スーサイド・スクワッド, ホームシアター, 映画,プロジェクター

スーサイド・スクワッド(原題:Suicide Squad)

2016年公開のデヴィッド・エアー(David Ayer)監督・脚本によるアクション映画。DCコミックスの悪役や犯罪者を寄せ集めて世界崩壊の危機に立ち向かう(向かわせる)という基本ストーリー設定が何かしっくりこないが、ヴィランを主役にしたクロスオーバー作品映画。

この作品でマーゴット・ロビー(Margot Robbie)扮するハーレイ・クインが話題となり、コスプレする人(女性)が続出した。今も人気があるキャラクターでハーレイ・クインを主役にした「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY(原題:Birds of Prey (and the Fantabulous Emancipation of One Harley Quinn))」が2020年3月に劇場公開された…が新型コロナの影響もあり絶対的動員数は減りつつも観客動員は国内でも1位になったほど。本作は劇場公開された時から配信されるまで個人的には全く食指が動かず。一応、ヒーロー映画といえども主役がヴィランだからかな?真っ先に「面白そう」とは思わなかった。

Blu-ray仕様:本編123分 アスペクト比:2.35:1
英語:ドルビーTrueHD ドルビーアトモス 日本語:5.1ch ドルビーデジタル
商品詳細を見る ▶

今回はAmazonプライムビデオで視聴。DC系やワーナー系に強いNetflixでは早々に配信していたが現在は配信されていない。現在はAmazonプライムビデオとU-NEXTで無料配信されている(2020年8月2日現在)。ディスクメディアは音声がドルビーアトモス収録されている。NetflixとAmazonプライムビデオの音声は5.1chサラウンド配信。いずれも各社オリジナル映画以外はドルビーアトモス配信はしていない。U-NEXTは2chのステレオ配信でワーナーブラザーズTVのウォーターマークが右下に入るがアスペクト比は他社と同様の2.35:1。

ゆっくりとした時間も取れないのでサクッと今回はAmazonプライムビデオで視聴したが、配信は忙しい中でも映画が簡単に観ることができるので今の時代にマッチしているなとつくづく感じる。配信は映像クオリティや音質にそれほどこだわらなければということになるが、4K UHDやBlu-ray等のディスクメディアだからといって全て映像クオリティや音質が素晴らしいとは限らないのも事実。

「スーサイド・スクワッド」あらすじ

バットマンやスーパーマンでは世界は救えない!?
人類の未来は、クレイジーな“悪党”たちに託された!迫り来る世界崩壊の危機を前に、政府は、あるとんでもない決断を下す。
それは、バットマンやスーパーマンによって捕らえられた悪党たちによる最「狂」軍団を結成するというものだった。
情に厚い凄腕暗殺者、地獄の炎を操る小心者、唯我独尊を貫く女侍、コンプレックスを抱える怪力男、 トラブルメーカーのブーメラン使い・・・
そして、予測不可能までにぶっ飛んだ女ピエロ、ハーレイ・クイン。

思いがけず“正義のヒーロー”を任された寄せ集めの悪党たちは、世界を救えるのか!?
世界崩壊の危機に、政府は、服役中の悪党たちによる特殊部隊“スーサイド・スクワッド”を結成。命令に背いたり、任務に失敗したら、自爆装置が作動する、まさにスーサイド(自殺)な状況の中、愛するジョーカーのことしか頭にないハーレイ・クインと、正義感も団結力もない寄せ集めの10人の悪党たちは、一体どんな戦いを魅せるのか?

© 2016 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & © DC Comics

出演は、ウィル・スミス(Willard Carroll “Will” Smith Jr.)、マーゴット・ロビー(Margot Robbie)、ジャレッド・レト(Jared Leto)、ヨエル・キナマン(Joel Kinnaman)、ヴィオラ・デイヴィス(Viola Davis)、ジェイ・コートニー(Jai Courtney)、ジェイ・ヘルナンデス(Jay Hernandez)、アドウェール・アキノエ=アグバエ(Adewale Akinnuoye-Agbaje)、カーラ・デルヴィーニュ(Cara Delevingne)、福原かれん、アダム・ビーチ(Adam Beach)、エズラ・マシュー・ミラー (Ezra Matthew Miller)、ベン・アフレック(Ben Affleck)など。

