ヴィンセントが教えてくれたこと,ホームシアター,プロジェクター,Amazonプライムビデオ

ヴィンセントが教えてくれたこと(原題:St. Vincent)

2014年(日本では2015年)公開のコメディドラマ映画。セオドア・メルフィ(Theodore Melfi)監督(脚本も)作品。紹介の年代としては逆になるが、2017年公開の「ジーサンズ はじめての強盗」の脚本を手掛けた。「ジーサンズ はじめての強盗」時もそうだったが、この人が手掛ける年寄りはちゃんと「それらしく」描かれるので観ていて面白い。今回はそこまでジイサンではないが、そこら辺にいそうな偏屈オヤジを描いている。ビル・マーレイのダメ悪オヤジっぷりがハマリ役。さすがコメディアン俳優と言いたいところだが、「ゴーストバスターズ」(ピーター・ヴェンクマン博士役)しか思い浮かばない…。

Blu-ray仕様:本編102分 アスペクト比:1.78:1
英語:5.1ch ドルビーTrueHD、日本語:2.0ch ドルビーTrueHD
商品詳細を見る ▶

英語は5.1chのサラウンドだが、日本語吹替えは2.0chステレオ音声。私は基本的に洋画は英語音声の字幕で観ているのでサラウンド音声だったが、この映画はサラウンドが重要な映画ではないのでステレオ音声でも全然問題無い。今回はAmazonビデオで鑑賞。Amazonではレイティングの指定が「G」となっていて全年齢対象になっているが一部セックス行為を表すシーンや、ストリップ(水着着用時まで)の描写がある。小さな子供と観るときは「何しているの?」と問われる可能性があるので少し注意が必要。

「ヴィンセントが教えてくれたこと」あらすじ

アルコールとギャンブルに溺れるちょい悪オヤジのヴィンセントは、ひょんなことからお隣に引っ越して来た、いじめられっ子オリヴァーの面倒を見ることになる。小学生相手に容赦なく毒舌を連発し、行きつけのバーや競馬場にも連れ歩き、ヴィンセントはオリヴァーに注文の仕方、オッズの計算方法、いじめっ子の鼻のへし折り方など、一見ろくでもないことを教え込んでいく。最初は最悪だと思っていたオリヴァーだが、ある日ヴィンセントが介護施設に立ち寄り、認知症の妻に愛おしげに接する様子を目の当たりにする。気難しい老人と気弱な少年の間にはいつしか奇妙な友情が芽生え、2人のささやかな冒険の日々が始まった―――。

©2014 St. V Films 2013 LLC. All Rights Reserved.

出演は、ビル・マーレイ(Bill Murray)、ジェイデン・リーバハー(Jaeden Lieberher)、メリッサ・マッカーシー(Melissa Ann McCarthy)、ナオミ・ワッツ(Naomi Watts)、ダリオ・バロッソ(Dario Barosso)、クリス・オダウド(Chris O’Dowd)、ドナ・ミッチェル(Donna Mitchell)、テレンス・ハワード(Terrence Howard)など。

ナオミ・ワッツのこの表情。この映画でのガサツな売春婦ダカ・パリモヴァ役。流石の演技力。

タイトルの「St.Vincent」が重要

邦題もそれほど悪くないが、原題の「St.Vincent」の「St.」。「セイント (Saint) =聖人」の意味。この映画ではこれが重要なのだが邦題ではスルーされている。ただ少年オリヴァーがダメ悪オヤジのヴィンセントに物事を教えられるワケではない。ここがこの映画のミソなのになぁと思う。邦題だけに注目していると、少年がダメ悪オヤジから悪い事だけを教わるみたいに見える。予告編でもそういう見せ方をしている。せいぜい「どうせそんな悪いオヤジから『人生とは』でも学ぶのだろう」と簡単に思っていたら、大きくは違わないがちょっと違った。決して重くない映画だが人の優しさに触れられる深い映画。あらすじにあるような「ちょい悪オヤジ」なんて今どきの流行言葉に乗せただけのカッコイイものではない。何度も言うが基本は「ダメ悪オヤジ」だ。

