Apple TV,Fire TV,音の差,Spectrogram

Apple TV 4KとAmazon Fire TVの音の差

配信動画視聴用としてAmazonのFire TVを使用していた私が、Apple TV 4K を購入して最初に音を聴いた際、私は比較して咄嗟に「音が良い」と感じたのでそのままこのブログで書いた。

そもそも高級ケーブルなどによる音の違いをあまり信用していない私が、同じ配信会社から同じデジタル信号で配信されている音に、なぜ私はファーストインプレッションでApple TV 4Kの方が良い音と感じたのか。Apple TVの方が高価なので、ただのプラシーボ効果ではないのか。本当にそうなのか。など、あの時の感覚が気になっていたので少し調べてみようと思い、非常に簡易ではあるがデータを取ってみることにした。

Apple TV 4KとFire TVで音は違うのか?

現在、我が家でのApple TVはスプリッター経由でA/Vアンプに接続され、Fire TVはA/Vアンプにダイレクトに接続されている。普通に考えれば、わざわざ他の機器を経由してA/Vアンプに入力されるより、ダイレクトにA/Vアンプに接続されているFire TVの方が音信号的には有利と思えるのだが、今回はデバイスの違いだけによる実際の音のデータを取るため、まずは同じ接続にする必要がある。なのでApple TV 4KもA/Vアンプにダイレクトに接続するように一時的に変更してデータを取ってみた。

iPadに音を直接入力して解析ツールで音を分析

iPadにインストールしている簡易の音声解析ツールを使い、各デバイスから同じ音楽信号を流して比較してみる。マイクを使った空気録音では環境音が混ざり公平に比較出来ないのでアンプのヘッドホン端子にステレオプラグケーブルを差してモノラル変換後iPadのイヤホン(マイク)ジャックに接続し、解析ツールに音声信号を直接入力する形をとった。ステレオプラグから簡易の変換コードを通してモノラルにしているので、おそらく実際の音声入力は片チャンネルになっているが、左右いずれのチャンネルであっても各デバイスから入力される音声信号ソースは同じなので比較には問題なしと判断した。

スペクトログラムで「音」を可視化してみる

ただのグラフや数値を音響のプロではない私が見ても、多分よく分からないので音声信号を可視化し、一目で視覚的に分かり易くするためサウンドスペクトログラムでグラフを表示。今回、比較するデータはSpotifyからの音楽データで、A/Vアンプのボリュームは普段音楽を聴く音量「-35dB」にした。

今回、データを取るために使った曲はダイアナ・クラール(Diana Lrall)のライブアルバム「Live in Paris」からの1曲目「I Love Being Here With You」。会場の拍手の音から始まり、リズムカウントを取った後にピアノ・ドラム・ベースがドンと同時にスタートする曲。その拍手とリズムカウント後の出だしから約10秒間程の音を比較データとして取り出した。

(※画像クリックでAmazonの商品ページに移動)

Apple TV 4KとFire TVのスペクトログラムによる違い

グラフはY軸(タテ方向)が出力周波数、X軸(ヨコ方向)が時間で、色が画面右側の凡例表示にあるように音の強度を表している。単純に言えばグラフで赤く濃くなればなるほど音が大きいということだ。

それぞれのデバイスで同じ音楽を流し、同じ時間軸(スタートから10秒程度)で切り取ったのが下のグラフ。

Apple TV,Fire TV,音の差,Spectrogram

Apple TV 4Kでアンプのボリュームが-35.0dB時のスペクトログラム。高音域も24kHz以上余裕で出ているのが分かる(実際にはほぼ聴こえないが感じる事ができる人は感じる音)。


Apple TV,Fire TV,音の差,Spectrogram

Fire TV でアンプのボリュームが-35.0dB時のスペクトログラム。出力が小さくて実際に高音域もほぼ出ていないので聴くことも感じることもできない。

これだけ見ると同じボリュームにもかかわらず明らかにApple TV 4Kの方が「-12dBFS以上」を示す赤い色が多く出ているので、Fire TVよりも出力が高いことが分かる。単純に「音の大きさ=音圧」ではないので表現が微妙になってしまうが、概ねApple TV 4Kの音圧は一定数、Fire TVより高いとも取れそうだ。同じボリュームで聴いた場合は元から出力レベルが高いApple TV 4Kの方が、結果的に聴こえる周波数帯域が広く感じて良い音に聞こえるようにも思う。それが分かるのが同じボリュームでFire TVと比較した時、Apple TV 4Kの方が周波数を表すY軸のグラフが高音まで伸び、時間を表すX軸でもそれぞれの帯域の音が良く出ているのが分かる。単純な言い方をすると、Fire TVのグラフの方がスカスカに見えてしまう。

音が大きいと良いように聞こえる?

