アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー,ホームシアター,プロジェクター

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(原題:Avengers : Infinity War)

2018年公開のアンソニー/ジョー・ルッソ(兄弟)監督によるマーベル・コミックのスーパーヒーロー映画。「劇場公開される度に話題にもなるし、これから観ようかな」と思っている人は、ヒーローがガチャガチャと戦うのは楽しいだろうが、登場キャラクターの背景が分からないと面白さは半減するので注意が必要だ。ある種、「一見(いちげん)さん放置」のファン向け映画ともいえる。各ヒーローの世界観を同一とするクロスオーバー作品である「マーベル・シネマティック・ユニバース」としては19作品目。個人的には単体ヒーロー映画の方が好きだが、これはこれでヒーロー大集合のお祭り映画なので楽しいはずだった…。

Blu-ray仕様:本編130分 アスペクト比:2.39:1
英語:7.1ch DTS-HD マスターオーディオ、日本語:7.1ch ハイ・レゾリューション・オーディオ
商品詳細を見る ▶

収録音声(英語)は4K UHD版はドルビーアトモス仕様。3D版及び2D版Blu-rayは7.1ch DTS-HDマスターオーディオ仕様となっている。当時同時に公開していた「レディ・プレイヤー1」を劇場で観た私は月に2本もIMAXで鑑賞するほど贅沢はできないため、本作を劇場では観なかった。

「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」あらすじ

6つすべてを手に入れると、一瞬で全宇宙の生命の半分を滅ぼす無限大の力を得る“インフィニティ・ストーン”。そして、その究極の石を狙う“最凶最悪”の〈ラスボス〉サノス。彼の野望を阻止するため、ガーディアンズ、ドクター・ストレンジ、スパイダーマン、ブラックパンサーたちも集結した、最強ヒーローのチーム“アベンジャーズ”が、人類の命運を賭けた壮絶なバトルに挑む。
果たして、彼らは地球を、そして人類を救えるのか?

© 2018 Marvel

出演は、ロバート・ダウニー・Jr(Robert Downey Jr.)、クリス・ヘムズワース(Chris Hemsworth)、マーク・ラファロ(Mark Alan Ruffalo)、クリス・エヴァンス(Christopher Robert Evans)、スカーレット・ヨハンソン(Scarlett Johansson)、ベネディクト・カンバーバッチ(Benedict Timothy Carlton Cumberbatch)、トム・ホランド(Thomas Stanley Holland)、チャドウィック・ボーズマン(Chadwick Boseman)、クリス・プラット(Chris Pratt)、ジョシュ・ブローリン(Josh Brolin)、アンソニー・マッキー(Anthony Mackie)、ブラッドリー・クーパー(Bradley Charles Cooper)、ヴィン・ディーゼル(Vin Diesel)、ポム・クレメンティエフ(Pom Klementieff)、レティーシャ・ライト(Letitia Wright)など。

本作は「マイティ・ソー・バトルロイヤル」からの流れがそのままなので、本作をいきなり観ると冒頭の状況がちょっと掴みにくい。

空間(スペース)・現実(リアリティ)・力(パワー)・魂(ソウル)・精神(マインド)・時間(タイム)。
6つのインフィニティ・ストーンを集めるサノス。

最大最強の敵「サノス」。大作なのはわかっていたが…

今作は最大の敵「サノス」との直接対決で壮絶な闘いになるのは事前に分かっていたが、こうなるとは全く想像もしていなかった。事前にアナウンスもあったことから、ネタバレギリギリで言及するが本作は完結しないまま終わる。「続編ありき」の本作だったので正直、私の中で「アベンジャーズ」として消化できないでいる。何度も言うが「アベンジャーズ」はマーベル・コミックの個々のヒーローが集結する「お祭り映画」のはずだった(あくまでも私の中ではの話)。しかし「続編ありき」を前提に作ると、もうお祭り映画とは呼べない。お祭り映画は1作で完結するべきなのだ。だから観た後はスッキリとして「面白かった」と言える。「次のお祭り(アベンジャーズ)も楽しみだ」と思えたのだが、もうその楽しみは本作で方向性が見えて薄らいだ。こういうのを観るともう個々のヒーロー映画は制作されないのだろうかと少し寂しく思う。大きくなり過ぎたのだ。各キャラクター描写も薄くなる。唯一、バトルは今までより丁寧に描写しているので見応えはあったが…。