ギャンブル(競馬)でオッズの計算を教わったり…


バーに行く。子供の頃ってこういう大人の世界って凄いワクワク・ドキドキする(した)。

ヴィンセントの愛車

ヴィンセントが愛車として所有する車はクライスラー社の「ルバロン」。これの木製パネルのコンバーチブル。ヴィンテージなら日本語でも調べられると思ってネットを探してみても簡単には見つからなかった。「Chrysler le baron convertible wood」と英語のキーワードを幾つか並べて画像検索すると結構出てきた。これにデカい木の枝を…。現実なら発狂モノの事故だと思うのだが、以外とヴィンセントは冷静だったのが印象的。保険で修理するとは言っていたものの、映画ではそれ以降の事に触れずに普通に乗り回している。

ヴィンセントの愛車「ルバロン」が…。オリヴァーが引っ越してきた日にいきなりトラブルが発生。ここから2人の物語が始まる。

 


商品詳細を見る ▶

子供と老人という組み合わせでは面白い映画。何かもっとハートフルでお涙ちょうだい的な映画を想像していたが、フッと笑えて意外と老人と少年が対等なところがいい。結果、老人を大切にする、子供を可愛がるだけの映画ならまったくつまらないモノになっていたところだ。日常的な話が面白いだけでなくちゃんと大筋のストーリーもあり、人それぞれの人生を1人の少年と1人の老人を中心にして遠巻きに見せてくれる。人それぞれの優しさのカタチを感じさせる映画。エンドロールがいい。


「ヴィンセントが教えてくれたこと」は現在(2018年8月28日時点)、Amazonビデオではプライム登録されていて見放題。U-NEXTとNETFLIXは登録されていない。

Amazonビデオで観る(字幕版) ▶

Amazonビデオで観る(吹替版) ▶



Fire TV (New モデル)
4K・HDR 対応、音声認識リモコン付属

商品詳細を見る ▶

 


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ホームシアター

    BenQ HT3550 vs BenQ W1070+
  2. ホームシアター

    BenQ HT3550 vs W1070+,ホームシアター,プロジェクター
  3. 映画

    ホームシアター,プロジェクター,映画,ボヘミアンラプソディ
  4. その他

    HDR,プロジェクター,ホームシアター,映画
  5. その他

    ホームシアター,Vストレッチ,アナモフィックレンズ,シネスコ,シネマスコープ

アーカイブ




PAGE TOP

ホームシアター

BenQ HT3550とW1070+との比較 ─ Vol.2 ─

BenQ HT3550 vs BenQ W1070+

ホームシアター

BenQ HT3550とW1070+との比較 ─ Vol.1 ─

BenQ HT3550 vs W1070+,ホームシアター,プロジェクター

映画

ボヘミアン・ラプソディ(原題:Bohemian Rhapsody)

ホームシアター,プロジェクター,映画,ボヘミアンラプソディ

その他

HDRって何?

HDR,プロジェクター,ホームシアター,映画

その他

あれ?OPPO UDP-203のVストレッチが4K UHDで効いた!?

ホームシアター,Vストレッチ,アナモフィックレンズ,シネスコ,シネマスコープ

ホームシアター

BenQ HT3550とEPSON EH-TW6600との映像比較

BenQ HT3550,プロジェクター,比較,ホームシアター

ホームシアター

BenQ HT3550で3D映画鑑賞

BenQ HT3550,プロジェクター,ホームシアター

ホームシアター

プロジェクターのコントラスト比、FOFOとANSIによるの数字トリック

ANSIコントラスト,ホームシアター,プロジェクター

ホームシアター

BenQ HT3550 4Kプロジェクターのセットアップと映像投影

BenQ HT3550,ホームシアター,プロジェクター

ホームシアター

「家キネマ。」の機器全てを4K60Hz対応に

プロジェクター,4K UHD,BenQ HT3550
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。