フォードvsフェラーリ,Ford v Ferrari,映画,ドルビーシネマ

ドルビーシネマ鑑賞「フォードvsフェラーリ(原題:Ford v Ferrari)」

ジェームズ・マンゴールド(James Mangold)監督による2020年1月10日(アメリカ2019年11月15日)に公開された実話を基にしたドラマ映画。前回IMAXで「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」を鑑賞した際に予告編が流れて「これは絶対観る」と心に決めた映画だった。と、言っても時間的にIMAXシアターに行くのは難しいのでより近い梅田ブルク7のドルビーシネマを選んだ。

梅田ブルク7のドルビーシネマへ

ドルビーシネマがある商業ビル「E-ma」の地下エントランス。

上映開始18時からのチケット。ブルク7のある商業ビル「E-ma」(イーマ:ファッションビル)に入ると、前回初のドルビーシネマ体験だった「ライオンキング」を観にいったときよりも、更に店が閉店しており、ほとんどのショップのシャッターが閉まっている。「おいおい大丈夫か。このままドルビーシネマごと潰れるのでは…」と不安にかられるが、調べてみると同じビル内でもドルビーシネマが入るフロアとは運営会社が異なるようで、階下の商業施設部分は2017年に売却されており運営会社が変わって抜本的に改装を行っている最中のようだ。一安心。


土曜日の夕方6時前で施設内がこの状態では流石にビビる。

とは言っても、時間帯もあるだろうが劇場が入っているフロアのロビーにもお客さんが少ないので、こっちはこっちで大丈夫なのか。先日の話ではないが映画館の運営も心配になる。この割合で考えると劇場内もおそらく観客は少ないだろう。観客が多いとマナーの悪い人も確率的に増えるので観る分には都合がいいのだが…。

前回は「ライオンキング」だった場内の入場口壁面ムービーは「フォードvsフェラーリ」のループ映像が流れるのか思っていたが、残念ながら特になし。必ずしも流れているわけではないようだ。

ドルビーシネマのシアター1。「フォード vs フェラーリ」の壁面は…。


ただの幾何学模様が動いているだけだった。

同じドルビーシネマになっているシアター1では入替上映でアニメ「機動戦士ガンダム めぐりあい宇宙」も上映されているようで、その上映の際にはループ映像が流れている。「ガンダム」の上映の時の方が見るからに観客数が多い。やはり「ガンダム」は強いな。アスペクト比はどうなってるのだろうか。当時のままスタンダード(4:3)の場合、ドルビーシネマではスクリーン左右が余ることになるが、それでもドルビーシネマならプロジェクターが照射していない部分をスクリーン上でも真黒にできるので両サイドをマスクする必要もない。これができるのもドルビーシネマならではだろう。

「フォード vs フェラーリ」を鑑賞後。「機動戦士ガンダム めぐりあい宇宙」に切替上映らしく、その時はガンダムの壁面ムービーに。

流石のドルビーシネマ&ドルビーアトモス

IMAXはもはや私の中では不動の最高峰シアターとして確立しているが、劇場内の漆黒と映像のコントラストの強さ、黒の締まりがあるドルビーシネマも別格だ。相変わらず黒バックに文字だけが浮かぶと距離感を失い、浮遊して見える。「フォード vs フェラーリ」では深く沈んだ黒の締まりと車体を輝かせる眩いハイライトの強さがスクリーン内で共存し、ドルビーアトモスによるサラウンド感も流石。こういう車や飛行機などの乗り物系を題材としてレースやドッグファイトが繰り広げられる映画では前後左右上下に音が振られるのでそのポテンシャルを遺憾なく発揮する。絶対的なスクリーンサイズや地鳴りのような野太い大迫力のサウンドはやはりIMAXが圧倒的だが、ドルビーシネマにはまた別の魅力がある。

こうして改めて見るとスクリーンは結構大きい方だ。

「フォードvsフェラーリ」は熱い!熱い!

伝記映画というべきか、実話を基に作られた映画。映画化するにあたって当然ドラマ仕立てに作られ創作もされている。ただし落とすところは同じ。現代に続くことなのでそこを覆すことはできない。いわばオチは読めるわけだ。ただ、そのオチまでをどう展開するのか、どうやって落とすのか、それまでの経緯を楽しむ映画。例えるなら犯人は初めから分かっているが、どうやって犯人を暴くのかを毎回楽しみに見ていたテレビドラマ「刑事コロンボ」を楽しむような映画(ん〜、例えが古過ぎるな)。

主演のマット・デイモンとクリスチャン・ベール。私も好きなこの2人の俳優が同じスクリーンにいる時点でテンションがあがる。しかも、本作はカー・デザイナー(マット・デイモン)とレーサー(クリスチャン・ベール)との職種は違えど打倒フェラーリを掲げ、熱く燃える男2人が同じゴールを目指すある意味「バディ映画」だ。熱量も2倍。面白くならない理由が見つからない。

「フォード vs フェラーリ」のパンフレットより。2人の熱いドラマが繰り広げられるが、やはり実話に基づくので都合の良い話ではない。

「フォードvsフェラーリ」を観終わって

「ぁあ”ーー!ビーブの野郎!ムカつく!」ということだけ言わせてもらう。言わば“会社あるある”である。ストーリーは当然オチが決まっているものの、その創作したであろうドラマ部分のストーリーや展開は普通に楽しめる。そしてやはり音が凄まじい。本物のエンジン音なのでドルビーアトモスの音にもリアリティがある。車好きの人にとったら、このエキゾースト・サウンド(エンジン音)を聴くためだけにこの映画はあるようなモノかもしれない。「家キネマ。」では確実に近所迷惑になるどころか町会会議の議題に上ってしまう。これは無理。自宅にフォードやフェラーリを押し込んでエンジンをフル回転させるようなものだ。耳栓がいる。この大迫力のエキゾースト・サウンドも劇場ならでは。「ライオンキング」の時は、高音がキンキンしていたが少しまろやかになっただろうか。あまり耳にはキツくなくなっている。調整したのか、スピーカーのエイジングがさらに進んだのか、それともその間に私が年老いて耳が遠くなったのか。