最強の敵「サノス」。圧倒的な強さで「アベンジャーズ」を苦しめる。

そして本作はシリアス過ぎて笑うところも少ない。ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーがお笑い役に回っているだけ。これも「アベンジャーズ」としての楽しみがなく1つ欠けている状態。そしてリーダー的な存在だったキャプテン・アメリカが…「何それ?何の格好?」なのだ。キャプテン・アメリカじゃない。更にはアイアンマンがナノメタルのコスチューム。ハルクがハルクじゃない…等など、これまでに観たヒーローがコスチュームまで変えてしまうと、そのヒーローにとってのシンボルを奪われたような気持ちになる。まるで、薄く焼いた卵で巻いてケチャップがかかった基本のオムライスを期待して頼んだら、フワトロの卵にチキンバターライスのオムライスでさらにデミグラスソースがかかって出てきたような期待外れ感。これはこれで美味しいけど食べたかったオムライスとは違うという感覚に近い。演者が同じ別の映画を観ているような感覚でもあり、マーベルヒーローなんだけど何かが違うような…。なんだか複雑な気持ちになり、こちらが「アベンジャーズ」として楽しみにしている部分がことごとく裏切られたような本作だった。

アイアンマン。ナノマシンのスーツって…もうそれは変身だろ。ナノマシンマンだ。CG製作を安く抑えた感満載。

これは映画館(IMAX)で観なくて良かったと正直思った。多分、消化不良でストレスをため込んで帰路についたと思う。

物語としての側面は面白い

先の意味ではガッカリ感が残る本作だったが、仮に「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」をひとつの別の映画とし、個々のヒーロー像を捨てて観ると別の面白さを見つけることは出来る。今回の話は今までのような単純なものではなく「正義」への思想が含まれる。「正義」の定義とは何か。最大の敵「サノス」はただ私利私欲だけで突き進み、自分の都合だけで悪巧みを考えるような悪役とは違う。そこがこの物語を深くする要素になっている。ここは物語としてどう決着を付けるのか楽しみなところではある。

スパイダーマンはハリウッドが勝手に作ったウルトラマンのように見える。

…が、しかし、3つ4つのグループに分かれて話が進むので少し散漫になる。同時間軸で「一方その頃〜」の場面転換が起きるので直前のことを忘れてしまう。観てて「あぁ、そうだった」と直前のことを思い出しながら観ることを強要される。場面転換は映画でもドラマでも良くあることなのでそれ自体に問題はないのだが、本作では個性の強いキャラクターが多数登場するので、最終的に向かう方向は同じでもやることがバラバラ過ぎると直前のことが忘れがちになる。話はこれまでよりもずっと面白い。ただ個人的な感想として、スクリーンに登場する主要ヒーローの「じゃない」感が今までで1番強く感じる。

お笑い担当と、物語の重要な部分も担うガーディアンズ・オブ・ギャラクシー。

物語は凄く面白い。しかし、古くから愛され続けた個々のマーベル・ヒーローはそのまま使って欲しいと個人的に願う。そういう意味で今回1番酷かったのはハルクだ。あり得ない。もう本作を観てしまったので続編も観ると思うが、次回作はあのオムライスのようなガッカリ感はさせないでもらいたい。私は基本のオムライスが食べたいのだ。