DC系の映像の暗さは相変わらず

ヒーロー映画なのに食指が動かないのは主役がヴィラン(本来適役)であるのに加え、DCの映画(映像)作りにあるのかも知れない。映像が比較的、夜のシーンなど暗いシーンが多い。夜でなくても曇り空だったり…常に空が“どんより”している。

スーサイド・スクワッド, ホームシアター, 映画,プロジェクター

戦闘機が駆け抜ける空がどんより…。


スーサイド・スクワッド, ホームシアター, 映画,プロジェクター

ヘリがとぶ空もどんより…。

スーパーマンを主役とした「マン・オブ・スティール」や「アクアマン」は他のDCヒーロー映画の中でも、明るめの映像はあるが、その他「ワンダーウーマン」や「バットマン」、「ジャスティス・リーグ」、「ファンタスティック・フォー」や「グリーン・ランタン」も同様に多くのシーンは暗い。コメディ映画の「シャザム!」でさえ内容は明るいのに映像の印象として暗かったり薄暗いシーンが多い。そして例に漏れず本作「スーサイド・スクワッド」も暗いシーンが多いのだ。同じヒーロー映画でマーベル系は日中の比較的明るいシーンが多いのでこれほど映像の暗さが印象に残ることはないのだが…。日中、プロジェクターで正しく視聴しようとすると確実に暗室が必要になる。

スーサイド・スクワッド, ホームシアター, 映画,プロジェクター

夜の街にバットマン。


スーサイド・スクワッド, ホームシアター, 映画,プロジェクター

薄暗い通路にフラッシュ。


スーサイド・スクワッド, ホームシアター, 映画,プロジェクター

全男性注目のハーレイ・クインの“お着替え”があるシーンでは晴れている!

何だかちょっと中途半端な映画

本来、DCコミックスで敵役の犯罪者達が強制的にタッグを組まされ世界の崩壊を阻止するというストーリーなのだが、何かストーリー自体に無理もあり、普段正統なヒーロー映画の中では敵役としてメチャクチャな思考や行動をするヤツらが強制的にも関わらず本作においては結構組織としての統制が取れているのが何ともこの映画を中途半端にしている様に感じる。

基本的にDCコミックス系のこういう映画なのでクライマックスは必ず大事になるのだが、大前提のツッコミとして「この劇中の間はバットマンやフラッシュなど他の正統なヒーローはいずこ?」など素朴な疑問を口に出してはいけない。

スーサイド・スクワッド, ホームシアター, 映画,プロジェクター

組織で動き戦うのは本作において強制でもあるが、ヒーローコミックスに登場する様な敵役が組織で動くと何だかしっくりこない。

予告映像ではハーレイ・クインがメチャクチャな思考と行動を取る様にも見えたが、結局は仲間意識も芽生え、ウィルスミス扮するデッドショットも娘想いの良きパパにしか見えてこない。プリンちゃん(ハーレイ・クインがそう呼ぶ、ジョーカー)もちょい役でしかない。結局は、ハーレイ・クイン役のマーゴット・ロビーとデッドショット役のウィル・スミスをメインとしたヒーロー映画で“アイドル映画”に近いものを感じる。そして、DCヒーロー実写映画のラスボスがどれも同じ様に見えてくるのは私だけだろうか。

スーサイド・スクワッド, ホームシアター, 映画,プロジェクター

各キャラクターが一匹狼のアウトローなようで意外と仲間意識が強い。ついでに画面も暗い。

ファンにはおすすめ、それ以上は…

ウィル・スミスやマーゴット・ロビーのファンには二人の活躍ぶりを観ることができるので本作はお勧めできるが、基本的にヒーロー系映画や、破天荒な敵キャラの破茶滅茶ぶりを楽しみにしていると、華麗な肩透かしを喰らうことになる。

スーサイド・スクワッド, ホームシアター, 映画,プロジェクター

ウィル・スミスとマーゴット・ロビーを見るのには良いかもしれない。特に破天荒なキャラを演じるマーゴット・ロビーは珍しく、シーズ・ソー・キュート。

あ…言い忘れそうになったが、敵のモブキャラは集合体恐怖症(トライポフォビア)の人は要注意。私も得意な方ではないものの、重度ではないので目を背けることは無かったが観た時に少し鳥肌が立つ様にゾゾっとした。