音がある程度大きいと、これまで小さくて聴こえにくかった周波数帯域の音も聴こえる様になってくる。人間はうるさいと感じない程度に音圧が高いと「良い音」に感じるのはその要因があるかも知れない。もしかすると、私も最初にApple TV 4Kで音を聴いたときに“良い音”と感じたのはこれが原因なのではと思った。

よく低音域と高音域を高めた特性を、低音がドンと鳴り、高音がシャリシャリ鳴っていることから「ドンシャリ」と表現するが、あれも普段はあまり聞こえない音がよく耳に届き帯域幅が広がったように感じるので、「ドンシャリ」を好む人が一定数いるのも同じような要因だと思う。

音の違いはデバイスからの出力レベルだけの差?

そこで、こんどは音のボリュームをそれぞれ調整して同レベルの音量にしてグラフを取ってみた。ただし、テストトーンを流して音量計で計測して合わせたわけではないので厳密ではないが、聴覚的に同じ音のボリュームレベルにして比較した。さらにはデータを取る際の録音ボタンが手動なのでそれぞれに若干のタイムラグがあることはご容赦願いたい。そういう理由から時間軸に関しては一致していないがグラフの起伏を見ればそれぞれの音のタイミングは分かると思う。

Apple TV,Fire TV,音の差,Spectrogram

Apple TV 4Kでアンプのボリュームが-40.0dB時のスペクトログラム


Apple TV,Fire TV,音の差,Spectrogram

Fire TVでアンプのボリュームが-25.5dB時のスペクトログラム

個別に見ても詳細は分かりにくいかも知れないが、結果的にグラフの見た目はほぼ同等な感じになった。Fire TVの場合はボリュームをある程度まで上げないといけないが(その差約14.5dB!)、音は概ねApple TV 4Kと同じような聞こえ方になる。ただ、ピアノの高音を聞いたときに高音の伸びがApple TVより伸びがないというのか、高音域が頭打ちになっている感じがするのは気のせいか。低音は十分出ており全く問題ないレベルで、目を閉じるとほぼ違いが分からない。

詳細レベルでの違いはあるかもしれないが、これで音の違いが分かるのかは微妙

では本当に同じなのかもう少し細かく見てみよう。こんどはスペクトログラムではなく、同じ時間軸の音の波形を見てみる。同じ時間軸部分の音の波形を切り出して比較したのが下のグラフ。

Apple TV,Fire TV,音の差,Spectrogram

Apple TV 4Kから入力された音の波形の部分拡大


Apple TV,Fire TV,音の差,Spectrogram

Fire TVから入力された音の波形の部分拡大

音声入力時のタイミングで時間軸の数字にズレはあるが、音の出だしからは同じ時間軸で部分的に切り取っているのでこの瞬間に入力された音は同じ音。Apple TV 4KとFire TVではボリュームに若干違いがあるくらいで、なんとなく見るとほぼ違いがないようにもみえる。もしボリューム共にキッチリと波形を重ね合わせることができれば、もっと正確に違いが分かるかもしれないが、その違いを音で実際に聴いてみて分かるのかと言われると先ほど述べた高音域の伸びがないように感じる程度で、それ以外に私はハッキリ言って自信がない。

音を可視化すると結構面白い

結果として音質に関してはほぼ違いが無いと言ってもいいかもしれない。ただ本体からの出力レベルは明らかに全然違う。ただ、これも私が使用している1世代前の4Kに対応したFire TVなので、現行のFire TV StickやFire TV CUBEならどうなのかは分からない。

今回、簡易ではあるが実験的にグラフを取ってみて、色々と面白い発見があった。こうして音を可視化して見ると良く解る。そして私が最初に感じたのは、恥ずかしながら多分プラシーボ効果だったことが発覚。比較対象で高音の伸びが…とは言ったものの、Fire TVだけ聴いていたら多分そこは気にならないレベル。

映画で4K UHDとBlu-rayやDolby系とDTS系なども比較するとまた新たな発見もあり面白いかも知れないが、音楽のようにステレオ再生ではないのでヘッドホンジャックから音を取り出しても、サラウンド成分や低音成分などの出力バランスも加味しなければならないため、今回のように単純比較でジャッジするのは早計な気がする。