3D感は良い感じに仕上がっていたが、音は…。

期待してなかったポストプロダクションによる3Dコンバージョンは、良い感じに仕上がっている。CG映像が多いので立体感もあり、キャラクターだけにフォーカスしていないときは奥行き感もある。IMAXの2Dカメラを使って撮影しただけあってその解像度感は4K UHDでなくても十分伝わるほど。音は2D及び3D版が7.1ch DTS-HD マスターオーディオ仕様なので、それなり。全体的な音のボリュームレベルは小さい方。普段より+10dBほど上げて鑑賞した。抜け切らないというか何というか…表現的に正しいのか分からないが何か音のピントがバッチリと合ってない感じがする。AVアンプの設定がおかしいのかと思ったが、「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」の音はやはりちゃんと期待通りの音が出る。同じディズニー販売でこうも違うのだな。

一瞬、若かりしウルヴァリン(X-MEN)かと思ったキャプテン・アメリカ。何だそのコスチュームは。何だそのヒゲは。みんな、ちゃんとして!

結局、初回限定のマーベル・スタジオ10周年を記念した特典ディスクの方が純粋に楽しめたのは私だけだろうか…。

 


商品詳細を見る ▶

私が所有しているのはこちらの4K UHD版。3D版を観るにはこの4K UHD版にバンドルされた3D Blu-rayしかないので、他に選択肢はない。仕方が無いので4K UHDを視聴できる環境ができたら改めて楽しむことにする。もうこの販売方法が当たり前になってきているので、腹は立つがギャーギャー言ってもどうにもならない。販売会社は「欲しいなら買え。欲しくないなら買うな」の姿勢。それに付き合うか、付き合わないか、3D版を欲しがる私の様な消費者は2択の選択肢がないのだ。ディズニーは映画ソフト販売では「夢」ではなく「現実」を突きつけてくる。


VODのAmazonビデオでは「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」が有料レンタルの開始をしている。U-NEXTは432ポイント(2018年9月10日時点)で視聴可能。NETFLIXは未登録。

Amazonビデオで観る(字幕版) ▶

Amazonビデオで観る(吹替版) ▶




U-NEXTで観みる ▶

 


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ホームシアター

    BenQ HT3550,ホームシアター,プロジェクター
  2. お知らせ

    BenQ HT3550,ホームシアター,プロジェクター
  3. 映画

    IMAX Expocity Osaka,映画
  4. ホームシアター

    プロジェクター,アナモフィックレンズ,映画,ホームシアター
  5. お知らせ

    star wars ep9

アーカイブ




PAGE TOP

ホームシアター

4Kプロジェクター「BenQ HT3550」設置とファース・トインプレッション

BenQ HT3550,ホームシアター,プロジェクター

お知らせ

BenQからオファー!

BenQ HT3550,ホームシアター,プロジェクター

映画

IMAXレーザー/GTテクノロジー 3D鑑賞「アベンジャーズ/エンドゲーム(原題…

IMAX Expocity Osaka,映画

ホームシアター

アナモフィックレンズを使ったシネスコ映画はこう見える

プロジェクター,アナモフィックレンズ,映画,ホームシアター

お知らせ

予告:スターウォーズ/ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー(原題:Star War…

star wars ep9

ホームシアター

SLR MAGIC Anamorphot 1.33x 50 設置からのピント調整…

SLR MAGIC Anamorphot 1.33x 50,ホームシアター,プロジェクター,シネスコ

ホームシアター

アナモフィックレンズ SLR MAGIC Anamorphot 1.33x 50…

SLR MAGIC Anamorphot 1.33x 50,アナモフィックレンズ,ホームシアター,プロジェクター

ホームシアター

SLR MAGIC Anamorphot 1.33x 50 アナモフィックレンズ…

アナモフィックレンズ,固定器具,ホームシアター

映画

ターミネーター2(原題:Terminator 2: Judgment Day)

ターミネーター2,ホームシアター,映画

お知らせ

「ターミネーター2 」3D版が到着

ターミネータ2 3D Blu-ray,映画,ホームシアター
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。