商品詳細を見る ▶

4K UHD版はこちら。暗いシーンが多いので階調表現に優れたHDR収録の4K UHDは効果を発揮する。そう言う意味でもDCコミックス系実写映画は4K UHD[HDR]で観る方が映像的には良いのだと思う。無料配信になってからサブスク(サブスクリプション)で視聴すると映像的に見づらくなることが多い。ただ食指が動かないのに初めから無理に高価な4K UHDのディスクメディアを購入するのも躊躇するので、やはり一旦はサブスクで視聴して、その上で気に入れば保存版としてディスクメディアを購入する方法を取るほうが確実。

配信は気に入った映画がいつ配信終了するか少しわかりづらい。観ようと思った時にはすでに配信が終了している場合もあるので、確実に手元に残すにはディスクメディアが一番安心。


「スーサイド・スクワッド」は2020年8月2日時点でAmazonプライムビデオ会員なら無料視聴可能。U-NEXTも無料視聴可能。Netflixは中でも一番配信が早かったが現在抹消され登録されていない。

Amazonビデオで観る(字幕版) ▶

Amazonビデオで観る(吹替版) ▶



U-NEXTで観みる ▶

 


Apple TV 4KならAmazonプライムビデオも視聴可能! Apple TV配信映画はディスクメディアに負けず劣らずのクオリティでサウンドと映像が楽しめる。スクロールも早く、サクサク動きストレスなし。


Apple TV 4K

商品詳細を見る ▶

 

 

Apple TV 4K / Apple TV 第4世代 リモコンカバー 軽量 滑りとめ 衝撃吸収 シリコン保護ケース(ブラック)

商品詳細を見る ▶

他のApple TV 4K用リモコンカバーを探す ▶

 


初期投資を安く、手軽に配信動画を観るならやはりAmazonのFire TVがおすすめ! 自宅にWi-Fiネットワーク環境がない場合や、安定した動画配信を楽しみたいならイーサーネットアダプタも併せて購入するほうが◎。
(注:Fire TV 4Kを使用の場合は、Netflixのドルビーアトモスに未対応)

Fire TV Stick 4K
Alexa対応音声認識リモコン付属

商品詳細を見る ▶

Amazon イーサネットアダプタ
[Fire TV Stick (New モデル)、Fire TV (New モデル) 対応]

商品詳細を見る ▶

コメント

    • もみじ
    • 2020年 8月 08日

    こんにちわ!いや~暑くなりましたね・・・
    今日も7kmほど走ってきましたが、この時期7キロでもきついですね(笑
    「ヴェノム」配信になりましたね。BDを買うまでにいたらなかったのですが先日気楽な気持ちで途中までみたら思いのほか面白くて(寄生したヴェノムとトムハーディのやり取りが特に笑えた)これから残りを観たいと思います。「ハンズ・ジマー・ライブ・イン・プラハ」に関してはたぶん以前お話したと思うんですが、ライブ系BDでは希少なアトモス収録でしかも映画音楽なので輸入盤ですが飛びついて購入しました。しかし感想としては高音質なんですけどライブのアトモス収録ってこんなものかな・・・ってのが率直な気持ちで、同時期に購入したアイルランドの女性ボーカルグループ「ケルティックウーマン」のライブBDと一緒に手放してしまいもう手元にはないんです・・・。しかし国内ライブBDと違って輸入盤は新品でも非常に安く手に入れられるので、ぜひウチキネマーさん宅の環境で「ハンズ・ジマー・ライブ・イン・プラハ」を視聴されたご感想が聴きたいです。
    対して国内アーティストのライブBDは映画ソフトと違い廉価版にならず10年以上前のモノが未だに5000円とかで売っているのでいつまでたっても割高感がありますね。

      • ウチキネマー@管理人
      • 2020年 8月 08日

      普段から怠け者の私からすれば、この暑さの中で7kmランは死にに行くような行為ですよ(笑)。3kmでも誰に謝っているのか「スンマセン!」となりそうです。

      「ハンス・ジマー・ライブ・イン・プラハ」。確かにもみじさんとコメントのやりとりしていましたね。ボケジジイかのように同じようなこと言っちゃいました。お恥ずかしい。今確認すると輸入盤2千円台ですね。そろそろ買い時ですかね(笑)。

        • もみじ
        • 2020年 8月 12日

        最近の唯一の新作ソフト「1917命の伝令」BDを観ました。音声はアトモスですが素晴らしい音響でした・・・
        映像も物凄く綺麗だったのでIMDbで調べたところ4.5k撮影、4kマスターでした。やはり4kマスターはいいですね。
        主人公は無名俳優、脇をイギリスの一流俳優人が固めていますが、皆一瞬の出演で贅沢な配役の映画でした。
        コレは久々にいい映画でした・・・