 


Apple TV 4KならNetflixのドルビーアトモス配信動画にも対応! Apple TV配信映画はディスクメディアに負けず劣らずのクオリティでサウンドと映像が楽しめる。スクロールも早く、イントールする様々なアプリもサクサク動きストレスなしで楽しめる。


Apple TV 4K

商品詳細を見る ▶

Fire TV CUBEはFire TVシリーズで現在唯一、Netflixのドルビーアトモスにも対応したデバイス。アレクサへの呼びかけで音声操作もでき、ヘキサコア搭載で処理能力も向上。イーサネットアダプタも標準で付属する。新設はもちろん、既存のFire TV からのアップグレードに!

Fire TV Cube – 4K・HDR対応、
Alexa対応音声認識リモコン付属

商品詳細を見る ▶


初期投資を安く、手軽に配信動画を観るならやはりAmazonのFire TV Stickがおすすめ! 自宅にWi-Fiネットワーク環境がない場合や、Stickで安定した動画配信を楽しみたいなら別途イーサーネットアダプタも併せて購入するほうが◎。
(注:※Fire TV CUBEにはイーサネットアダプタが付属。※Fire TV Stickを使用の場合、Netflixのドルビーアトモスには未対応)

Fire TV Stick 4K
Alexa対応音声認識リモコン付属

商品詳細を見る ▶


Amazon イーサネットアダプタ
[Fire TV Stick (New モデル)、Fire TV (New モデル) 対応]

商品詳細を見る ▶

 


コメント

    • うめ吉
    • 2020年 11月 27日

    ウチキネマーさま いつもためになる記事をありがとうございます。音を可視化するなんてビックリしました。amaとそれほど変わらなかったというのは意外でした。でもデータに出てこないところもありそうなので、わかりませんね。ほんとapple tv 4Kは音質が良いという声が多いですもんね。
    金額差ゆえのプラセボもありますかね? それにしてもなんでapple tv は高いんだ?どこに金がかかっているんだ?

    画質<音質の私にとって、そのapple tv 4kは憧れだったのですが、fire tv stick 4kにapple TVのアプリを入れればitunesで4Kというかアトモスが鑑賞できるらしく、今朝たまたまネットを見ていたらfire tv stick 4kがブラックフライデーで6,980円が4,280円で脳内でポチッという音が聞こえて、思わず指がボタンをクリックしてしまいました。超金欠なのに。

    さてさて、無事itunesでアトモスを楽しめますか、ふたを開けてみるまでわからない、ということでまたご報告いたします。

      • ウチキネマー@管理人
      • 2020年 11月 28日

      「音がいい」と私も最初はそう思ったのですよ。でもあの時の自分の耳が信用できず、気になったので測定したら「見るんじゃなかった…」という後悔とともに、あのとき真顔で「音がいい!」っと大きく言ってしまった自分が恥ず〜っと思って今回のネタにしました。「A、B、Cと3つのアンプがあります」とウソを言って、全て同じアンプでブラインドテストをやったらボリュームを1.5dB〜2dBくらいの範囲で上げるだけで、同じアンプから出る音でも違って聞こえますからね。「全部同じ」って実際の“音質”を判断して言う人、何人いるでしょう(試したい!)。仰る通り、今回の様な簡易のデータ取りでは表れない部分があるのかも知れませんよね。確かに高音域部分でちょっと違う感じがするのですよ(Fire TV<Apple TV)。でも、出力レベルをきっちり合わせことが出来たら多分私の駄耳ではどちらの音か判断できないと思います。

      Apple TVが高いのは「ブランド」でしょうかね(笑)。一般的なバッグなどと同じ革生地から出来ていてもルイ・ヴィトンやエルメスとなると途端に値が上がるのと同じかと…そう思ってやまない今日この頃です。普段からPCからスマホまでApple製品を使っているので環境的に今更抗えないというワナに自ら掛かってしまいました。Apple信者ではないのでPC環境あたりから徐々にでもWin環境にならないかと模索中です。ただ仕事がMac使用なので困りものです。

      Fire TV Stick 4Kの続報、お待ちしております!

