3D版を買わなければなるまい。

「ランペイジ 巨獣大乱闘」は現在(2019年3月1日時点)、NETFLIXの会員なら無料視聴可能。Amazonビデオは何故かコンテンツプロバイダー契約により現時点で視聴も購入も不可となっている(予告編は見ることができる)。U-NEXTは432円(またはポイント)で視聴可能。

Amazonビデオで観る(字幕版) ▶

Amazonビデオで観る(吹替版) ▶


U-NEXTで観みる ▶


Fire TV Stick 4K
Alexa対応音声認識リモコン付属

商品詳細を見る ▶

Amazon イーサネットアダプタ
[Fire TV Stick (New モデル)、Fire TV (New モデル) 対応]

商品詳細を見る ▶

 


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ホームシアター

    BenQ HT3550,ホームシアター,プロジェクター
  2. お知らせ

    BenQ HT3550,ホームシアター,プロジェクター
  3. 映画

    IMAX Expocity Osaka,映画
  4. ホームシアター

    プロジェクター,アナモフィックレンズ,映画,ホームシアター
  5. お知らせ

    star wars ep9

アーカイブ




PAGE TOP

ホームシアター

4Kプロジェクター「BenQ HT3550」設置とファース・トインプレッション

BenQ HT3550,ホームシアター,プロジェクター

お知らせ

BenQからオファー!

BenQ HT3550,ホームシアター,プロジェクター

映画

IMAXレーザー/GTテクノロジー 3D鑑賞「アベンジャーズ/エンドゲーム(原題…

IMAX Expocity Osaka,映画

ホームシアター

アナモフィックレンズを使ったシネスコ映画はこう見える

プロジェクター,アナモフィックレンズ,映画,ホームシアター

お知らせ

予告:スターウォーズ/ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー(原題:Star War…

star wars ep9

ホームシアター

SLR MAGIC Anamorphot 1.33x 50 設置からのピント調整…

SLR MAGIC Anamorphot 1.33x 50,ホームシアター,プロジェクター,シネスコ

ホームシアター

アナモフィックレンズ SLR MAGIC Anamorphot 1.33x 50…

SLR MAGIC Anamorphot 1.33x 50,アナモフィックレンズ,ホームシアター,プロジェクター

ホームシアター

SLR MAGIC Anamorphot 1.33x 50 アナモフィックレンズ…

アナモフィックレンズ,固定器具,ホームシアター

映画

ターミネーター2(原題:Terminator 2: Judgment Day)

ターミネーター2,ホームシアター,映画

お知らせ

「ターミネーター2 」3D版が到着

ターミネータ2 3D Blu-ray,映画,ホームシアター
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。