ただ、音量が異常にデカイ、全編通して爆音。本物に近いエキゾースト・サウンドを聴かせるためか、迫力があると言っても耳栓ができない鑑賞者に向けては流石にそれは音量がデカ過ぎると感じるほど。館内はかなりデッドな環境になっているが、あれだけの音量を出せば確実に残響音が出る。結果的に残響音でせっかくのドルビーアトモスの音像が若干ボヤけてしまっている。もう少し落としても良いでのはないだろうか。マット・デイモン演じる“キャロル・シェルビー”がガムを噛んでいる口内の咀嚼音までマイクが拾っている。これが極めて小さい音だがセリフを言いながらも合間に聴こえるのだ。この音と、エンジン音のボリュームレンジが広すぎて、あの音量になってしまうのだろうか。もしそうなら、個人的にはいくらマット・デイモンとはいえオッサンが噛むガムの咀嚼音は聴こえなくてもいいから、もう少し音量を抑えてもらいたい。

「フォード vs フェラーリ」のパンフレットより。私は車にそれほど詳しくはないが、モータースポーツは好きなので、かなり楽しめた。この頃の車は単純にカッコイイ。

自宅からも近いし、残っているU-NEXTポイントを使って格安(ポイントがそのままチケット金額に変わる)で気軽に行けるし、いいシアターだ。





 


コメント

    • もみじ
    • 2020年 1月 27日

    レビューありがとうございます。自宅から近いほうのバルト9でやってないという理由だけで見に行くのをためらっております(笑
    歌舞伎町まで足を延ばせばいいだけなのですが・・・
    たしかに、バルト9もめちゃ音がいいのですが爆音過ぎるな・・・と思う時も多々あり、そういう意味ではセリフ音も含め自宅の方が
    好みのセッティングで聴けますね。クリスチャンベール役柄上また体を絞ったのでしょうか?かなりほっそりしてますね。
    これは今のところUHDの発売が最も楽しみな作品です。字幕なしであれば既に北米版UHD(アトモス)が出ているのですがさすがに・・・
    買ったら雨戸全部閉めて我が家で爆音上映いたします!
    ところで早くイエスタディの国内UHD(アトモス)出ないかなー。6.5k撮影4kマスターのようで映像もめちゃ期待しちゃいます。

      • ウチキネマー@管理人
      • 2020年 1月 28日

      もみじさん
      こんばんは。

      ドルビーシネマの「フォードvsフェラーリ」は爆音過ぎますよ。
      広い空間とはいえ、密閉空間であれだけの大音量を出すのはどうかと思うほどです。
      アトモスによる響きなのかただの爆音による残響音なのか初め分かりませんでしたが、画面が野外のシーンだったので、どう考えても響くわけがなく、直ぐに残響音だと分かりました。
      UHDが発売されたら自宅のアトモス環境でも確認します。

      クリスチャン・ベール、元々細身ですが明らかに身体を絞ってますね。
      肌もドーランなのか色黒で余計に細く見えます。
      マット・デイモン演じる“シェルビー”と車の軽量化を話すシーンがありますが、レーサー役のクリスチャン・ベールが無駄な贅肉を付けていたら鑑賞者らが全員一斉に立ち上がって「まずオマエが痩せんか〜い」とツっこみが入りそうです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. その他

    リビングシアター,プロジェクター
  2. 映画

    ファーストマン,ホームシアター,プロジェクター
  3. 映画

    移動都市/モータルエンジン,映画ホームシアター,プロジェクター
  4. 映画

    フォードvsフェラーリ,Ford v Ferrari,映画,ドルビーシネマ
  5. その他

    ホームシアター,プロジェクター,映画

アーカイブ




PAGE TOP

その他

「家キネマ。」のリビング・ホームシアター、アップグレード後全容。

リビングシアター,プロジェクター

映画

ファーストマン(原題:First Man)

ファーストマン,ホームシアター,プロジェクター

映画

移動都市/モータル・エンジン(原題:Mortal Engines)

移動都市/モータルエンジン,映画ホームシアター,プロジェクター

映画

ドルビーシネマ鑑賞「フォードvsフェラーリ(原題:Ford v Ferrari)…

フォードvsフェラーリ,Ford v Ferrari,映画,ドルビーシネマ

その他

映画館の危機か?動画配信の台頭とSNSの呪縛

ホームシアター,プロジェクター,映画

映画

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(原題:Spider-Man : Far …

スパイダーマン;ファア・フロム・ホーム,ホームシアター,映画,プロジェクター

映画

IMAXレーザー/GTテクノロジー 3D鑑賞「スター・ウォーズ/スカイウォーカー…

IMAX,STAR WARS,映画

その他

大阪の御堂筋線 梅田駅構内は「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け

その他

ViewSonic X10-4K 2400ルーメンのLED 4K UHD DLP…

ViewSonic X10-4K,プロジェクター,ホームシアター

お知らせ

師走です。「家キネマ。」更新一時停滞のお知らせ。

ホームシアター,プロジェクター,映画
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。