    • もみじ
    • 2020年 11月 25日

    詳細な分析、参考になります。同じヤマハのアンプでホームシアターを組んでる友人がApple TV 4Kを買い、開口一番「ネットフリックスの音がいい!」っと言っておりましたので、同じ環境の自分としてもそれは間違いないと感じております。
    またまた関係ない話で恐縮ですが先日「Fukushima50」BDを視聴しました。原作を読んでいないのですが非常に良くできた映画だと思います。クオリティでいえば画質はパっとしませんが音質の迫力は素晴らしかったですね。評論家からの酷評もありますが、当時原発施設内で起こっていた事が詳細に描かれており、一般人から見れば非常に興味深い内容だと思います。そりゃ映画なので一部エンターテイメント的な要素があったり、所長をはじめ内部の人がヒーロー的に描かれ、本店や政府関係者が悪者扱いになってる部分は否めませんが、映画としての完成度は非常に高いと感じました。どうも失礼いたしました・・・

      • ウチキネマー@管理人
      • 2020年 11月 28日

      「Fukushima50」は配信されたら観る予定の映画です。私も原作は読んでいません。でもあの時のニュースでも報じられた本部とのやり取りや、政治家の顔は必死でも言葉の節々に他人事のような呑気さが垣間見え、腹立たしかった事は今でも覚えています。

      「あの時と言えば」…の話になってしまいますが、あの時は確か民主党政権。菅(直人)総理も大変でしたね。国民に攻められ、政治家にも攻められで。全員が誰かにこの事故の責任を負わせたいという姿勢がそれぞれで見えました。大昔にも大規模な地震があったとはいえ、現代においては未曾有の出来事でしたからね。地震にしろ、津波にしろ、地質学や自然学の専門でない私達にとって全ては想定外の出来事です。どうしようも無い出来事に直面して気持ちを誰かにぶつけないとやってられない精神状態ではあったと思いますが、「誰か」の責任ではありません。ただ、日々高い税金を払っているだけに、ここぞ国に何とかして欲しいと思うのは私達国民にとっては当然の思考ですよね。あれ以来税金を払いたくなくて仕方ありません。一体どこで使われているのやら。潤沢な報酬以外にも「文書通信交通滞在費」として毎月100万円とか自動的に政治家全員に定額のお金が入る今のシステム、何とかなりませんかね。政治家全員が一般社会と同じ領収書での申請式にすればどれだけ無駄を発覚出来るか。あれ?…すみません、話がお金の方向に走ってしまいました。

      原発事故に戻すと…起こってしまったことはどうしようも無いですから、これからこの先の未来をどうするかに集中して、他人に頼らず国民一人一人が考えて行動しなければと思います。「誰かがやるだろう」と、国民も政治家任せで、政治家も政治家で責任を負いたくないから肝心なことは国民に委ねますから(今回のコロナ感染対策がいい例です)、この状態こそ私も含め日本という器の「底」に全員が集まって文句だけを言い合い熱くなっているメルトダウン状態です。メルトスルーもカウントダウン状態ですよね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. その他

    日本コロムビア フリースタイル GP-3,レコードプレーヤー,ターンテーブル
  2. その他

    Apple TV,Fire TV,音の差,Spectrogram
  3. 映画

    スター・ウォーズ 劇場公開版DVD
  4. お知らせ

  5. その他

    3COINS,ネックスピーカー,ホームシアター

アーカイブ




PAGE TOP

その他

日本コロムビア ポータブルプレーヤー 「フリースタイル」GP-3

日本コロムビア フリースタイル GP-3,レコードプレーヤー,ターンテーブル

その他

Apple TV 4KとAmazon Fire TVの音の差

Apple TV,Fire TV,音の差,Spectrogram

映画

オリジナル版(劇場版)スター・ウォーズ入手

スター・ウォーズ 劇場公開版DVD

お知らせ

TENET(原題:TENET)のBlu-ray(アメリカ盤)リリースの発表

その他

3COINS ネックスピーカーを購入してみた

3COINS,ネックスピーカー,ホームシアター

TVドラマ

glee/グリー(原題:glee)

glee

その他

10万円定額給付金は何に使った?まだなら何に使う?

ホームシアター,プロジェクター,映画,家キネマ。

お知らせ

Googleから新Chromecast「Chromecast with Goog…

Chromecast with Google TV

映画

ピクセル(原題:PIXELS)

ピクセル,pixels,映画,ホームシアター

その他

あれ?Apple TV でAmazonプライムビデオのドルビーアトモス再生

Apple TV 4K,Amazonプライムビデオ,ドルビーアトモス
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。