          • もみじ
          • 2020年 8月 12日

          訂正:「命をかけた伝令」でした。失礼しました。

          • ウチキネマー@管理人
          • 2020年 8月 15日

          「1917命をかけた伝令」はワンカット&ワンシーンの長回し映画と聞いているので緊張感と臨場感があると思いますが、実際に観てどうでしたか。8Kマスターや4Kマスターの作品って実際Full HDのダウンスケールになっていても映像が全然いいですよね。ダークナイト・ライジングの時のIMAXカメラ撮影と通常カメラの混合だったので同じFull HDで観ていても違いがはっきり映像に出ていましたよね。まぁ、観ている途中で、そこはどうでも良くなりましたが…笑。

            • もみじ
            • 2020年 8月 15日

            ウチキネマーさんこんにちは。毎日暑いですね・・・
            ワンカット&ワンシーンの長回し作品として映画通の方には話題になりましたが、僕はソコはあまり気にならなかったです。たぶん事前に知っていなければ何も気づかず観ていたと思います(笑 ただ、良くこのシーンを一切の手ぶれなく撮影することが出来たな・・・って部分が多くてそこに対しての緊張感・臨場感は大いに感じました。撮影が8kや6.5k、4k相当とかだと2kマスター(収録)でも綺麗ですよね。A/エンドゲームなんか6.5kとか4k撮影で2kマスターって残念な収録ですがそれでもあの解像度ですから・・・。「1917命をかけた伝令」はオスカーの録音賞を獲っただけあって音楽と音響が素晴らしいです!あとは視覚効果賞と撮影賞も受賞しましたが、これは長回しとあの撮影が評価されて当然だと感じました。ということで自分はこのBDを手放し、UHDを購入して保存盤にすることと致しました(笑 音響はどちらもアトモスですがやはりこの解像度はHDRで観て観たいと思いまして・・・。あっそうそう、ネットフリックスを最高の状態で視聴するためにアップルTV4k購入しようと思います!

            • ウチキネマー@管理人
            • 2020年 8月 16日

            もみじさん

            暑いですね。室内にいても熱中症にはなるので気をつけてください。
            ワンカット&ワンシーンの長回しは「タイラー・レイク」でも見入ってしまったので多分、私はそこに注目してしまうと思います。流石に本当にワンカット&ワンシーンで撮影しているのではなく上手く繋げているのですが、最近の映画は通常ではあり得ないくらいの長回しをするのですが、技術で本当にしている様に見えるのですよね。

            個人的に8K UHDネイティブが一般家庭ではあまり普及しなくても、8Kマスターの映像や映画が4K収録で販売されるだけで十分なのですがね。それでもテレビなどを製造するハード業界は高価な8Kネイティブの機器を一般人にも売ろうとするのですよね。実際どれだけの人が買えるのだろうと思ってしまいます。

            もみじさんもApple TV 4K買っちゃいますか!新型のApple TVに関して前期は発表されませんでしたが、用途が映画目的なら今のでも十分ですからね。一応“うわさ”では2020の後半で新たなApple TVの発表があるらしいのですが…処理速度が大幅に上がって容量が増えるとも。もはやゲームマシンと化していく気がしないでもないです。過去最も売れなかったゲーム機、ピピンアットマークの逆襲。

    • もみじ
    • 2020年 8月 03日

    お久しぶりです。DC系の映像はほんとダークなイメージがありますよね…。そうかウイルスミス出てましたよね、僕はこの作品BD買って視聴したんですがすぐに手放してしまいました。ただDC系はネットフリックスで必ず早めに配信されるのがわかってるのでお気に入り作品(特にワンダーウーマン)以外は買わないようにいたします(笑 「ナイブズアウト」もBDが到着して楽しみにしていたら間もないウチにネットフリックスで配信されてしまい、がっかりしてしました(笑 いつも関係ない話をしてしまい恐縮ですが、先日ドリカムワンダーランドのライブBDを数枚買いました(特に大ファンではないんですが)4年に一度なので2015、2011、2007と買ったんですけど、僕の年代だとやはり2011、2007が知ってる名曲が多くて良いですね。また昔のDWLの方が演出も派手ではなく、じっくり聴ける点がいいです。2007は当初DVDのみ発売で後になってBD化されたのですが、やはり画質の悪さは否めませんでした。どれも音声はドルビーTR5.1chが選べるのでライブの臨場感が満喫なんですが、画質良し音良し曲目よしと3拍子揃ってるのは2011の味の素スタジアムで開催されたDWLでした。ウチキネマーさんはライブBDとかはご覧になりませんか?
      

      • ウチキネマー@管理人
      • 2020年 8月 08日

      もみじさん
      お久しぶりです。

      ダークなイメージありますよね。基本的に色彩がブルートーンで“大人なヒーロー映画”でしょうか。その割にはすごく稚拙なカット割だったりする内容なのですが(笑)
      最近、DC系はよほど早く観たい映画以外はディスクメディアを買わずにNetflixで登場待ちにしています。ソニー・ピクチャーズですが「ヴェノム」登録されましたね。楽しみにしていました。IMAX Enhanced第1号の映画とアナウンスされたのに結局ディスクメディアではなく、海外の配信のみだったのでがっかりした覚えがあります。日本ではTSUTAYA TVくらいだった気がします。ということでいまだに我が家のIMAX Enhanced映画のこけら落とし映画は保留状態ですよ。

      NHKやBSテレビでドキュメント的なものがあるとつい観てしまうとか、YOUTUBEでJAZZセッションのライブをホームシアターで視聴ことはありますが、ライブBDを積極的に購入して観ることはあまりないです。我が家の視聴環境が整ってきつつある今(でもまだ発展途上)、サンプリングレートはBD収録よりかなり低いですがライブ映像を観ると改めて予想以上に音の良さを実感することはあります。「今の我が家の環境、そこそこスゲー」って、“手前味噌”にも程があるくらい(笑)。

      ライブ映像はサラウンドより、敢えてメインのJBL S3100だけを使い2chステレオの大音量で聴くことが多いです。以前 Netflixで配信されていた「ハンズ・ジマー・ライブ・イン・
      プラハ」は飽きるほど何度も視聴しました。5.1ch配信でしたが比較しても2ch(ピュアモード)の方が音としては解像感、S/N感が良く、音楽として聴こえる音のまとまりも良かったです。映画音楽コンサート映像なのですが、あれほど映画音楽コンサートでエンターテインメントに魅せるのは感動ものでした。BD(ドルビーアトモス収録)は手に入れていませんが何度も観たい聴きたい映像です。国内販売はないので輸入盤を手に入れるしかないです。こうして思い出すとやっぱりBD欲しいなぁと思います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 映画

    劇場公開版「スター・ウォーズ」「帝国の逆襲」「ジェダイの復讐」DVD
  2. TVドラマ

  3. ホームシアター

    Fire TV Cube,ホームシアター
  4. ホームシアター

    Fire TV Cube ,ホームシアター
  5. 映画

    TENET テネット,映画,ホームシアター

アーカイブ




PAGE TOP

映画

オリジナル版(劇場版)「スター・ウォーズ/帝国の逆襲」と「スター・ウォーズ/ジェ…

劇場公開版「スター・ウォーズ」「帝国の逆襲」「ジェダイの復讐」DVD

TVドラマ

コブラ会(原題:Cobra Kai)

ホームシアター

Fire TV Cubeを導入(Echo Dotと共存&Alexa操作篇)

Fire TV Cube,ホームシアター

ホームシアター

Fire TV Cubeを導入(アンボックス&セットアップ篇)

Fire TV Cube ,ホームシアター

映画

TENET テネット(原題:TENET)

TENET テネット,映画,ホームシアター

ホームシアター

Fire TV(Amazonプライムビデオ) でドルビーアトモス視聴するには

Apple TV 4K,ドルビーアトモス,Dolby Atmos,OPPO

ホームシアター

Chromecaset with Google TVを導入(視聴篇)

Chromecast with Google TV,ホームシアター

ホームシアター

Chromecast with Google TVを導入(セットアップ篇)

Chrome cast with google TV

お知らせ

今年もこの時期がきてしまいました。師走です。「家キネマ。」更新一時停滞のお知らせ…

ホームシアター,プロジェクター,映画,家キネマ。

その他

日本コロムビア ポータブルプレーヤー 「フリースタイル」GP-3

日本コロムビア フリースタイル GP-3,レコードプレーヤー,ターンテーブル
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。